キャリアに迷ったら読んでみよう!キャリアコンサルタントが薦める12冊

キャリアに迷ったら読んでみよう!キャリアコンサルタントが薦める12冊

「自分のキャリアにモヤモヤとした不安を抱えている」「特別なスキルがない自分に何ができるかわからない」。そんな悩みがある人は、本を読んでキャリアのヒントを得るのも一案です。「タイムチケット」で活躍するキャリアコンサルタントやキャリアコーチがおすすめする、キャリアに迷ったときに読むべき本を紹介します。


「本は友達」いまの自分を感じながら読む

ハローワークで職業相談員(キャリアカウンセラー)を務めるYokoさんがおすすめするのは、『まんがでわかるLIFE SHIFT』『アドラー100の言葉』『孤独のちから』の3冊です。

人生100年時代を自分らしく生きる『まんがでわかるライフシフト』

本著は、イギリスの経営思想家リンダ・グラットン氏とアンドリュー・スコット氏が著したベストセラー『ライフシフト』をまんがでわかりやすく解説した本です。「長生きはしたくない。今が楽しければいい」という女子大生の人生が、ある留学生との出会いをとおして変わっていく…。読みやすいストーリー仕立てになっています。


人生100年時代をどう生き抜くか、自分の持つ無形資産を認識し、活かし、自分らしく生きよう!という思想を説いています。

『まんがでわかるLIFE SHIFT』はそれをわかりやすくまんが化した作品。読みやすく、どの世代にも参考になると思います」

物ごとの捉え方を変える『アドラー100の言葉』

フロイトやユングと並び現代心理学の巨匠と称されるアドラー。『アドラー100の言葉』では、アドラーが残した100の言葉を解説文で紹介しています。


『重要なのは、何を与えられたかではない。与えられたものをどう使うかだ』など、アドラーの言葉には物ごとの捉え方を変える、自分の視野を見直せるものがたくさんあります」

自分が思うほどひとりぼっちは寂しくない『孤独のちから』

著書中で筆者は、「ひとり」の効果は絶大だと解いています。人と群れてばかりで、ひとりでゆっくり考え事をしていない。つき合っている人は「知人」ばかりで「本当の友だち」はひと握りだ。周囲に合わせてばかりの生活でなんだか心が満たされない。こんな人には「ひとりの時間」が必要だといいます。


「『孤独のちから』というタイトルを見るたびに、心が定まる気持ちがします。自分が思うほど、ひとりぼっちは寂しそうに見えない。一人賑やかな人生を過ごしましょう」

「本は友達」とYokoさん。 「1冊の本に出会い、新鮮なたくさんの言葉を受け取り、考える。『いまの自分』を感じながら読書と向き合ってみてください

本からは、自分が考えてもみなかった視点が得られる

ITエンジニアとして働きながら、キャリアコーチも務める岡田亜希子さんは次の3冊を選びました。

キャリア迷子になったら『やりたいことなんてなくていい』

「やりたいことがない」「今のままでいいのだろうか」といったキャリアの悩みを持つ若者に、「やりたいことなんて、なくていい。それより、目の前の仕事に、一度全力でぶつかってみよう」と答える著者。「普通」のビジネスパーソンが「心から納得できるキャリアを歩む方法」を伝授します。


自分の宿命探しで迷子になっている人をたくさんみかけます。この本では仕事の本質がわかり、やりたいことがなくても楽しくイキイキと働ける方法がわかります。

やりたいことがあることは素晴らしいことです。ですが、無くても仕事が楽しくなる方法はたくさんあります」

プレゼンの本質を理解して面接を『未来を作るプレゼン』

ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト伊藤羊一氏と、元日本マイクロソフト執行役員で株式会社圓窓代表取締役の澤円氏。「プレゼンの神」といわれる両者が、「人を動かす」プレゼンの本質について語り合います。


面接は自分についてのプレゼンテーションの場。小手先のテクニックではなく、プレゼンテーションの本質を理解することで面接が得意になります。プレゼンの神の言葉がビシバシ刺さります」

自分自身のビジネスモデルを描こう『Bussines Model YOU』

仕事の満足度を決めるといわれる「関心」「スキルと能力」「個性」。それらを整理することで、キャリアの「スイートスポット」を見つけ出しましょう。自分の今の仕事を「パーソナル・キャンバス」に整理し、それに修正を加えることで、自分の理想のキャリアを歩む手助けをします。


自分自身をモデリングすることで、今までのキャリアとこれからのキャリアで必要なことを整理することが出来ます。

定期的に客観的に自分を見つめなおすことは、キャリア形成においてとても重要なポイントです」

自らも将来に不安を抱え、転職を繰り返した時期があったという岡田さん。「『理想の働き方』に最短距離でたどり着けるように転職希望者をサポートしたい」と考えています。 キャリア迷子になってしまった人は、こんなふうに読書に向き合うといいとアドバイスします。 「自分が行き詰っているとき、考えてもみなかった視点の先にそのヒントを発見することがあります。本を読んでいる中で、自分がまったく考えもつかなかった視点があれば、整理してみるとよいでしょう。 また、読書前には自分が困っていることを整理して、読書後に困っていることに対応できそうなことがなかったか、振り返ってみてください」

それぞれのフェーズで最適な知識を取り入れる

日系の人材紹介会社や欧州系の企業を経て、現在は米国系の大手IT企業で中途採用を担当しているShionさんがおすすめするのは次の3冊です。

自分自身についての振り返りに『MBTIへのいざない』

MBTIは全世界で毎年500万人が利用している性格検査ツール/メソッド。各種企業研修、キャリア開発、大学生のキャリア教育など、人の成長を支援する分野で幅広く有益性が認められています。自身の心のパターンを知ることで自己理解が促進され、円滑なコミュニケーションや多様性の尊重につながります。


