自分の得意なことを「副業」に! タイムチケットのエキスパートが明かす秘訣とは?

自分の得意なことを「副業」に! タイムチケットのエキスパートが明かす秘訣とは?

「自分のやりたいこと、好きなことを副業にしたい」。そんなふうに思ったことはありませんか? 個人の時間やスキルを売り買いできる「タイムチケット」には、自分の得意なことを「副業」にして新たなやりがいを見つけた人がたくさんあつまっています。そこで1年半にわたりコミュニティマネージャーを務めた大底春菜さんに、タイムチケットを始めるコツを聞きました。


大底春菜 さん

https://www.timeticket.jp/hosts/harunaosoko?utm_source=ttl&utm_medium=115&utm_campaign=experiences_7

2019年までタイムチケットのコミュニティマネージャーとしてジョイン。長崎県長崎市出身。広島大学卒業。経歴:ジャパネットたかた→タイムチケット→フリーランス(現在)。自身のタイムチケット販売枚数400枚以上、購入枚数100枚以上。世の中の「もの」「ひと」「こと」を繋ぐ「コミュニティスポット」を目指す。

タイムチケットを「中」から知り尽くしたエキスパート

現在、フリーランスの立場で複数のコミュニティ運営に携わっている大底春菜さんは、2019年まで「タイムチケット」のコミュニティマネージャーを務めました。自身も「ホスト(チケット販売者)」としてサービスを提供しながら、多くのホストたちと交流を図り、コミュニティの強化に尽力してきた「タイムチケットのエキスパート」です。


「趣味は人に会うこと。人と話すことがとにかく大好きです」


そう語る大底さんは、世の中の「もの」「ひと」「こと」を繋ぐ「歩くコミュニティスポット」になることを目指しています。


大学卒業後、テレビショッピングの販売構成を考える仕事を経験した大底さんは、「もの」を売るためには、魅力的な「切り口」が必要であることに気付きました。家電から日用品まで、あらゆるものを販売していくうちに、「もの」ではなく「サービス」を売ってみたいという気持ちが芽生え、個人の時間やスキルを売買するというタイムチケットの仕組みに興味を持ったのだそう。


「私は『売り手目線』だけでなく『買い手目線』も持ち併せているので、売れる切り口を見つけることが得意なのです!」


そう明言する大底さん。タイムチケットでの自身のチケット販売枚数は400枚以上、購入枚数も100枚以上に上ります。

タイムチケットは「自分が知りたい情報を持っている人」に1クリックで会える

知りたい情報があるけれど、「周囲に聞いても解決しない」「本にもネットにも情報が載っていない」。そんな場合は、どうすればよいでしょうか?


「そんなときこそ、タイムチケットで検索してみてはいかがでしょうか」と大底さんは提案します。


タイムチケットのチケット紹介ページには、「何の分野の専門家(ホスト)が、どのような情報を提供しているか」が明確に記載されています。検索の結果、自分の「知りたい情報」を提供している専門家を見つけられれば、1クリックで簡単にサービスを依頼することができます。


タイムチケットを熟知している大底さんは、さらにこう続けます。


「知りたい情報を得る手段として、セミナーへの参加も考えられるでしょう。しかし、大人数向けのセミナーでは、講師に直接質問するのはなかなか難しいかもしれません。その点、タイムチケットであれば『1対1のサービス』が基本なので、知りたい情報を気軽に聞くことができます。これもタイムチケットの魅力の一つですね」


また、タイムチケットの「メリット」について、大底さんは次のように考えています。


■チケットを販売する「ホスト」側のメリット

「自分の特技やスキルを販売できるところがいいですね。自分ではそこまで価値があると思っていなかったスキルでも、悩みを抱えている人から見れば『価値のあるもの』かもしれません。自分の得意なことで人の役に立てるのであれば、やりがいも大きいでしょう」


■チケットを購入する「ゲスト」側のメリット

「自分の知りたいことを人に直接教えてもらえるところがメリットだと思います。本やネットで検索して、活字で情報を得るよりも、人から情報を教えてもらうことが好きな人にはおすすめです」


タイムチケットを利用することにより、「従来よりも専門家と直接繋がるスピードが早くなり、その結果、問題解決までのスピードや精度が上がったように感じる」と語る大底さん。自分の悩みをできるだけ早く解決したい人最短コースで解決法にたどり着けるのも、タイムチケットの魅力といえるでしょう。

