転職活動を成功に導く面接対策とは?やっておくべき3つの準備

転職活動を成功に導く面接対策とは?やっておくべき3つの準備

転職活動で避けて通れない企業の採用担当者との「面接」。履歴書や職務経歴書などの選考書類をしっかり作成するだけでなく、面接にも入念な準備が必要です。どんな事前準備が必要なのか? 面接の本番に必要な心構えとは? 現役の職業相談員であるYokoさんに解説してもらいました。


yokoさんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/minoyo?utm_source=ttl&utm_medium=180&utm_campaign=experiences_45

職業相談員(キャリアカウンセラー)をしています。本人が未だ気がついてない魅力的な面を見つけ、表現に導いていくことにやりがいを感じていました。ただいま、50代~70代の第2の人生どう楽しくやりがいある働き方ができるのかも研究中!前進出来る何かを見つけてもらえるようお手伝いいたします。

転職面接で事前に準備すべき3つのこと

「転職の場合の面接では、前職までの経歴などを詳しく聞かれるなど、自分にとってネガティブなことが聞かれることも多くあります。面接を成功させるために、事前にしっかり準備をしましょう」


そう話すのは、神奈川県横須賀市で、幅広い層の就職相談を受けているYokoさんです。


面接に向けてどんな準備をしておくとよいのでしょうか。Yokoさんが特に重要と考えるポイントは「志望動機」「基本的なマナー」「最後の質問」の3つです。

志望動機はスラスラと言えるようにしよう

「志望動機は必ず聞かれることのひとつです。なぜ志望したのか、スラスラと話せるように練習しましょう。話すことがまとまっていないと、言葉に詰まって満足にアピールできなくて不採用、ということになりかねません。自分がなぜその会社に入りたいのかをアピールできる重要な場面ですので、明確に伝えられるとよいでしょう。


おすすめなのは、言いたいことを箇条書きにして準備することです。たとえば、その会社で働きたい理由を3つに分けておきます。そして、面接時に『御社を志望した理由は3つあります』とまず先に明確に伝えて話し始めれば、話しそびれてしまうこともありません。面接担当者も、3つすべてを聞く心構えをしますから、話を聞いてもらいやすくなります」

入退室の挨拶などの基本的なマナーを守って好印象を与えよう

「面接会場に入室する際にきちんと挨拶をすることや、面接後に『本日はありがとうございました』としっかりおじぎをして退室することなどの基本的なマナーも大切です。面接で緊張して、しどろもどろになってしまったとしても、最後にしっかりと挨拶をすることでいい印象で終えることができます。


また、昨今は新型コロナウイルスの影響で、マスク着用のまま面接をすることが多いようです。口元が隠れていることで、表情が見えにくく声がこもってしまうため、はきはきと聞き取りやすい話し方を心掛けるとよいでしょう」

面接の最後に聞かれる「質問はありますか?」に対する準備をしておく

「面接の最後に、面接担当者から『何か質問はありますか?』と聞かれることが多くあります。その質問は、実は会社に対する興味を測られています。

この質問に対して『特にありません』と答えるのは、『会社に興味はありません』と答えているのと同じです。面接の最中に質問を考えるのは難しいことですので、事前に質問を準備しておきましょう」

転職の面接でありがちな失敗と対策

転職の面接では、転職理由などの答えにくい質問も聞かれます。どのように回答するとよいのでしょうか。実際に聞かれやすい質問と、対策を聞きました。



・転職回数が多いことを聞かれたら

「転職回数の多さを指摘されたとき、困り顔になって話が詰まってしまえば、話しにくいことだと気付かれてしまい、あまりいい印象を与えられません。


転職回数の多さは、複数の会社を経験したことで『どこの職場でも高い順応性を発揮できる』という利点としてアピールできる場合もあります。見方を変えれば、転職回数の多さもポジティブな印象に変えることができます」



・前職を辞めた理由を聞かれたら

「退職理由はさまざまあるでしょうが、『上司が理不尽な人だった』などと前職の会社を悪く表現するのはマイナスの印象しか与えないため、おすすめできません。面接担当者に『この人はきっと我々の会社でも同じように会社を悪く言うだろう』と印象付けることにもつながります。

