オンラインでセミナーを開催するには?Zoom初心者にわかりやすく解説

オンラインでセミナーを開催するには?Zoom初心者にわかりやすく解説

新型コロナウイルスの影響で「集う」ことが難しくなっている昨今。自宅から参加できるオンラインでのセミナーが広がっています。オンラインでのイベントは新型コロナの感染リスクを減らすだけでなく、全国から集客できるというメリットがあります。この機会に、オンラインでイベントを主催してみてはいかがでしょうか。数々のオンライン研修を開催してきたキャリアコンサルタントが、Zoomを使ったオンラインイベントについてわかりやすく解説します。


湯本 理絵 さんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/rieymt?utm_source=ttl&utm_medium=127&utm_campaign=experiences_47

キャリアや働き方に関するコンサルティングやオンライン会議やリアル&オンラインのハイブリッドイベント、研修にてオンラインファシリテーターやテクニカルサポートも得意とする。 手帳と対話が大好きな、人と組織のハーモナイザー。

Zoomサポートのエキスパート

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として長く続いた外出自粛生活。会いたい人に気軽に会えない状況に、ストレスを感じた人も多かったのではないでしょうか。


「オンラインツールを使えば、日本中、さらには世界中の人たちと繋がることができます。繋がる楽しさを肌で感じられますよ」


そう語るのは、フリーランスでキャリアコンサルタントとして活動している湯本理絵さんです。セミナー講師や大学の非常勤講師も務める湯本さんは、オンラインで行われる会議や研修のファシリテーター(進行役)としても活躍。会議中にインターネット接続に問題が生じた場合などのテクニカルサポートも得意としています。


「キャリアコンサルタントなのに、なぜZoomイベントのサポートをしているのかと疑問に思う方がいらっしゃるかもしれません。それは、キャリアコンサルタントとして『コミュニケーションが何より大事だと思っているから』です」


以前から仕事でオンラインツールを利用する機会が多かった湯本さんは、「対面によるコミュニケーションが難しくなったコロナ禍においても、皆が社会とのつながりを維持できるように、オンラインツールを利用するための心理的ハードルを下げたい」と考え、Zoom初心者のサポートを始めました。


今でこそ「Zoom」も世の中に浸透してきましたが、湯本さんは3年以上前から、Zoomによる50名規模のオンライン研修やイベントのテクニカルサポートに携わってきたのだそう。いわば「Zoomサポートのエキスパート」である湯本さんは、初心者にとって心強い味方です。

Zoomの基本操作から丁寧にレクチャー

新型コロナウイルスの影響により、社内外のイベントのオンライン化を余儀なくされた担当者も少なくないでしょう。Zoomでイベントを開催するにあたり、何から始めればいいかわからない、基本操作もわからない…。「そんな手も足も出ない状態でも心配ありません!」湯本さんは、Zoomでイベントを主催するために必要な基本操作から丁寧にレクチャーします。


イベントの内容がある程度イメージできている場合には、運営に関する相談に乗ったり、イベントを進行する上で意識したほうが良い点についてアドバイスしたり、オンラインツールの技術面以外の相談にも乗っています。たとえば、オンラインセミナーを開催する際の具体的な注意点について、湯本さんはこう説明します。


「オンラインセミナーでは講師と参加者が直接対面していないため、講師の一方的な長い話が続くと参加者に飽きられてしまいます。2時間のセミナーであれば、15分~20分刻みで、参加者に発言してもらう時間をとるなど、参加者の気持ちを緩める工夫が必要です」


また、湯本さんはZoomの「ホスト(主催者)代行サービス」も提供しています。


「オンラインセミナーなどのイベントを行う際、講師がWebまわりの心配をせずにプログラムの内容に集中できるよう、私がZoomのテクニカル部分をサポートします」


湯本さんは、ブレイクアウトルーム(グループ分け)を作成したり、ディスカッションの時間を設けたり、イベントがスムーズに進むようにサポートしていきます。これらは、Zoomの「ホスト」にしか利用できない機能です。湯本さんがホストを代行することで、講師はWeb上の操作をする必要がなくなり、実際に対面型のセミナーを行っているような感覚で講演に集中することができるのです。

Zoomを利用するメリットとは?

テレワークの推奨で、一気に知名度を上げたWeb会議サービス「Zoom」ですが、ほかのオンラインツールと比較して、どのような点が優れているのでしょうか? 「今までさまざまなオンラインツールを試してきた」という湯本さんに聞きました。


Zoomの特徴


1.ブレイクアウトセッションが可能(最大50の小部屋に分割することができる)

セミナー参加者全体に対してレクチャーすることもできるし、テーマを深めるために小グループに分けて対話することもできる。


2.ホワイトボード機能がある

言葉だけでは伝えにくい事項などをホワイトボードに書き込み、視覚化することで、参加者の理解を助けることができる。


さらに、他のオンラインツールと比べて、「音声と映像がかなりクリアなのでストレスがないこと」や「URLをクリックするだけで簡単に会議に参加できる手軽さ」もZoomの魅力だといいます。


このように、Zoomの利用にはメリットが多いことは理解できたものの、「もしもイベント中にインターネット接続が途切れてしまったらどうしよう…」など、不安の種は尽きないでしょう。


「万が一、接続が途切れても、イベント自体が中断される心配はありません。ホスト代行がいれば、講師側の接続に問題が生じても、ホスト側でフォローすることが可能です」と、湯本さんは明言します。


参加者側に接続上の問題が生じた場合でも、携帯電話やメールアドレスなど、Zoom以外の連絡手段を確保してサポートにあたるといいます。「今までたくさんの問題解決にあたった経験からトラブルシューティングに強いと自負しているので、私にお任せください」(湯本さん)

「まずはZoomを使ってみよう!」

Zoom初心者の不安要素を取り除くため、イベントを開催する際のホスト側の心構えについて湯本さんに聞きました。


Q.どのような環境を準備すればよいですか?

