UXとは何か? UXデザイナーが語る「ユーザーエクスペリエンスの極意」

UXとは何か? UXデザイナーが語る「ユーザーエクスペリエンスの極意」

最近よく目にするようになった「UX(ユーザーエクペリエンス)」という言葉。UXとはいったい何なのか? UIとはどう違うのか? UXが優れたデザインとはどういうものなのか? 外資系IT企業のプロダクトマネージャー兼UXデザイナーとして、多数のUXデザインに携わってきた坂田一倫さんが「UXの極意」を語ります。


坂田 一倫さん

https://www.timeticket.jp/hosts/kazumichi.sakata?utm_source=ttl&utm_medium=147&utm_campaign=experiences_3

サンフランシスコに本社を構える外資系企業のプロダクトマネージャー兼UXデザイナーです。これまでに toB/toC、国内/海外、エンタープライズ/スタートアップを問わず 80以上のプロダクトやサービスの改善、新規事業の立ち上げを約10年以上担当してきました。ウェブサービスの UI/UX にお悩みの方のお役に立てれば幸いです!

UXとは? UIとどう違うのか?

「UXとUIの違いは、物事を『点』で捉えるか、『線』で捉えるかです」


そう語るのは、外資系IT企業でプロダクトマネージャー兼UXデザイナーを務める坂田一倫さんです。


「UI(ユーザーインターフェイス)は『点』であり、その点が連続して1つの『線』になり、UX(ユーザーエクスペリエンス)が構築されていくのです」


たとえば、「父の日にプレゼントを贈る」というユーザーの一連の行動から「UXとUIの違い」を説明してみましょう。


(1)父の日にプレゼントを贈りたい【目的】

 ↓

(2)ECサイトを開いて父の日プレゼント特集を選択する【UI(ユーザーとサービスの接点)】

 ↓

(3)プレゼントを選択する【UI(ユーザーとサービスの接点)】

 ↓

(4)購入する【UI(ユーザーとサービスの接点)】

 ↓

(5)発送依頼して父に届く【ゴール】


ユーザーが目的を定めてからゴールに至るまでの(1)から(5)までの一連の行動「UX(ユーザーエクスペリエンス)」といいます。ユーザーエクスペリエンスとは、ユーザーがサービスを通じて得られる「体験」のことです。UXの向上は、ユーザーの満足度を高めることに繋がります


一方、Webサービスを作る側が、いくら「UI(たとえば(2)Webサイトの充実)」に注力したとしても、ユーザーのゴールを見誤って設計してしまうと、例えば、父の日に特化していることが伝わらないなど、早い段階でユーザーの関心が失われてしまい、(3)までたどり着いてもらえません。


「ユーザーが必要としているサービスの価値をいかに明確に届けるか」。その点にUXの戦略があると坂田さんは考えています。

UXの優れたデザインとはどういうものか?

「優れたUX」について、次のケースから考えてみましょう。


Q. 客が「壁に穴を開けるもの」を探しに店にやってきました。店員は「ネジ」の性能の良さについて懸命に説明しますが、客は一向に買うそぶりを見せません。これはなぜでしょうか?


A. なぜならば、客のゴールは「ネジを買うこと」ではなく、「壁に穴を開けること」だからです。つまり、壁に穴を開けられるものであれば、ネジでなくても良く、ドライバー、電動ドリル、のこぎり…などでも構わないのです。


ゴールを達成するための手段を探しに来店した客に対し、この場合の「優れたUX」とは、一方的に「ネジを勧めること」ではなく、「ゴール達成のための選択肢を与えること」なのです。


「優れたUXとは、ユーザーの『ゴールの達成』に向けて、的確にサポートできるサービスである」。坂田さんはそう考えます。

UXを意識したサービスやプロダクトの設計のポイントとは?

「理想のUXとは、ユーザーがストレスを感じることなく、モノを利用できたり、体験できたりする状態です」


坂田さんが開発に携わったJR東日本のアプリ『GO! by Train』の例を挙げてみましょう。


このアプリは必要な機能が厳選され、シンプルなデザインでユーザーが扱いやすい仕様になっています。運行情報をリアルタイムで配信するサービスも行っているのですが、「電車が何分遅れているか」だけでなく、「なぜ遅れているのか」という遅延の原因も表示しています。「この点が重要である」と坂田さんは力を込めます。


「遅延の原因が人身事故の場合には、さほど時間がかからず通常運行に戻るかもしれません。しかし、車両点検の場合には点検作業に時間がかかり、さらに遅延時間が延長されるかもしれないのです。その情報こそが、ユーザーのゴールである「A地点からB地点まで問題なく移動したい」を達成するための判断材料として必要になるのです」


つまり、遅延の原因を表示することで、「目的地にたどり着く」というゴールの達成に向けて、「次の電車をホームで待つ」のか、「別のルートを使う」のかをユーザーがスムーズに判断できるようになるのです。


