誰でも「伝わる」絵が描ける。ビジネスパーソンのためのイラストの描き方レッスン

誰でも「伝わる」絵が描ける。ビジネスパーソンのためのイラストの描き方レッスン

誰かに何かを伝えるときは言葉を使うのが一般的ですが、そこにイラストが加わることでメッセージの伝達力が強くなります。こうしたイラストの効果は、プレゼンや伝言メモなど、ビジネスシーンにも用いることができます。「伝えたいことをイラストにしたいけど、どうしたらいいかよくわからない」。そんな人に、イラストの描き方を教えているデザイナーがいます。「絵心がない人でも、コツさえつかめばイラストが描けるようになる」と力強く語る由良万紀子さんです。


由良 万紀子 さんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/yuramaki?utm_source=ttl&utm_medium=125&utm_campaign=experiences_9

エシカルデザイナー/感性教育ファシリテーター 変化の激しい時代だからこそ、作る人/使う人 そして地球–誰もが幸せになる、調和するデザインは必ず結果につながります。全体の幸せの一致を見つめるデザインを提供しています。

企業のロゴやパッケージデザインを手がけてきたデザイナー

「誰かにメッセージを伝えたいとき、文字だけでなくイラストを添えることで、その場の空気やイメージも表現することができます。誰かとアイデアを共有したいときにも、イラストを加えると視覚から入りやすいのでおすすめです」


そう語るのは、グラフィックデザイナーとして活躍中の由良万紀子さんです。SDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の概念のもとで活動している企業のロゴやウェブサイトの制作などに携わっています。


子どもの頃からイラストを描くのが好きだった由良さん。大手自動車メーカーの取扱説明書の編集職に就いたものの、「本格的にデザインを学びたい」という思いが強くなり、日本初のデザイン専門学校である桑沢デザイン研究所でグラフィックデザインを勉強しました。卒業後は家庭用ゲームメーカーの宣伝デザイナーに転向し、ゲーム機のロゴやパッケージなど数多くの作品を手がけてきました。

それらの経験を活かし、現在はフリーランスのデザイナーとして活動しています。

絵が「苦手」な人でも描けるようになる! デザイナーがイラストレッスン

「絵を描くことが苦手な人でも、60分あれば簡単なイラストが描けるようになります!」。由良さんは、そう明言します。


描きたいものをイメージできていれば、誰でも簡単なイラストが描けるようになるのだそう。由良さんのレッスンの手順をみていきましょう。


(1)ヒアリング

「イラストを利用して、具体的に何をしたいのか?」をインタビュー。イラストをどのように仕事や生活のなかで活かしたいのかを探ります。


(2)カウンセリング

「絵を描くことについて、現段階ではどんな印象を持っているのか?」「美術が苦手かどうか?」等を聴いたうえで、イラストを描き始める前に必要な点についてアドバイスします。


(3)実践

最初は、由良さんが描いたイラストの見本をなぞるスタイルから始め、実際にイラストやキャラクターを描いていきます。


(4)振り返り

レッスン終了後、「どんなタッチの絵が描きやすかったか?」「自分は何を表現したいのか?」という受講者自身の気持ちを振り返ります。


60分間のレッスン中は「ほとんど描きっぱなしの状態」なのだそう。由良さんは「受講者が自然に描いたタッチをどれだけ引き出せるか」に重点を置いて指導しています。見本の丸写しではなく、その後も自分自身で描き続けることができるように、その人に合った描き方を伸ばしていきます。


「絵は何度も描くことで上達します。大切なのは『自分が感じたことをビビッドにつかんで表現する』ことです。自分自身が感じていないことは描けません」


由良さんのレッスンでは、付け焼き刃の技術ではなく、自分が表現したい気持ちや強い思いを表現する力を習得することができます。

プレゼン資料やメモにイラストを添えて、仕事をスムーズに

由良さんのもとには、営業マン、コピーライター、読書家など、さまざまな職種の人からレッスンの依頼が舞い込みます。特に、「仕事をスムーズに進めるためにイラストを利用したい」という依頼が多いのだそう。


「ビジネスシーンであれば、プレゼンテーションの資料にイラストを添えると効果的です」


文字だけの文書より、イラスト入りの資料のほうがたくさんの情報を入れることができます。また、「何を伝えたいのかがひと目でわかる」というメリットもあります。


非言語コミュニケーションの重要性を説いた「メラビアンの法則」によると、普段のコミュニケーションは「言語:聴覚:視覚=1:4:5」の割合で成り立っているのだそう。この「5割」を占める視覚部分を上手に利用することで、自分のメッセージを相手に伝えやすくなる、と由良さんは考えています。


