インフラエンジニアとは?仕事内容やキャリアパスをわかりやすく解説

インフラエンジニアとは?仕事内容やキャリアパスをわかりやすく解説

IT関係の仕事として「システムエンジニア」や「プログラマー」はよく耳にしますが、「インフラエンジニア」はあまり耳慣れない言葉かもしれません。ITの基盤を作る縁の下の力持ち、インフラエンジニアとは? 現役のインフラエンジニアで、キャリアデザイナーも務める岡田亜希子さんに、インフラエンジニアの仕事やキャリアパスについて、わかりやすく解説してもらいました。


岡田 亜希子さんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/akiko.okada/?utm_source=ttl&utm_medium=205&utm_campaign=experiences_13

IT関係の仕事として「システムエンジニア」や「プログラマー」はよく耳にしますが、「インフラエンジニア」はあまり耳慣れない言葉かもしれません。ITの基盤を作る縁の下の力持ち、インフラエンジニアとは? 現役のインフラエンジニアで、キャリアデザイナーも務める岡田亜希子さんに、インフラエンジニアの仕事やキャリアパスについて、わかりやすく解説してもらいました。

インフラエンジニアとは?

——「エンジニア」にはさまざまな種類がありますが、中でもインフラエンジニアはどんなことをするのでしょうか。 まず、インフラエンジニアも、システムエンジニアの1つです。そしてインフラエンジニアは、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアに細分化することができます。 1.ネットワークエンジニア 会社でPCを立ち上げると会社のネットワークにつながります。そこから会社のシステムやサーバーを見たり、インターネットに接続したり、メールを送受信したりといったことができます。こうしたネットワークを構築するのがネットワークエンジニアです。 2.サーバーエンジニア 勤怠の管理システムやメールサーバーといったサーバーを作ったり、管理したりするのがサーバーエンジニアです。サーバーエンジニアは、システムが動いている環境によってオンプレミス型のサーバーエンジニア、クラウド型のサーバーエンジニアに分かれています オンプレミス型というのは、自社の社内でネットワークやサーバーを設置・運用することをいいます。一方のクラウド型では、クラウド環境にサーバーやネットワークを作ります。マイクロソフトのAzureやAmazonのAWS、国内だとNTTデータの金融向けサービスであるOpenCanvasがクラウド環境の一例です。 ——岡田さんご自身は、どんなお仕事をされているのでしょうか。 私はインフラエンジニアとして、クラウド環境でのシステムやネットワークの導入コンサルティングから、設計・構築などに携わっています。お客さまのビジネス課題を洗い出し、それを解決する手法を提案しています。 

インフラエンジニアの主な仕事内容

——インフラエンジニアの仕事内容を詳しく教えてください。 インフラエンジニアには、システムの導入コンサルティングや設計・構築をする人たちと、導入したシステムや基盤を保守する人たちがいます。詳しくは、次のとおりです。 ・設計 お客さまのビジネス上の課題を洗い出し、システムでどう解決できるかを提案し、設計していきます。 ・構築 設計に基づいてシステムを構築し、構築したシステムをテストして、お客さまに環境の説明を行います。 ・運用 システムが導入されたあと、システムを監視したり、エラーが出た場合には調査、修復・復旧対応をしたりします。

インフラエンジニアのキャリアパス

——インフラエンジニアになりたいと思ったら、どういうキャリアパスを歩んでいくのがよいのでしょうか。 まずは企業が出している求人に応募して、経験を積んでいくのがよいでしょう。 ある程度年齢がいくと、未経験での採用は難しくなります。ただし、若年層を含めた未経験者向けの全体の求人数は、転職エージェントを活用した方が直接応募だけよりも広がると思います。


実は転職エージェントには、ネットワークの運用監視といった未経験でもできる案件がたくさんあります。運用監視の仕事は常に人が足りていません。なぜかというと「仕事内容が単調」「給与が低い」といった理由から、1、2年で辞めてしまう人が多いのです。


未経験からインフラエンジニアになりたいという人は、そうしたところを踏み台にして次へいくのも1つの手段です。ただし、一度エスカレーターに乗れば次のエスカレーターに簡単に乗り換えられるということはありませんので、キャリアアップのために努力し続けましょう。

一度入社して熱心に仕事をしていれば、リファラル採用やスカウトなどの道が開けます。経験を積んだあと外資系企業に転職したければ、LinkedInなどを活用するのもよいですね。

インフラエンジニアになるために必要な知識とは?

