英語の文法の勉強法を知りたいあなたへ!ベテラン予備校講師が教える3つのポイント

英語の文法の勉強法を知りたいあなたへ!ベテラン予備校講師が教える3つのポイント

英語を「読む・聴く・書く・話す」能力を高めるために、基礎となる文法の勉強は欠かせません。しかし、英語の文法をどうやって学習すれば良いのか、英文法の勉強法で悩んでいる人もいるでしょう。そこで、20年にわたって予備校講師を務め、生徒の偏差値を1年で30もアップさせた英語講師が英文法の勉強のポイントを解説します。


Tsuyoshi つよしさんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/0969kato?utm_source=ttl&utm_medium=152&utm_campaign=experiences_43

担当生徒の全国マーク模試の英語偏差値が1年で30上がりました(50点→183点)。予備校で19年英語を指導しております。 大学受験に限らずTOEFL、TOEIC、英検など英語に関わるすべてについての力を上げることができる授業をやらせて頂きます。 必ず結果を出しますので宜しくお願い致します。

英語の文法の勉強はなぜ重要なのか

タイムチケット 教育 受験 家庭教師 Tsuyoshi

予備校で20年にわたって英語講師を務めてきたTsuyoshiさん。「英語の習得には『単語』『熟語』『文法』をバランスよく覚えることが大切」と前置きしたうえで、次のように指摘します。 「受験英語でも英会話でも、文法は重要です。同じ単語を使っていても、文法が異なるとまったく違うニュアンスで伝わってしまうことがあります」 例えば、「不定詞」と「動名詞」の違い。 (不定詞)I like to play soccer.

(動名詞)I like playing soccer. 両者には次のような違いがあります。 不定詞の「like to do」には「これからしたい」という未来志向のニュアンスを、動名詞の「like doing」は「既にしたことがある、ふだんしていることが好きだ」という過去志向のニュアンスを含みます。 上記をふまえると、先ほどの例文は次のように訳すことができます。 (不定詞)I like to play soccer. →「私は(これから)サッカーをしたい

(動名詞)I like playing soccer. →「私は(普段からしていて)サッカーをすることが好きだ

英語の文法の勉強のポイントその1「5文型を覚えよう」

文法を勉強する上で、基礎として覚えておきたいのが「5文型」です。 「文法には決まった型があります。基本の5文型は文の意味を理解するうえで大切なので、必ずおさえましょう」 【5文型】 1文型 SV副詞  2文型 SVC  3文型 SVO  4文型 SVO1O2  5文型 SVOC 

※ S=主語 V=動詞 O=目的語 C=補語 

例えば第1文型のSV副詞は、主に「存在」や「移動」について表す文に用いられます。

(例文)I am here.(わたしはここにいる)

 / I walk in the park.(わたしはその公園の中を歩く) 


第4文型のSVO1O2は、O1に「人」が、O2に「もの・こと」がきます。 Vには主に「give/tell/teach」など、「与える」というニュアンスの言葉が入るほか、「take/ cost」といった「奪う」ニュアンスを持つ動詞が入ります。 (例文)I will teach him English.(わたしは彼に英語を教える→英語の知識を「与える」)

また、第5文型では、Vに「think/feel/make」といった「思考・知覚・使役」のいずれかの動詞が入ることが多く、SVOCのOとCは必ず主語と述語の関係になります。 (例文)He makes me run.(彼はわたしを走らせる)

このように、文型には決まった法則があります。

「文型を学ぶ際には、自分で参考書を読むだけでなく、できれば専門家に教えてもらうといいでしょう。独学ではなかなか伸びないからです。文型を理解しているプロに教わると、参考書に書いていないことがわかって理解が深まります

英語の文法の勉強のポイントその2「1冊の問題集を徹底的にやり込む」

タイムチケット 教育 受験 家庭教師 Tsuyoshi

文法を勉強するには、「1冊の問題集を徹底的に勉強するといい」というのがTsuyoshiさんの持論です。 「これは、大学受験だけでなく、TOEICや英会話の勉強にも言えます。なぜ問題集に取り組むのがよいか。それは、問題形式になっていることで集中して取り組むことができ、問題の答えを考えることで記憶に定着しやすいからです。


