無理なく続けられる「食事管理ダイエット」栄養士がLINEでサポート

無理なく続けられる「食事管理ダイエット」栄養士がLINEでサポート

「お酒もスイーツも大好き。でも痩せたい」。そんな相反する欲望を抱いている人は少なくないでしょう。管理栄養士の辻元未奈美さんも、クレープが大好き。それでも体型をキープできている秘密は、効果的な食事管理にあります。「その日に食べた食事の画像をLINEで送る」という食事管理法をアドバイスして「食事で痩せる」ダイエットをサポートしている辻元さん。我慢せず、無理なく続けられる食事管理ダイエットのコツはどこにあるのでしょうか?


辻元 未奈美さんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/candybox1126?utm_source=ttl&utm_medium=100&utm_campaign=experiences_40

管理栄養士/半年で12kg痩せた経験があります。運動は苦手なので、食事の仕方を変えただけ^^ 運動嫌い・スイーツ大好き・自炊できない、そんなあなたのライフスタイルに即した、実現可能性の高い方法をご提案します。

食生活の改善で12Kg減!「ダイエット」を実践する管理栄養士

管理栄養士の資格を活かしフリーランスで「食と健康」に関する仕事をしている辻元未奈美さん。


食品メーカーの商品企画開発やダイエットアプリの監修、料理研究家の助手などの経験を活かし、ダイエットに悩む人の食事管理をサポートしています。


自分自身も高校時代から、食事でカロリーを調整するダイエットに取り組んできた辻元さん。お昼は白米の代わりにしらたきを詰めたお弁当を持参し、夜は鶏肉や野菜のポトフをつくるなど低糖質・低脂質の食事を続け、半年で12kgほど痩せることに成功しました。


「自身の経験を参考に、運動嫌い・スイーツ大好き・自炊できないなどそれぞれのライフスタイルに即した、実現可能性の高いダイエット法を提案しています」

管理栄養士がLINEで「痩せる食生活」をアドバイス

辻元さんがタイムチケットで提供しているサービスは、LINEを使った食事管理です。 利用者は1ヵ月間、辻元さんに食事内容を送り続けるだけで、一生使える「自分専用のダイエット法」を身に付けられます。


辻元さんは15年間、最新のダイエット法を常に自分で試してきた、ダイエットオタクの管理栄養士。


「会社員時代、平日は朝6時から夜23時まで働いていたため、自炊しなくても痩せられる方法を研究しました。その結果、好物のクレープを週8回食べながらダイエットに成功することができました」

そんな辻元さんが利用者の食事内容をチェックして、プロの視点で課題を指摘。身体の状況や食の好みなどに合わせて、最適なダイエット法を提案します。


利用者は主に20~40代の男女で、お酒・スイーツが好きな人も少なくありません。


「(1)総摂取カロリーは消費カロリー未満にする (2)脂肪燃焼や筋肉合成に必要な栄養素(たんぱく質やビタミンやミネラル、食物繊維)は必要量をとる (3)お酒やスイーツは適量にとどめる。この3つのコツに留意すれば、多少お酒・スイーツを楽しんでも痩せられます」

辻元さんはこう指摘します。


「もちろん早く痩せたい場合は食べないことをおすすめしますが、我慢がストレスにつながる場合は、1日や1週間のなかで摂取してよい嗜好品の量や時間帯を決めて、その範囲内で楽しんでもらうようにご提案しています」

「我慢しない」からダイエットが無理なく続く

こうした独自のサポートによって、仕事が忙しく自炊できない人やお酒やスイーツが好きな人でも、ポジティブな思考を保って痩せられると好評です。


「毎日外食と飲酒が習慣になっていた40代男性はLINEで信頼関係を築き、飲酒による害や減量のメカニズムを伝えていったところ、行動に変化が現れました。それまで毎晩焼酎を1瓶空けていましたが、ほとんど飲酒しなくなり自炊までスタート。その結果、4ヵ月で7kgのダイエットに成功しました」


「20代の女性は食欲を抑えられないことが課題でしたが、私の過食症時代の経験を共有し、"体重を落とすことだけがすべてではない""できない時期は無理してがんばりすぎないことも重要"と伝えたところ、『気持ちが楽になった。辻元さんに相談してよかった』とポジティブになり、ダイエットによるストレスが減りました」


ほかにも食事内容を報告するというプレッシャーがうまく作用して間食を抑えられた人や、食事をコントロールする習慣が身に付いてプログラム終了後も減量を継続できた人がいるそうです。

ポジティブな気持ちでダイエットに取り組むことが大切!