A.ホスト(話者)の背景は、何もない壁面などシンプルなほうがいいですね。そのほうが、参加者の気が散ることなく話の内容に集中してもらえます。そのような場所を準備できない場合には、後ろにある家具などに布をかけて隠すだけでも十分効果的です。


Q.特別な機材は必要ですか?

A.明るい部屋であれば照明も不要ですし、「これがなければダメ」というものは特にありません。ただし、事前の通信環境確認は絶対に必要です。そのときに必要だと思えば、照明やヘッドセットなどを用意すればよいでしょう。


Q.「オンラインならでは」の工夫点はありますか?

A.画面の向こうの参加者にもわかりやすいように、ホスト側はリアクションを大きくするよう心掛けたほうがいいでしょう。また、参加者の表情や反応を随時チェックするようにし、困惑しているようであれば、個別にチャット画面で問いかけることもあります。


初めてZoomでイベントを開催しようと思っている人に対して、湯本さんはこうアドバイスします。


「まったくの初心者に対して、Zoomのアプリを入れるところからサポートしたこともありますが、皆さん、口をそろえて『私にもできそう!』とおっしゃいます。Zoomは誰でも使える簡単なアプリなので、まずは気軽に使ってみましょう!」


湯本さんのもとには「実家の両親とZoomをつないでもいいかも」「主婦仲間とZoomでお茶会をしたい」という声も届いているのだそう。ビジネスシーンだけでなく、さまざまな場面で利用できるのがZoomの特徴です。


今後ますます増えるであろうオンラインイベント。「Zoomを使って自分も開催してみたい」と考えている人は、湯本さんにサポートをお願いしてみてはいかがでしょうか? きっと満足のいくイベントが開催できるはずです。

湯本理絵さんにオンラインイベントの相談をするならこちら

湯本理絵さんのプロフィールをチェック

関連するキーワード


zoom オンライン セミナー

関連する投稿


誰でも簡単にできるマジック!「おしゃべりバーテンダー」がオンラインで教えます

誰でも簡単にできるマジック!「おしゃべりバーテンダー」がオンラインで教えます

見る人をあっと驚かせ、楽しい気持ちにしてくれるマジック。そんなマジックを、オンラインで習ってみませんか?「おしゃべりマジック」で観客を沸かせる出張マジシャンが、誰でも簡単にできるマジックをオンラインで教えます。


個人に依頼してコスト削減!動画やイラスト制作を気軽に頼めるクリエイターたち

個人に依頼してコスト削減!動画やイラスト制作を気軽に頼めるクリエイターたち

「企業のPRのためカッコイイ動画を作ってほしい」「ウェブサイトで使うイラストや似顔絵を描いてほしい」。そうした専門的な技術を必要とするコンテンツ制作は、広告代理店やデザイン会社に頼むと思いがけなく高額になることも少なくありません。タイムチケットなら、写真の出張撮影をしてくれるプロカメラマンや似顔絵の描けるイラストレーター、動画の編集をしてくれる個人のクリエイターに気軽に頼むことができます。タイムチケットに2020年3月~5月に公開された新着チケットの中から、クリエイティブな才能を生かしたサービスを提供している専門家を紹介します。


プロのクリエイターに学ぼう!動画の作り方やイラストの描き方【初心者OK】

プロのクリエイターに学ぼう!動画の作り方やイラストの描き方【初心者OK】

在宅で副業を始めませんか? 動画の編集や写真の撮影、イラストの作成など、クラウドソーシングで受注できる副業はいろいろとあります。スキルを身につけるのも在宅で可能です。カメラの撮り方や画像編集、動画制作などを丁寧に教えてくれるプロのクリエイターが集まるタイムチケットで、なんでも相談してみましょう。タイムチケットに2020年3月~5月に公開された新着チケットの中から、初心者に向けてレッスンをしてくれる専門家を紹介します。


自宅で運動不足を解消!オンラインで受けられるパーソナルトレーニング

自宅で運動不足を解消!オンラインで受けられるパーソナルトレーニング

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、運動不足でストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。体育大学を卒業後、パーソナルトレーナーとして活動する石堂裕美さん(30)は、オンラインを通じて自宅でできるトレーニングと食事法を提案しています。安い料金でできるパーソナルトレーニングを探している人も、安心して購入できる価格設定です。


自宅で気軽にレッスン♪料理や楽器の指導をしてくれる専門家を紹介

自宅で気軽にレッスン♪料理や楽器の指導をしてくれる専門家を紹介

在宅時間を活用して、料理や楽器のレッスンを始めてみませんか? 個人のスキルをシェアするサービス「タイムチケット」には、コーヒーのプロフェッショナルから日本舞踊やバイオリニストまで幅広いジャンルの専門家が集まっていて、さまざまなレッスンをオンラインで提供しています。タイムチケットに2020年2月~5月に公開された新着チケットの中から、オンラインでレッスンをしている素敵な専門家を紹介します。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。