特に、空欄を埋める形式の問題集がおすすめです。人は空欄を見ると、自然とそこに入る答えを考え始め、頭が働き出すからです

Tsuyoshiさんが予備校で生徒にすすめている問題集は、桐原書店の『頻出英文法・語法問題1000』。 「医学部や東大など難関校を受験する生徒にすすめていますが、英検やTOEICの勉強をする人にもおすすめです。 覚えておきたい文法はこれ1冊でほぼ網羅されています」

英語の文法の勉強のポイントその3「発音を意識しながら単語・熟語を覚える」

英文法の理解を深めるためには、単語と熟語をバランスよく覚えることも大切だと考えるTsuyoshiさん。単語と熟語を覚える際には、「正しい発音を身につける」ことを意識するのがポイントと言います。 「単語や熟語が正しい発音で頭に刻まれないと、リスニングで反応できないだけでなく、記憶にも残りづらくなります。 発音を正しく覚えていれば、英文を黙読している時に頭の中で声が出てスムーズに読み取ることができます英語の土台は発音といっても過言ではありません」 例えば、「think(考える)」と「sink(沈む)」は、カタカナで表記すれば「スィンク」となります。しかし、実際の発音は舌を挟む「th」と「s」の音を区別する必要があります。 「正しい発音が身についていないと、リスニングや会話の際に単語の意味を間違って理解してしまいます。発音はカタカナで覚えるのではなく、発音機材などを使って学ぶことをおすすめします」

英文の構造を分析すれば読解力がアップする

予備校で20年間、大学受験生たちに英語の指導をしてきたTsuyoshiさん。授業ではSVOCなどの英文の構造を分析し、読解能力を高めることに注力しているそうです。

「話せるようになるためにはアウトプットの訓練が別に必要です。一方で、構造分析をしながら、できるだけ英語の語順に従って左から右へ文を読んでいくことが、速く正確な『読み、書き、聞き、話す』ことにつながります。 (例文)It is difficult to win this race. 例文を自然な日本語になるように訳すと「このレースに勝つことは難しい」となります。これを英語の語順のまま「それは難しい このレースに勝つことは」と処理していきます。

まず左から右に日本語に訳す訓練を積み重ねれば、いずれ英語を英語のまま理解できるようになります。この方法に慣れると、リーディングでは読んだまま、リスニングでは聴こえたまま、文の意味をイメージできるようになります。

こうした指導が功を奏し、1年で偏差値が30もアップした生徒もいます。

「1日5分でもいい」英語の習得には継続が大事

タイムチケット 教育 受験 家庭教師 Tsuyoshi

Tsuyoshiさんは、英語を習得するには何よりも「継続」が大切だと考えています。 「電車の中、ホームでの待ち時間、コンビニのレジ待ちといったスキマ時間に、メモや参考書を見る習慣をつけましょう。細切れの時間をかき集めれば、1日1時間ぐらいの勉強時間が確保できます。 語学は1日何もせずにいると、3日遅れると言われています。1日5分でもいいので毎日少しずつ英語に触れてみてください「簡単な言葉でわかりやすく英語を教える」ことがモットーというTsuyoshiさん。英文法の勉強でつまずいている人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

Tsuyoshiさんの英語指導はこちら

Tsuyoshiさんのプロフィールをチェック

関連するキーワード


英語 文法 勉強法

関連する投稿


英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語を外に向けてアウトプットする方法には「スピーキング」と「ライティング」があります。このうち、「スピーキング」は英会話スクールなどで磨くことができますが、「ライティング」のスキルを身につけるにはどうしたらいいのでしょうか。「思うままに英文を書けるようになりたい」。英語講師の「ゆうちゃん」が英語ライティングの勉強法をわかりやすく伝授します。


「ビジネス英語で同僚に差をつける!」キャリアを切り拓く英語コーチング

「ビジネス英語で同僚に差をつける!」キャリアを切り拓く英語コーチング

「外資系企業への転職を目指しているけれど、英語がネックになっている」「ビジネス英語を磨きたいが、日常会話も自信がない」。そんな悩みを持つ人にオススメなのが、ひとりひとりに合ったオーダーメイドの学習法を提案してくれる「英語コーチング」です。国連児童基金(UNICEF)など海外の国際機関で働いてきた友希さんは、昇進・転職・海外駐在など、グローバルな活躍を目指す方のサポートをしています。友希さんに、キャリアをワンステージUPする「ビジネスで勝てる英語」を習得するためのコツを聞きました。