このような優れたUXを設計するために重要なポイントについて、坂田さんはこうアドバイスします。


「『こうすればユーザーは喜ぶだろう』という、自分の思い込みでUXを考えるのは非常に危険です。どうすればユーザーのニーズを満たせるのか? 徹底的にユーザーにインタビューすることに尽きます。


また、ユーザーのニーズをつかむために、自分自身がさまざまなユーザー体験を積み、共感力を育むことも重要です」

坂田さんとUXの関わり

いまや「UXのスペシャリスト」として活躍中の坂田さんですが、大学ではインタラクションデザインを研究し、卒業後はユーザーとの接点を担う「UI」を作るデザイナーとして楽天でキャリアをスタートさせました。


キャリアを積んでいくうちに、「ミクロな観点ではなくマクロな観点でモノづくりがしたい」という気持ちが芽生え、関心のレイヤーがサービス全体(UX)に移ってきました。


その後は、BtoB/BtoC、国内/海外、エンタープライズ/スタートアップを問わず、80以上のプロダクトやサービスの改善や、新規事業の立ち上げに10年以上携わり、現在は外資系IT企業のプロダクトマネージャー兼UXデザイナーとして、クライアントのビジネスやプロダクトゴールの達成を支援しています。


「通常のモノ作りでは『考える→作る→評価する』という手順を踏みますが、UXを設計する場合には、『何を成し遂げたいのか?』『そのためには何が必要か?』から逆算して考えてみることをお勧めします」


「UXについて知りたい」と思っている人は、UXに関する知見が深い坂田さんに相談してみてもいいかもしれません。UXを考えるときに何から始めればよいのか、そのヒントが見つかるでしょう。

坂田一倫さんにUXの相談をするならこちら

坂田一倫さんのプロフィールをチェック

関連するキーワード


UX

最新の投稿


心の知能指数「EQ」とは?認定アナリストが独自のセッションでコミュニケーションの悩みを解決

心の知能指数「EQ」とは?認定アナリストが独自のセッションでコミュニケーションの悩みを解決

組織づくりやコミュニティの醸成を支援する「コミュニティ・アクセラレーター」として活動している河原あずささんは、人材育成用に開発された診断ツール「EQPI®️(イーキューピーアイ)」の認定アナリスト。のべ350人以上の診断実績を基に、独自のセッションを提供しています。自身の活動を通して「個々が秘めている可能性を引き出したい」と語る河原さん。その思いを伺いました。


自然と引き出される会話が魅力!聞き上手でポジティブな女子と癒しのおしゃべり時間

自然と引き出される会話が魅力!聞き上手でポジティブな女子と癒しのおしゃべり時間

普段は会社員として営業支援の仕事をしている「みうさん」は、持ち前の高い共感力を生かしたフリートークのサービスをタイムチケットで提供しています。過去には「人生のどん底だった」といえる時期も経験し、たくさん傷ついたことで人の痛みに寄り添えるようになったと語るみうさん。つらい過去すらも高くジャンプする前の助走に変えたというポジティブマインドで、悩みを抱える人の声に親身に耳を傾けます。


「笑顔の瞬間をのがしません」会話を通してその人らしさを引き出すOLフォトグラファー

「笑顔の瞬間をのがしません」会話を通してその人らしさを引き出すOLフォトグラファー

「人と話すことが大好きなんです」。そう話すManaさんはタイムチケットでオンラインカウンセリングや、その人らしい笑顔を引き出す写真撮影のサービスを提供しています。5つ星ホテルのウエディングプランナーやITエンジニア、人事担当など、異色の経歴を持つManaさん。何事にも前向きにチャレンジするManaさんの魅力を紹介します。


「自分らしい生き方を見つけませんか?」人生の荒波を乗り越えた四柱推命占い師

「自分らしい生き方を見つけませんか?」人生の荒波を乗り越えた四柱推命占い師

「四柱推命を活用して人生のバイオリズムを知ることで、賢くより良い生き方をして欲しい」。そう話す瀧口二楓さんは、四柱推命と出合い、人生が生きやすくなったと感じています。自分の運勢の流れを知っておけば、大変なときには頑張り過ぎずに済み、有意義に時間を使うことができると言う瀧口さん。チケットの販売を通じて、多くの人に人生の荒波を乗りこなしてもらいたいと思っています。


「経営視点でバックオフィスの課題を解決」MBAホルダーのプロ人事

「経営視点でバックオフィスの課題を解決」MBAホルダーのプロ人事

IT系ベンチャー企業で人事を担当しているHitomi Kanayaさんは、タイムチケットで人事業務全般のサポートを提供しています。労務管理から採用、教育のほか、経理や財務などバックオフィス業務の幅広い知識と経験を持つKanayaさん。これまでさまざまな企業の課題解決をサポートしてきたKanayaさんが見ている、人事の世界について伺いました。