あなたにオススメの古本おくります!本のプロが選んだ「2020年に読むべき5冊」とは?

あなたにオススメの古本おくります!本のプロが選んだ「2020年に読むべき5冊」とは?

出版不況と言われるようになって久しいですが、それでも毎年、7万点もの本が出版されています。しかもアマゾンなどのネット書店では過去に出版された本も簡単に買えますから、読書が好きな人たちは、膨大な本の中から「自分が読むべき1冊」を選ばなければいけません。それは案外むずかしいことで、「ときには誰かが代わりに選んでくれたらいいのに」と思っている人もいるかもしれません。そんな人にぴったりなサービスがあります。「本のプロ」が古今東西の本の中から「あなたにオススメの古本10冊」を選んで送ってくれるというコンシェルジュサービスです。


舩橋 利帆子 さんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/bbbooks?utm_source=ttl&utm_medium=117&utm_campaign=experiences_33

記者・編集者として働いていました! 大学生時代は集団・個別塾講師、結婚式場の音響、映像制作、カメラマンのアシスタントなど様々なアルバイトを経験してきました。 Photoshop、Illustrator、Premiereなどの実務経験を生かしてなにかお手伝いができればと考えています。

ファラデーの「ロウソクの科学」が教えてくれた読書の面白さ

相談者の話を聞いて、その人にあったオススメの古本を送るユニークなサービスを提供しているのは、舩橋利帆子さん。本との出会いを提供するウェブメディア「ホンシェルジュ」の運営に携わりながら、タイムチケットで本のコンシェルジュサービスをおこなっています。


「自分は飽きっぽい性格」と語る舩橋さん。それでも、ずっと続いてきた趣味が「読書」でした。


小さなころから本を読むことが大好きだったという舩橋さんですが、特に印象に残っているのは、イギリスの有名な科学者であるマイケル・ファラデーが書いた『ロウソクの科学』の中の一節です。


「金や銀はピ カピカしてきれいだし、ルビーやダイヤモンドなどの宝石の輝きは、それにも増して輝いてます。でもそのどれも、炎の輝きと美しさと張り合えるもんじゃあありません。炎みたいに輝けるダイヤがありますか? 夜にダイヤが輝くのは、それに光を投げかける炎あってのことです」


このファラデーの言葉を読んで、「授業で勉強する理科よりよほど面白いし、説得力がある」と感じた舩橋さん。それ以来、読書の面白さに目覚め、授業中も先生の目を盗んで本を読むようになったそうです。


そんな舩橋さんが「本に関わる仕事がしたい」と考えるようになったのは、当然のなりゆきでした。


大学卒業後、地域情報誌の記者や住宅メディアの編集者などを経験したのち、現在の「本との出会いを提供するウェブメディア」の仕事に就いたのです。

ネタバレを避けるために注意していること

本業で「本との出会い」を演出している舩橋さんですが、「もっと直接的に本好きの人のサポートをしてみたい」と考えるようになります。


そこで始めたのが、「あなたにオススメの古本を送ります」というサービス。タイムチケットを通じて「本選び」を依頼してきた人と1時間お話をして、その人の好みや傾向を把握したうえで、オススメの古本を10冊選んで送り届けるのです。


相談者との会話では、「それまでの人生について、どうやって学んできたか」というような、読書と直接関係がない質問も口にします。


「なぜそういう質問をするのかと言えば、その人が、これから何を知りたいのか、どんなものに出会いたいのかの根っこの部分だと思っているからです」(舩橋さん)


では、相談者と話をするときに注意していることは?


そうたずねると、「その場でオススメの本を口にしないことですね」という答えが返ってきました。


「そこで伝えてしまうと、お送りする本のネタバレになってしまうので、言いたくても我慢しているんですよね(笑)」

「ワクワクしながら受け取る宅配便って久しぶり」

舩橋さんに本選びを相談する人は、大きく2つのタイプに分けられます。


1つは「読書が好きだけれど、自分で本を選んでいると偏ってしまうので、舩橋さんに相談したい」という<もともと本が好き>というタイプ。


もう1つは「あまり本を読む習慣がないので、おすすめを教えてほしい」という<これから本を好きになろう>としているタイプです。


どちらのタイプでも舩橋さんは快く応じ、その人にオススメしたい本を楽しみながら考えています。


相談者にはいろいろな人がいますが、本の話を通して、自分で意識していなかった悩みに気づく人もいます。


「もちろん、送った本に価値を感じていただくことも嬉しいのですが、『話せて良かった』と言っていただけると、本のコンシェルジュサービスをやっているかいがあったなと思いますね」