英語のリスニング力がアップ!英語講師がすすめるリスニング勉強法

英語のリスニング力がアップ!英語講師がすすめるリスニング勉強法

「映画を字幕なしで見られるようになりたい」。英語を勉強している人の中には、そんな目標を持つ人もいるでしょう。英語で会話する上でも避けては通れない「リスニング」。リスニング力を高めるには、どんな勉強法が効果的なのでしょうか。英語講師の「ゆうちゃん」さんが、英語リスニングが身につく勉強法をわかりやすく解説します。


行政書士は独学でなれるの? 行政書士試験に合格する勉強法のポイント

行政書士は独学でなれるの? 行政書士試験に合格する勉強法のポイント

行政書士は「街の法律家」とも呼ばれ、市民にとって身近な法律の専門家です。行政書士は国家資格で試験合格が必要ですが、例年4万人近くが受験する人気の資格です。もし独学で勉強するとしたら、どのような勉強法があるのでしょうか。現役の行政書士で、資格試験の勉強の家庭教師をしているMさんが解説します。


自宅で気軽にレッスン♪料理や楽器の指導をしてくれる専門家を紹介

自宅で気軽にレッスン♪料理や楽器の指導をしてくれる専門家を紹介

在宅時間を活用して、料理や楽器のレッスンを始めてみませんか? 個人のスキルをシェアするサービス「タイムチケット」には、コーヒーのプロフェッショナルから日本舞踊やバイオリニストまで幅広いジャンルの専門家が集まっていて、さまざまなレッスンをオンラインで提供しています。タイムチケットに2020年2月~5月に公開された新着チケットの中から、オンラインでレッスンをしている素敵な専門家を紹介します。


最新の投稿


心をつかむコピーライティングのコツ! 現役コピーライターがわかりやすく解説

心をつかむコピーライティングのコツ! 現役コピーライターがわかりやすく解説

商品やサービスを消費者にアピールするとき、キャッチコピーは重要な役割を果たします。どんな言葉を使えば、商品の魅力がより良く伝わるのでしょうか。どうすれば、消費者の心をつかむことができるのでしょうか。これまで年間200件もの企画立案をしてきた現役コピーライターの仲俊光さんが、人の心を動かすコピーライティングのコツをわかりやすく解説します。


英語の発音を矯正するには?「ネイティブに通じる英語」の発音のコツ

英語の発音を矯正するには?「ネイティブに通じる英語」の発音のコツ

「正しい英文法で話しているはずなのに、なぜか外国人に英語が通じない」。その原因は「発音」にあるかもしれません。ジャパニーズ・イングリッシュを卒業して、ネイティブスピーカーのように流ちょうに話せるようになるには、発音矯正が有効です。英語の発音矯正トレーニングを行っているHiroさんが、発音を矯正する方法とコツをわかりやすく解説します。


英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語を外に向けてアウトプットする方法には「スピーキング」と「ライティング」があります。このうち、「スピーキング」は英会話スクールなどで磨くことができますが、「ライティング」のスキルを身につけるにはどうしたらいいのでしょうか。「思うままに英文を書けるようになりたい」。英語講師の「ゆうちゃん」が英語ライティングの勉強法をわかりやすく伝授します。


Webマーケティングとは?Web担当者が知っておくべき基礎知識

Webマーケティングとは?Web担当者が知っておくべき基礎知識

スマートフォンやパソコンから手軽に情報を取得できるようになった昨今。インターネット上の広告は重要度が高く、多くの企業がWebマーケティングを実施しています。そもそもWebマーケティングは今までのマーケティングと何が違うのでしょうか。数多くの企業でWebマーケティングを実施してきた岡田幸夫さんが、Webマーケティングの初心者に向けて解説します。


プログラミング言語のおすすめは?種類と選び方をプログラミング講師が解説

プログラミング言語のおすすめは?種類と選び方をプログラミング講師が解説

本格的なウェブサイトやアプリを制作するには、プログラミングの技術が必要となります。プログラミング言語にはJavaやPHP、Pythonなど、さまざまな種類があります。いったい、どのプログラミング言語を勉強すればよいのでしょうか。プログラミング言語の種類と選び方について、フリーランスでプログラミング講師を務める村山雅彦さんが解説します。