前職をネガティブな理由で退職している場合でも、やはり見方を変え、前向きな理由を準備しておくことが重要です」

ネガティブなことを上手に伝えるには「見方を変える」

それでは、面接担当者に対して、ネガティブな事実を悪い印象を与えずに伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。「自分だけで考えると限界がある」とYokoさんは指摘します。


「前職をネガティブな理由で退職した場合、退職理由をどう説明すればいいのかと悩む人も少なくないでしょう。そんなときは、他人から客観的な視点のアドバイスをもらうことで、見方を変えることができます」


たとえば、Yokoさんが実際に受けた面接相談では、さまざまな職種に転職した経験があり、それがマイナスの印象を与えるのではないかと悩む女性がいました。

「話を聞いてみると、その女性は自分自身の希望で転職を繰り返していました。『いろいろな経験をしたかった』『豊かな感覚を持ちたい』という思いのもとで、さまざまな職に就いていたのです。

それは、転職経験が豊富な理由としてネガティブな印象は与えないし、むしろ「好奇心が旺盛」「感性が豊かで新しいアイデアを提供してくれるかもしれない」という、明るい印象に変えることができます。面接のときにその話をしましょうとアドバイスをしました」


このように、見方を変えることは重要です。しかし、自分ひとりで考えていても、新たな見方を見出すのは難しいもの。Yokoさんは「キャリアコンサルタントや職業安定所の相談員を活用してほしい」と話します。

転職の面接には「自己効力感」を持って挑もう

面接対策は万全でも、当日は不安がつきまとうもの。どういった心構えで挑むとよいでしょうか。Yokoさんは「自己効力感を持ってほしい」と話します。


「面接成功の秘訣は『自己効力感を持つこと』。自己効力感とは、『自分はできる・きっと達成する』というポジティブな感覚のことです。


面接に向けて、会社にアピールするための準備をしましょう。そして、『私を雇わないと損ですよ』というくらいの気持ちで挑んでほしいと思います」

Yokoさんのプロフィールをチェック

Yokoさんがタイムチケットで提供しているサービスを見る

関連するキーワード


転職 面接

関連する投稿


人事のプロが個人の専属人事として転職をサポート「自分らしく人生を決めてほしい」

人事のプロが個人の専属人事として転職をサポート「自分らしく人生を決めてほしい」

タイムチケットで個人の転職相談や企業人事の相談に応じるあすかさんは、上場企業やベンチャーなどさまざまな事業規模の会社で人事に携わってきた経験を活かし、知見を提供しています。「その人らしい転職をサポートしたい」と話すあすかさん。転職を支援する上で大切にしていることを教えていただきました。


Amazon採用面接を突破するには?元社員がマンツーマンで指導します

Amazon採用面接を突破するには?元社員がマンツーマンで指導します

世界最大のECサイトとしてお馴染みの「Amazon」は、「働きたい企業」としても人気を博していますが、独特な採用面接を実施することでも知られています。そんなAmazonに就職を希望する人に向けて採用面接の指導をしているのが、元Amazon社員のFunさんです。Funさんはタイムチケットでどのようにサービスを展開しているのか、教えていただきました。


転職活動に役立つ「自己分析」とは? ポイントをわかりやすく解説

転職活動に役立つ「自己分析」とは? ポイントをわかりやすく解説

「転職を考えているけれど、自分の強みがわからない」「自分に向いている仕事って何?」。そんな人には「自己分析」がおすすめです。これまでのキャリアを棚卸しして、転職活動をスムーズに進めましょう。転職などキャリアに関する悩みを抱える社会人に向けてキャリアデザインの支援を行っているTomo Ouchiさんが「自己分析」のポイントを解説します。


