転職活動を成功に導く面接対策とは?やっておくべき3つの準備

転職活動を成功に導く面接対策とは?やっておくべき3つの準備

転職活動で避けて通れない企業の採用担当者との「面接」。履歴書や職務経歴書などの選考書類をしっかり作成するだけでなく、面接にも入念な準備が必要です。どんな事前準備が必要なのか? 面接の本番に必要な心構えとは? 現役の職業相談員であるYokoさんに解説してもらいました。


yokoさんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/minoyo?utm_source=ttl&utm_medium=180&utm_campaign=experiences_45

職業相談員(キャリアカウンセラー)をしています。本人が未だ気がついてない魅力的な面を見つけ、表現に導いていくことにやりがいを感じていました。ただいま、50代~70代の第2の人生どう楽しくやりがいある働き方ができるのかも研究中!前進出来る何かを見つけてもらえるようお手伝いいたします。

転職面接で事前に準備すべき3つのこと

「転職の場合の面接では、前職までの経歴などを詳しく聞かれるなど、自分にとってネガティブなことが聞かれることも多くあります。面接を成功させるために、事前にしっかり準備をしましょう」


そう話すのは、神奈川県横須賀市で、幅広い層の就職相談を受けているYokoさんです。


面接に向けてどんな準備をしておくとよいのでしょうか。Yokoさんが特に重要と考えるポイントは「志望動機」「基本的なマナー」「最後の質問」の3つです。

志望動機はスラスラと言えるようにしよう

「志望動機は必ず聞かれることのひとつです。なぜ志望したのか、スラスラと話せるように練習しましょう。話すことがまとまっていないと、言葉に詰まって満足にアピールできなくて不採用、ということになりかねません。自分がなぜその会社に入りたいのかをアピールできる重要な場面ですので、明確に伝えられるとよいでしょう。


おすすめなのは、言いたいことを箇条書きにして準備することです。たとえば、その会社で働きたい理由を3つに分けておきます。そして、面接時に『御社を志望した理由は3つあります』とまず先に明確に伝えて話し始めれば、話しそびれてしまうこともありません。面接担当者も、3つすべてを聞く心構えをしますから、話を聞いてもらいやすくなります」

入退室の挨拶などの基本的なマナーを守って好印象を与えよう

「面接会場に入室する際にきちんと挨拶をすることや、面接後に『本日はありがとうございました』としっかりおじぎをして退室することなどの基本的なマナーも大切です。面接で緊張して、しどろもどろになってしまったとしても、最後にしっかりと挨拶をすることでいい印象で終えることができます。


また、昨今は新型コロナウイルスの影響で、マスク着用のまま面接をすることが多いようです。口元が隠れていることで、表情が見えにくく声がこもってしまうため、はきはきと聞き取りやすい話し方を心掛けるとよいでしょう」

面接の最後に聞かれる「質問はありますか?」に対する準備をしておく

「面接の最後に、面接担当者から『何か質問はありますか?』と聞かれることが多くあります。その質問は、実は会社に対する興味を測られています。

この質問に対して『特にありません』と答えるのは、『会社に興味はありません』と答えているのと同じです。面接の最中に質問を考えるのは難しいことですので、事前に質問を準備しておきましょう」

転職の面接でありがちな失敗と対策

転職の面接では、転職理由などの答えにくい質問も聞かれます。どのように回答するとよいのでしょうか。実際に聞かれやすい質問と、対策を聞きました。



・転職回数が多いことを聞かれたら

「転職回数の多さを指摘されたとき、困り顔になって話が詰まってしまえば、話しにくいことだと気付かれてしまい、あまりいい印象を与えられません。


転職回数の多さは、複数の会社を経験したことで『どこの職場でも高い順応性を発揮できる』という利点としてアピールできる場合もあります。見方を変えれば、転職回数の多さもポジティブな印象に変えることができます」