「人との対話」で「強み」を客観的に評価

いまやタイムチケットでの販売枚数は400枚を超える大底さんですが、どのようにチケット販売を始めたのでしょうか。当初のエピソードを話してくれました。


「最初に発行したチケットは、『家電製品の買い物同伴します!』という内容にしました。テレビショッピングの経験が生かせると考えたのですが、不発でした」


ところが、「チケットを発行しました!」とSNSでシェアしたところ、「タイムチケットの使い方を教えてほしい」「タイムチケットで売れるスキルがあるかわからない」などのたくさんのコメントが寄せられたのだそう。


「自分が思っている自分の強みと、他人が思う自分の強みは違う、と認識した瞬間でした」


その気づきをもとに「あなたの得意なことチケットにします」を発行。大底さんが相談者の強みをうまく引き出して、チケット販売のヒントを与えてくれるという内容です。

このチケットは「タイムチケットを利用する第一歩に最適」と人気になり、現在までに320枚も購入されています。


これからチケットを発行してみようと考えている初心者に向けて、「自分のスキルや強みをチケットにするために必要なこと」を大底さんに聞きました。


「まずは『人との対話』をおすすめしています。友人や知人に『私の強みは、どんなところだと思う?』と直接聞いてみると良いでしょう。そうすると、意外な答えが返ってくるときがあると思います」


その答えこそが、自分が伸ばしていくべき「強み」であることも多いのだそう。「自分のことは案外、自分ではわからないものなので、客観的な評価が必要になる」と大底さんは語ります。

「働き方の多様性」を広げてさまざまな価値観に出会ってほしい

大底さんはタイムチケットで販売を始めるにあたり、まずは他の人のチケットを購入し、「どのようにしたら売れるのか?」「どのようなサービスを提供しているのか?」など、多方面から参考にしてみたのだそう。通算100枚以上のチケットを購入し、さまざまなホストとやりとりをしてきた大底さんに、具体的なチェックポイントを聞きました。


(1)チケット購入までのメッセージのやりとりのスムーズさや丁寧さ

(2)当日、面会したときのサービス内容の説明や質疑応答への丁寧さ

(3)サービス提供終了後の自分自身の感情や満足度


「(1)と(2)の参考になる点は、自分がチケットを提供する際にもどんどん取り入れていきましょう!」


さらに、こう続けます。


「(3)については、ゲストとしての自分の率直な気持ちを大切にしてほしいと思います。良くも悪くも、なぜそのような気持ちになったのかを冷静に分析してみましょう。そうすることで、自分がチケットを提供する側になったときに『これはやりたい!』『これはやめておこう』と思える要素を見つけられます」


分析作業には骨が折れるかもしれませんが、このような小さなことの積み重ねが「質の高いチケットを生み出していくコツである」と大底さんは力説します。


「タイムチケットのホストの中には、気軽に『副業』からスタートして、チケットを販売しながら自分のスキルをどんどん極めていき、最終的に『本業』にしてしまった、という人もたくさんいます。少しでも気になるチケットがあれば、そのサービスをどんどん試してみるのがおすすめです!」


副業に挑戦したいと考えている人は、手始めに他の人のサービスから学んでみるのが成功への早道かもしれません。

大底春菜さんに副業の相談をするならこちら

大底春菜さんのプロフィールをチェック

関連するキーワード


副業 スキル

関連する投稿


バックエンドエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルをわかりやすく解説

バックエンドエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルをわかりやすく解説

WebアプリやWebサービスで、ユーザーからは見えない「裏側」を支える縁の下の力持ち「バックエンドエンジニア」。Web開発におけるバックエンドエンジニアの役割とは、どんなものでしょうか。また、バックエンドエンジニアになるには、どんなスキルが必要なのでしょうか。ビジネスチャットサービスのバックエンドエンジニアとして働く安達勇太さんがわかりやすく解説します。


副業の確定申告はいくらから必要?税理士がわかりやすく解説

副業の確定申告はいくらから必要?税理士がわかりやすく解説

働き方改革や昨今のコロナ禍の影響で、本業とは別に副業やギグワークで収入を得ている人も少なくありません。たとえ副業やギグワークでも、収入の金額によっては税務署への確定申告が必要です。では、いくら稼ぐと確定申告が必要になるのでしょうか。確定申告をするときに準備しておくこととは?副業で確定申告する際の方法について、税理士のまーこ☆さんがわかりやすく解説します。