転職活動を成功させる職務経歴書とは?書き方のコツを解説

転職活動を成功させる職務経歴書とは?書き方のコツを解説

転職活動で必要となる履歴書や職務経歴書などの応募書類。いずれも重要ですが、特に職務経歴書をどのように書くかで自分をアピールできるかどうか、大きな差がつきます。採用担当者の目を引く職務経歴書の書き方とは? 書き方のコツを、現役の職業相談員であるYokoさんに解説してもらいました。


転職やキャリアの悩みは専門家に相談!キャリアコンサルタントの貴重なアドバイスを聞いてみよう

転職やキャリアの悩みは専門家に相談!キャリアコンサルタントの貴重なアドバイスを聞いてみよう

「私のキャリア、このままでいいのかな」「会社を辞めて、転職したほうがいいのかな」。そんな悩みを抱えたとき、身近な人に話すよりもキャリアの専門家に相談することで、的確なアドバイスがもらえるかもしれません。タイムチケットライフではこれまで、転職の相談に応じるキャリアコンサルタントやキャリアコーチなど、キャリアの専門家のインタビュー記事を掲載してきました。それらをまとめて紹介します。


最新の投稿


究極の自己分析「クリフトンストレングス」をどう活用する?認定コーチがサポートします

究極の自己分析「クリフトンストレングス」をどう活用する?認定コーチがサポートします

「強みを知ることで、自分らしさを感じてほしい」。そう話すのは、クリフトンストレングス(旧:ストレングスファインダー)認定コーチの廣瀬慎一朗さんです。独自の分析方法でパーソナライズされた診断結果を用いて、依頼者の課題解決に向けたセッションを実施する廣瀬さん。本来の活用方法ではない「弱み」へのアプローチで、セッションによる効果の可能性を広げています。


心理学を学んだセミナー講師が「心のモヤモヤ」を解消します

心理学を学んだセミナー講師が「心のモヤモヤ」を解消します

心理学を土台にした自己啓発セミナーのトレーナーとして活躍している近藤彩子さん。タイムチケットでは自身の経験やトレーナーとしての知見を活かして、相談者の“心のモヤモヤを解きほぐす”時間を提供しています。現代社会では、職場や学校、家族などの対人関係に悩みを抱えている人はたくさんいます。共感することを大切にしている近藤さんとのおしゃべりで、あなたの心のモヤモヤ、ほぐしませんか?


「実現したいことを叶えるポートレートを」幸せを引き寄せるフォトグラファー

「実現したいことを叶えるポートレートを」幸せを引き寄せるフォトグラファー

フリーのフォトグラファーを中心にナレーターやボイストレーナー、恋愛カウンセラーまでマルチに活躍する「Marimo」さんは、ゲストと会話をしながら友達といるような自然な姿を撮影するサービスをタイムチケットで提供しています。「写真の先にあるしあわせを願うカメラマンでありたい」と話すMarimoさんは、明るい人柄と細やかな気遣いで年間960人以上を撮影してきました。今回はそんなMarimoさんの魅力を紹介します。


「女友だち感覚でおしゃべりしませんか?」マッチングアドバイザーが恋の悩みを受け止めます

「女友だち感覚でおしゃべりしませんか?」マッチングアドバイザーが恋の悩みを受け止めます

医療系のお仕事をしながら結婚相談所のマッチングアドバイザーとして活躍する「あい」さんは、タイムチケットで女性との接し方のレクチャーや恋愛相談のサービスを提供しています。「自分に自信のない方に、その方のすてきな所をたくさんお伝えしたい」と話すあいさん。豊富な経験と知識をもとにしたアドバイスはもちろん、時間を共にすると自然と癒やされる、そんなあいさんの魅力を紹介します。


「多様性の国・カナダの魅力を伝えたい」現地に20年以上暮らす日本人

「多様性の国・カナダの魅力を伝えたい」現地に20年以上暮らす日本人

20年以上カナダで暮らしている樹(miki)さんは、タイムチケットでカナダでの生活を紹介するチケットを提供しています。かつては小学校教諭として子どもの教育環境に関わっていた樹さんにとって、一番の関心ごとは子育てや教育の環境。多民族国家・カナダならではの多様性を認める文化とは。