「1番大切なのは、ポジティブな気持ちで楽しく取り組むことです!」


たとえば、食事は「制限」ではなく「調整」、「●●は食べてはいけない」ではなく「●●すれば食べてもよい」というように、ポジティブな表現に変換。ネガティブな言葉でダイエットを辛く感じてしまうでしょう。


「スイーツ好きな方が『痩せるためにスイーツは一切食べない』という目標を立てると、最初の3日はがんばれますが、その後大半の方が挫折してしまいます。しかし『ヨーグルトなら食べてもよい』『食後に運動するなら食べてもよい』など、自分にできる範囲のルールをつくると、そのなかで楽しみながら無理なく続けられます」


「インターネット上で情報が錯綜するなか、なにが正しいのか判断しづらい状況ですが、『一つひとつ丁寧に説明してもらえた』とおっしゃっていただけたときうれしかったです。今後も食や栄養にあまり関心のない方が興味をもつきっかけをつくっていきたいです」と展望を話してくれました。

辻元未奈美さんにダイエットの相談をするならこちら

辻元未奈美さんのプロフィールをチェック

関連する投稿


リバウンドしないダイエットの方法は?痩せやすい体づくりのポイント解説

リバウンドしないダイエットの方法は?痩せやすい体づくりのポイント解説

ダイエットをしたことがある人なら誰もが怖れる「リバウンド」。せっかく痩せたのに、あっという間に元の体重に戻ってしまった…。そんな経験がある人も少なくないのでは?リバウンドしないダイエットの方法はあるのでしょうか。今回は、リバウンドしやすい人の特徴やリバウンドのメカニズムを紐解くとともに、ダイエットのサポートをしているタイムチケットのサービスを紹介します。


「体の仕組みを知って正しい体づくりを」栄養学を学んだ理学療法士がアドバイス

「体の仕組みを知って正しい体づくりを」栄養学を学んだ理学療法士がアドバイス

「一人でも多くの人を救いたい」。そう話すのは理学療法士の上野泰志さんです。タイムチケットでダイエットや体の不調についての相談に応じている上野さんは、美腸プランナーや栄養学の知見を生かし、さまざまな体の不調に対して多角的にアドバイスをしています。病気になりにくい身体をつくるには?上野さんに聞きました。


食事管理でダイエット効果を得るには?おさえておきたいポイント

食事管理でダイエット効果を得るには?おさえておきたいポイント

ダイエットを成功させるために鍵を握るのは日々の食事。無理なく健康的にダイエットするには、どのような食事をすると良いのでしょうか。今回は、ダイエット中に食べてもいい食材と避けるべき食材や食事の順番などについて解説。ダイエット中の食事管理を指導してくれるタイムチケットのサービスを併せてご紹介します。


運動で効率よくダイエット効果を高めるには?おさえておきたいポイント

運動で効率よくダイエット効果を高めるには?おさえておきたいポイント

健康的な身体づくりやダイエットのためには適度な運動を取り入れることが大切です。しかし、なかなか効果を感じられなかったり、継続して取り組むことが出来ないという人は多いはず。運動で効率的にダイエット効果を得るにはどんなコツがあるのでしょうか。今回は、ダイエット効果を高めるポイントと室内外で手軽にできる運動を解説するとともに、タイムチケットでダイエットの相談に応じるトレーナーを紹介します。


食事管理で健康的にダイエット!「食べて痩せる」方法を栄養士が解説

食事管理で健康的にダイエット!「食べて痩せる」方法を栄養士が解説

厳しい食事制限や、極端に食べる量を減らすダイエットは、リバウンドしやすいだけでなく健康に悪影響を及ぼします。「痩せたい。でも食べたい」。そんな人に、栄養士のYumika Hiraiさんが、食事管理で健康的に痩せるダイエットの方法をわかりやすく解説します。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。