「副業」と「複業」はどう違う? 複業のメリットや始め方を「IT複業推進家」が解説

「副業」と「複業」はどう違う? 複業のメリットや始め方を「IT複業推進家」が解説

「副収入を得たい」「スキルアップしたい」といった理由から、副業をする人が増えています。近年では「副業」という従来からある言葉のほかに、「複業」「パラレルワーク」「ギグワーク」など、さまざまな新しい言葉が登場していますが、どう違うのでしょうか。また、こういった新しい働き方を始めるにはどうしたらいいのでしょうか。社会保険労務士で「IT複業推進家」でもある泉隆一さんに話を聞きました。


「笑いで世直し!」異色のリクルート出身社長が語る「副業のススメ」

「笑いで世直し!」異色のリクルート出身社長が語る「副業のススメ」

「副業をすることは、お金を得る以上のメリットがある」。そう語るのは、大企業に勤務しながら副業で社長になったという異色の経歴を持つ「みなこ」(相川美菜子)さんです。政治やSDGsなどの社会的なテーマを「お笑い」で分かりやすく伝える「笑下村塾」を経営するみなこさん。副業をすることで得られることとは? みなこさんにお話を聴きました。


プログラミングの相談に乗ります! Web開発のプロが「初心者」にわかりやすく解説します

プログラミングの相談に乗ります! Web開発のプロが「初心者」にわかりやすく解説します

「プログラミングに関する相談ならば、なんでもOKです」。そう話すのは、Web開発の現場に10年以上携わる村山雅彦さん(40)。本業のかたわらプログラミング講師として活動する村山さんのもとには、「文系だけどプログラミングをやってみたい人」や「IT業界に転職したい人」などから相談が寄せられます。その人の疑問に親身になって寄り添い、プログラミングにまつわる「モヤモヤ」を解消しています。


最新の投稿


DXとは? デジタルトランスフォーメーションの現状と課題をわかりやすく解説

DXとは? デジタルトランスフォーメーションの現状と課題をわかりやすく解説

近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉を目にすることが多くなりました。DXとは何か。DXを実現するにはどんな取り組みをすればいいのか。フリーランスエンジニアとしてクライアント企業のDX支援に取り組む松坂匠記さんに話を聞きました。


Pythonとは?いま大人気のプログラミング言語をわかりやすく解説

Pythonとは?いま大人気のプログラミング言語をわかりやすく解説

機械学習やデータ分析といった分野で活用されることが多いプログラミング言語、Python。調査会社が行う人気プログラミング言語ランキングでは近年、常に上位にランクインしている注目の言語です。Pythonとは、どんな言語なのでしょうか。なぜ人気を集めているのでしょうか。フリーランスのデータサイエンティストとして活動するRさんが、Pythonについてわかりやすく解説します。


いま注目の「マインドフルネス」とは?メリットや実践方法をわかりやすく解説

いま注目の「マインドフルネス」とは?メリットや実践方法をわかりやすく解説

仕事や家事といった日々のタスクに追われたり、インターネットから得られる膨大な情報に翻弄されたり。現代社会に生きる私たちは日々、さまざまなストレスにさらされています。そんななか、「マインドフルネス」に注目が集まっています。マインドフルネスは、ストレスを軽減し、心を整える効果があるとされるからです。そもそも、マインドフルネスとはどういうものなのか、どのように実践するのか。心理カウンセラーの成澤けいさんに詳しく聞きました。


英会話が楽しくなる!英語のスピーキング力がアップする勉強法

英会話が楽しくなる!英語のスピーキング力がアップする勉強法

英語の4つの技能の中でも、日本人はスピーキングが特に苦手だと言われています。「英語を読む・書く・聞くはできるけど、話すのが苦手」「英会話で言いたいことが話せない」。英語のスピーキング力を高めるには、どうしたらいいのでしょうか。英語講師の「ゆうちゃん」が、英語のスピーキング力をアップさせる勉強法を解説します。


英語がスラスラ読めるようになる!英語のリーディング力がアップする勉強法を解説

英語がスラスラ読めるようになる!英語のリーディング力がアップする勉強法を解説

「海外の映画俳優やミュージシャンのSNSをフォローしてみたけれど、英語で何が書かれているかわからない」。こんな経験はありませんか?英語のリーディング力を高めれば、海外のWebサイトやSNSが読めるようになります。英語講師の「ゆうちゃん」に、英語のリーディング力を高めるための勉強法を解説してもらいました。