・前職を辞めた理由を聞かれたら

「退職理由はさまざまあるでしょうが、『上司が理不尽な人だった』などと前職の会社を悪く表現するのはマイナスの印象しか与えないため、おすすめできません。面接担当者に『この人はきっと我々の会社でも同じように会社を悪く言うだろう』と印象付けることにもつながります。

前職をネガティブな理由で退職している場合でも、やはり見方を変え、前向きな理由を準備しておくことが重要です」

ネガティブなことを上手に伝えるには「見方を変える」

それでは、面接担当者に対して、ネガティブな事実を悪い印象を与えずに伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。「自分だけで考えると限界がある」とYokoさんは指摘します。


「前職をネガティブな理由で退職した場合、退職理由をどう説明すればいいのかと悩む人も少なくないでしょう。そんなときは、他人から客観的な視点のアドバイスをもらうことで、見方を変えることができます」


たとえば、Yokoさんが実際に受けた面接相談では、さまざまな職種に転職した経験があり、それがマイナスの印象を与えるのではないかと悩む女性がいました。

「話を聞いてみると、その女性は自分自身の希望で転職を繰り返していました。『いろいろな経験をしたかった』『豊かな感覚を持ちたい』という思いのもとで、さまざまな職に就いていたのです。

それは、転職経験が豊富な理由としてネガティブな印象は与えないし、むしろ「好奇心が旺盛」「感性が豊かで新しいアイデアを提供してくれるかもしれない」という、明るい印象に変えることができます。面接のときにその話をしましょうとアドバイスをしました」


このように、見方を変えることは重要です。しかし、自分ひとりで考えていても、新たな見方を見出すのは難しいもの。Yokoさんは「キャリアコンサルタントや職業安定所の相談員を活用してほしい」と話します。

転職の面接には「自己効力感」を持って挑もう

面接対策は万全でも、当日は不安がつきまとうもの。どういった心構えで挑むとよいでしょうか。Yokoさんは「自己効力感を持ってほしい」と話します。


「面接成功の秘訣は『自己効力感を持つこと』。自己効力感とは、『自分はできる・きっと達成する』というポジティブな感覚のことです。


面接に向けて、会社にアピールするための準備をしましょう。そして、『私を雇わないと損ですよ』というくらいの気持ちで挑んでほしいと思います」

Yokoさんのプロフィールをチェック

Yokoさんがタイムチケットで提供しているサービスを見る

関連するキーワード


転職 面接

関連する投稿


転職活動に役立つ「自己分析」とは? ポイントをわかりやすく解説

転職活動に役立つ「自己分析」とは? ポイントをわかりやすく解説

「転職を考えているけれど、自分の強みがわからない」「自分に向いている仕事って何?」。そんな人には「自己分析」がおすすめです。これまでのキャリアを棚卸しして、転職活動をスムーズに進めましょう。転職などキャリアに関する悩みを抱える社会人に向けてキャリアデザインの支援を行っているTomo Ouchiさんが「自己分析」のポイントを解説します。


転職活動を成功させる職務経歴書とは?書き方のコツを解説

転職活動を成功させる職務経歴書とは?書き方のコツを解説

転職活動で必要となる履歴書や職務経歴書などの応募書類。いずれも重要ですが、特に職務経歴書をどのように書くかで自分をアピールできるかどうか、大きな差がつきます。採用担当者の目を引く職務経歴書の書き方とは? 書き方のコツを、現役の職業相談員であるYokoさんに解説してもらいました。


転職やキャリアの悩みは専門家に相談!キャリアコンサルタントの貴重なアドバイスを聞いてみよう

転職やキャリアの悩みは専門家に相談!キャリアコンサルタントの貴重なアドバイスを聞いてみよう

「私のキャリア、このままでいいのかな」「会社を辞めて、転職したほうがいいのかな」。そんな悩みを抱えたとき、身近な人に話すよりもキャリアの専門家に相談することで、的確なアドバイスがもらえるかもしれません。タイムチケットライフではこれまで、転職の相談に応じるキャリアコンサルタントやキャリアコーチなど、キャリアの専門家のインタビュー記事を掲載してきました。それらをまとめて紹介します。