そんな舩橋さんのもとには、これまでの利用者から喜びの声が寄せられています。


「ワクワクしながら受け取る宅配便って久しぶり」


「ずっと探していたけど、タイトルも筆者も思い出せなくて見つけられなかった本が入っていた」

本のコンシェルジュが選んだ「2020年に読みたい5冊」

本を通じて人と出会う。舩橋さんにとって、いまや本は「知識や情報を得る媒体」というだけの存在ではなくなっています。


「本は1ページ1ページに多くの情報が集約された、人類共通の知のツールです。人生で体験しきれないことがコンパクトにまとまっているのですがから、本を読まないなんて、もったいなさすぎます」


そう読書の魅力を力説する舩橋さん。「これから本をもっと読んでいきたい」と考えている人にアドバイスを送るとしたら、なんでしょうか?


「小さいころに読んだ記憶がある絵本を改めて読んでみてください。そうすると、当時と印象が違うことに気づかされると思います。すると今度は、他の本でも同じような体験がしたくなるのではないでしょうか」


最後に、舩橋さんに「今年読んでおくのがオススメ」という本を5冊選んでもらい、選定理由をコメントしてもらいました。


(1)『雑誌記者』(池島信平)


人に進められて読んだのですが、とても刺激的な内容でした。昨年復刊したそうなので、改めて(舩橋さん)


(2)『世界は「ゆらぎ」でできている 宇宙、素粒子、人体の本質』(吉田たかよし)


科学のような、哲学のような、世界を見つめられる本です(舩橋さん)


(3)『大人の女はどう働くか? ―絶対に知っておくべき考え方、ふるまい方、装い方』(ロイス・P・フランケル)


チェックリストみたいになっていて、押し付けがましくないので、ビジネス書が苦手な人にもおすすめです(舩橋さん)


(4)『バイナリ畑でつかまえて』(山田胡瓜)


ITと人の繋がりをテーマにした短編漫画集。コミュニケーションの変化をやんわり捉えたい人におすすめです(舩橋さん)


(5)『BODY 世にも美しい人体図鑑』


免疫など体の仕組みに注目が集まる今、人体のつくりから学んでみるのも良いのでは? インフォグラフィックが本当に秀逸で、デザインの勉強にもなります(舩橋さん)


これらのリストを見るだけでも、読書欲が刺激されます。


でも、それでは物足りない。自分だけに向けられたオススメ本を知りたい。そう思った人は、舩橋さんに相談してみると良いかもしれません。

舩橋利帆子さんにオススメの本を紹介してもらうならこちら

舩橋利帆子さんのプロフィールをチェック

関連するキーワード


読書 おすすめ

関連する投稿


キャンピングカー、買うならどれがおすすめ? 選び方のポイントを解説

キャンピングカー、買うならどれがおすすめ? 選び方のポイントを解説

近年、キャンピングカーを買う人が増えています。日本RV協会の調査によると、2019年の国内保有台数は約11万台。12年前に比べ倍増しています。アウトドア好きな人にとっての憧れ、キャンピングカー。「どんな種類があるんだろう」「自分が買うならおすすめはどれ?」。購入を検討している人の悩みに、キャンピングカー通の岡田亜希子さんが答えます。


キャリアに迷ったら読んでみよう!キャリアコンサルタントが薦める12冊

キャリアに迷ったら読んでみよう!キャリアコンサルタントが薦める12冊

「自分のキャリアにモヤモヤとした不安を抱えている」「特別なスキルがない自分に何ができるかわからない」。そんな悩みがある人は、本を読んでキャリアのヒントを得るのも一案です。「タイムチケット」で活躍するキャリアコンサルタントやキャリアコーチがおすすめする、キャリアに迷ったときに読むべき本を紹介します。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。