MBTIは、世界的に有名な自己分析のツールです。この本は、職場でのコミュニケーションや相手への理解、また、自分自身についての振り返りに役立ちます」

メンタリストからのアドバイス『メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉』

英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとしてメディアに多数出演。企業のビジネスアドバイザーや作家、講演家としても活動するDaiGoさんの著書。


「転職や起業など大きな転機が訪れる時には、必ずしも常に最適なポジションにいられるとは限りません。この本を読めば、一息ついてまた頑張れるようになります」

転職者や起業家におすすめ『心を上手に操作する方法』

人は、無意識のうちに、さまざまなものから影響を受けています。そのしくみを理解し、他人の心や自分の心を操る方法を手に入れることで、有意義なコミュニケーションを図ることができ、人生を意のままに進んでいくことができます。著書はドイツでマインド・リーダーとして活躍するトルステン・ハーフェナーです。


「この本には、ビジネスや面接の時に使える手法がたくさん紹介されています。人間の心理とその原理を知ることによって、物ごとの見方は大いに変わってきます。転職者や起業家におすすめです」

応募書類の書き方や面接での自己PRの方法、言葉に詰まったときの対処方法といった実践的な転職のテクニックを求職者にアドバイスしているShionさん。 現役の人事担当者の視点から、「転職活動では『コミュニケーション能力』が重要」と指摘します。 「これは外資系企業でも日系企業でも必要な能力なのですが、『相手が知りたい情報をいかにわかりやすく伝えられるか』が重要です」 読書についても、自分にとって必要な情報を必要なタイミングで取り入れていくとよいと考えています。 「人は、人生のそれぞれのフェーズで異なるマインドセットを持っています。各フェーズの自分にとって必要な知識を、読書によってその都度取り入れるのが効率的です」 

今回登場したキャリアコンサルタントについての記事を読む

関連する投稿


キャンピングカー、買うならどれがおすすめ? 選び方のポイントを解説

キャンピングカー、買うならどれがおすすめ? 選び方のポイントを解説

近年、キャンピングカーを買う人が増えています。日本RV協会の調査によると、2019年の国内保有台数は約11万台。12年前に比べ倍増しています。アウトドア好きな人にとっての憧れ、キャンピングカー。「どんな種類があるんだろう」「自分が買うならおすすめはどれ?」。購入を検討している人の悩みに、キャンピングカー通の岡田亜希子さんが答えます。


あなたにオススメの古本おくります!本のプロが選んだ「2020年に読むべき5冊」とは?

あなたにオススメの古本おくります!本のプロが選んだ「2020年に読むべき5冊」とは?

出版不況と言われるようになって久しいですが、それでも毎年、7万点もの本が出版されています。しかもアマゾンなどのネット書店では過去に出版された本も簡単に買えますから、読書が好きな人たちは、膨大な本の中から「自分が読むべき1冊」を選ばなければいけません。それは案外むずかしいことで、「ときには誰かが代わりに選んでくれたらいいのに」と思っている人もいるかもしれません。そんな人にぴったりなサービスがあります。「本のプロ」が古今東西の本の中から「あなたにオススメの古本10冊」を選んで送ってくれるというコンシェルジュサービスです。


最新の投稿


心をつかむコピーライティングのコツ! 現役コピーライターがわかりやすく解説

心をつかむコピーライティングのコツ! 現役コピーライターがわかりやすく解説

商品やサービスを消費者にアピールするとき、キャッチコピーは重要な役割を果たします。どんな言葉を使えば、商品の魅力がより良く伝わるのでしょうか。どうすれば、消費者の心をつかむことができるのでしょうか。これまで年間200件もの企画立案をしてきた現役コピーライターの仲俊光さんが、人の心を動かすコピーライティングのコツをわかりやすく解説します。


英語の発音を矯正するには?「ネイティブに通じる英語」の発音のコツ

英語の発音を矯正するには?「ネイティブに通じる英語」の発音のコツ

「正しい英文法で話しているはずなのに、なぜか外国人に英語が通じない」。その原因は「発音」にあるかもしれません。ジャパニーズ・イングリッシュを卒業して、ネイティブスピーカーのように流ちょうに話せるようになるには、発音矯正が有効です。英語の発音矯正トレーニングを行っているHiroさんが、発音を矯正する方法とコツをわかりやすく解説します。


英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語を外に向けてアウトプットする方法には「スピーキング」と「ライティング」があります。このうち、「スピーキング」は英会話スクールなどで磨くことができますが、「ライティング」のスキルを身につけるにはどうしたらいいのでしょうか。「思うままに英文を書けるようになりたい」。英語講師の「ゆうちゃん」が英語ライティングの勉強法をわかりやすく伝授します。


Webマーケティングとは?Web担当者が知っておくべき基礎知識

Webマーケティングとは?Web担当者が知っておくべき基礎知識

スマートフォンやパソコンから手軽に情報を取得できるようになった昨今。インターネット上の広告は重要度が高く、多くの企業がWebマーケティングを実施しています。そもそもWebマーケティングは今までのマーケティングと何が違うのでしょうか。数多くの企業でWebマーケティングを実施してきた岡田幸夫さんが、Webマーケティングの初心者に向けて解説します。


プログラミング言語のおすすめは?種類と選び方をプログラミング講師が解説

プログラミング言語のおすすめは?種類と選び方をプログラミング講師が解説

本格的なウェブサイトやアプリを制作するには、プログラミングの技術が必要となります。プログラミング言語にはJavaやPHP、Pythonなど、さまざまな種類があります。いったい、どのプログラミング言語を勉強すればよいのでしょうか。プログラミング言語の種類と選び方について、フリーランスでプログラミング講師を務める村山雅彦さんが解説します。