「たとえば、同じ『太陽』という言葉でも、人によって受け取るイメージは異なります。晴れた日のギラギラした太陽だったり、夕方の紫がかっている太陽だったり、自分の価値観に沿ったイメージで言葉が解釈されます。しかし、イラストがあれば、その解釈の相違を埋めることができるのです」


由良さんのレッスンを受けた利用者からは、「実際に手を動かしながら教わったので、イラストを仕事で活用するための実践的なヒントを得ることができた」という声が寄せられています。

「伝わる」イラストを描くために

「誰でも」簡単なイラストが描けるようになる、とはいうものの、いわゆる「絵心」がまったくないような人でも、本当に描けるようになるのでしょうか? 


「描けます!」由良さんはそう力強く答えます。


イラストの基本は「丸、三角、四角」といったパーツの組み合わせなのだそう。たとえば、鳥の「ハト」を描く場合には、「丸形と三角形と楕円形を組み合わせる」というように、絵を描くのが苦手な人には、絵をパーツに崩すところからアドバイスしていきます。


「パーツを組み合わせるだけで、イラストは簡単に出来上がります。本来はどんな絵も『自分のために』描くものである、という点を理解し、気軽にイラストにチャレンジしてほしいですね」(由良さん)


最後に、「伝わる」イラストを描くためにもっとも大切なことについて、 由良さんはこうアドバイスします。


「自分が強く想っているものであれば、イラストの上手下手にかかわらず、その気持ちは伝わるはずです。手書きのイラストからは、書き手の想いが伝わります。自分が伝えたいメッセージをしっかり持つことが大切です」


イラストの描き方のコツを教わることで、言葉以外の新しい「コミュニケーションツール」を身に付けることができます。プレゼンテーションや人材育成の場面など、「言葉だけでは相手に伝えるのが難しい」ビジネスシーンでも、イラストのスキルを活かすチャンスは多くあるでしょう。


「絵を描くのは苦手だから…」と敬遠してきた人も、由良さんに一度相談してみてはいかがでしょうか。

由良 万紀子さんにイラストの描き方を相談するならこちら

由良 万紀子さんのプロフィールをチェック

関連する投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


大人のピアノ入門!現役ピアノ講師が初心者から上級者まで大人の個人レッスン

大人のピアノ入門!現役ピアノ講師が初心者から上級者まで大人の個人レッスン

「ピアノを好きになってくれると嬉しいです」。そう話すのは音楽教室でピアノ講師をしているあかりさんです。子供の習い事として往年の人気を誇るピアノですが、最近では大人になって初めてピアノを始めようという人も増えています。今回はタイムチケットで個人レッスンを提供するあかりさんに、大人がピアノを始める上でのポイントを教えてもらいました。


オンライン英会話の選び方が知りたい!初心者でも失敗しないポイント5つ

オンライン英会話の選び方が知りたい!初心者でも失敗しないポイント5つ

オンライン英会話は、通常の通学する英会話教室に比べて低価格でいつでもどこでもマンツーマンのレッスンが受けられる便利なサービスです。料金や学べる教材、講師の質がそれぞれ異なるため目的に合ったサービスを選びましょう。今回は英会話の初心者でも失敗しないオンライン英会話のポイントを解説。おすすめのオンライン英会話サービスと、タイムチケットで英会話のレッスンをしている講師を併せて紹介します。


世界中がフィールド!自由に駆け回る「パルクール」とは?国際指導認定者が教えます

世界中がフィールド!自由に駆け回る「パルクール」とは?国際指導認定者が教えます

「パルクールは、身近な場所でできる『どこでもアスレチック運動』です」。そう話すのは、日本のパルクール指導の第一人者で国際指導資格の認定者である佐藤惇さんです。走る、跳ぶ、登るといった移動に重点を置くパルクールは、年齢や性別によらず誰もが実践できる生涯スポーツ。多くの人にその魅力を伝えたいと活動している佐藤さんは、タイムチケットでも指導を行っています。


誰でも簡単にできるマジック!「おしゃべりバーテンダー」がオンラインで教えます

誰でも簡単にできるマジック!「おしゃべりバーテンダー」がオンラインで教えます

見る人をあっと驚かせ、楽しい気持ちにしてくれるマジック。そんなマジックを、オンラインで習ってみませんか?「おしゃべりマジック」で観客を沸かせる出張マジシャンが、誰でも簡単にできるマジックをオンラインで教えます。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。