「キャリアとは轍である」元リクルートの人事コンサルタントが「キャリアの棚卸し」をサポート

「キャリアとは轍である」元リクルートの人事コンサルタントが「キャリアの棚卸し」をサポート

「自分のキャリアを一歩引いて見直してみたい」「自分の強みを第三者に指摘してもらいたい」。そんな願望をもつ人のために「キャリアの棚卸し」のサポートをしている人事のプロがいます。元リクルートの人事担当者として1000人以上の面接に携わり、現在は人事コンサルタントとして経営者向けのコーチングを行っている浜岡範光さんです。「キャリアとは轍(わだち)である」。そう語る浜岡さんに、キャリアとどう向き合えばよいのかを聞きました。


これからのキャリア、どう考える?キャリアの「棚卸し」を支援するプロコーチ

これからのキャリア、どう考える?キャリアの「棚卸し」を支援するプロコーチ

「今の仕事を続けていいんだろうか」「本来やりたいことができていない」。働き方の多様性に注目が集まる昨今、キャリアを見直したいと思う人も増えています。とはいえ、会社や仕事の環境を変えることは簡単ではありません。転職の検討など、キャリアを見直すときに必要なことは? キャリア形成の専門家、プロキャリアコーチの守田力さんにお聞きしました。


最新の投稿


副業の確定申告はいくらから必要?税理士がわかりやすく解説

副業の確定申告はいくらから必要?税理士がわかりやすく解説

働き方改革や昨今のコロナ禍の影響で、本業とは別に副業やギグワークで収入を得ている人も少なくありません。たとえ副業やギグワークでも、収入の金額によっては税務署への確定申告が必要です。では、いくら稼ぐと確定申告が必要になるのでしょうか。確定申告をするときに準備しておくこととは?副業で確定申告する際の方法について、税理士のまーこ☆さんがわかりやすく解説します。


SEOに強いコンテンツとは?作り方のコツをWebマーケターが伝授

SEOに強いコンテンツとは?作り方のコツをWebマーケターが伝授

「SEO対策をしているはずなのに、自社サイトが検索上位に表示されない」。そんな悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。SEOに強いコンテンツの条件とは、どんなものでしょうか。また、SEOに強いコンテンツを作るには、どんなことに注意したらよいのでしょうか。SEO集客を得意とするWebマーケター大山典克さんに聞きました。


結婚契約書とは?メリットとデメリットは?行政書士が書き方を解説

結婚契約書とは?メリットとデメリットは?行政書士が書き方を解説

結婚後の夫婦間のトラブルを回避するために「結婚契約書」を作成するカップルが増えています。結婚契約書とはどのようなものでしょうか。どうやって作成すればいいのでしょうか。行政書士として結婚契約書の作成の相談に応じている本園希美さんに聞きました。


YouTubeの再生数を増やすには?現役YouTuberがわかりやすく解説

YouTubeの再生数を増やすには?現役YouTuberがわかりやすく解説

「YouTubeを始めてみたけど、思うように再生数が伸びない」。その原因はどこにあるのでしょうか。動画の内容やサムネイルのデザイン、動画の時間の長さなど、YouTubeの再生数を増やす要因がさまざまに語られている中で、「視聴者ファーストこそ再生数を伸ばすために重要」と話すのは現役YouTuberの「ろっく@YouTuber」さん。YouTubeの再生数を増やすコツを聞きました。


失敗しない断捨離の方法は? 物を手放すコツをわかりやすく解説

失敗しない断捨離の方法は? 物を手放すコツをわかりやすく解説

物を持ち過ぎないシンプルな暮らしが流行している昨今、必要でない物を手放す「断捨離」が注目を集めています。一方で、「物を捨てられない」と悩む人も少なくありません。断捨離をするためにはどんな準備が必要なのでしょうか。断捨離の最適な方法や順番とは? インテリアスタイリストで、断捨離のサポートをしている沙織さんがわかりやすく解説します。