「基本情報技術者試験」で体系的な知識を身につけて

——インフラエンジニアになるために身につけておくとよいスキルや知識はありますか? 情報処理推進機構(IPA)が実施する国家試験「基本情報技術者試験」に出題されるような知識は必ず身につけておいたほうがいいですね。基本情報技術者試験をパスしていないインフラエンジニアは、実はとても多いのです。資格を持っていなくてもエンジニアになれますが、基本となる知識がないと技術的な部分で行き詰まってしまい、キャリアアップができません。 基本情報技術者試験はインフラエンジニアに必要な知識が体系的に学べます。試験内容の更新スピードが速くないために、この試験で基礎知識を学んだうえでさらに新しいことを勉強していかなければなりませんが、企業に入社したあとの共通言語を獲得すると思って取り組んでほしいと思います。

インフラエンジニアに向いているのは「息を吸うように勉強できる人」

——インフラエンジニアにはどんな人が向いていると思いますか? インフラエンジニアの世界は、技術の変化のスピードがとても速いです。特にクラウド型のサーバーエンジニアは、年間300件ぐらいのアップデートに対応しなければなりません。そのため、息を吸うように勉強を続けられる人が向いていると思います。 私も今年に入ってクラウド関連の資格を4つ取得しました。現在は5つ目を勉強しています。クラウドの技術を問う試験は有効期限が限られています。今勉強している資格試験は今年の春に改訂されたばかりですが、有効期限が2年しかありません。ですから、息を吸うように、趣味のように知識をアップデートしていくことができなければ、苦しくなっていくと思います。 ——先ほどインフラエンジニアの仕事内容で挙げていただいた各フェーズにも、向き不向きはあると思いますか? そうですね。「設計」はお客さまと対峙することが多いので、人とのやりとりが苦にならない人だとよいですね。コミュニケーション能力がないと思う人は、その時どきに応じて必要な対話力を身につけていけばいいと思います。ただ、人とかかわらずに黙々と仕事をしたいという人にはあまり向いていないかもしれませんね。 「構築」のフェーズでは、お客さまの本番環境を触る必要があります。たった一度のトラブルでお客さまの何億円もの資産を消失させてしまう可能性があるのが構築・運用なのです。そのため、注意力がない人、日頃から忘れっぽい人には向いていないといえるでしょう。 また、「運用」は24時間365日のシフト勤務であることが多いので、体力がある人に向いていると思います。シフト勤務は歳を取ると大変になってきますので、早めにマネジメント職に就いて日勤ができるように努力したいですね。

インフラエンジニアの将来性

——インフラエンジニアの仕事は将来性がありそうですね。 そうですね。特にいま、クラウド型のサーバーエンジニアが少ないので、需要も大きいと思います。とはいえ、今後オンプレミス型がなくなるわけではありません。場合によってはオンプレのほうがコストが安い場合もあるので、クラウドからオンプレに戻る企業も出てくると思われます。


新型コロナウイルスの影響でインフラエンジニアとしての業績が悪化したということもありませんし、将来性は高いといえます。

——これからインフラエンジニアを目指そうという人にアドバイスをお願いします。 勉強することがたくさんあって大変ですが、インフラエンジニアは社会貢献度の高い仕事です。自分たちが構築したシステムのうえで災害情報が管理されていたり、救急車を呼ぶシステムが動いていたり。金融ですと、銀行のATMのバックエンドを担っていたりします。 自分のライフスタイルに合わせて働き方やキャリアを選べる点も魅力ですね。今は女性エンジニアは少ないのですが、柔軟な働き方を選択していけるという点で、女性にもおすすめの職業です。

関連記事を見る

→ バックエンドエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルをわかりやすく解説

→ プログラミング言語のおすすめは?種類と選び方をプログラミング講師が解説

→ フリーランスのSEってどんな仕事? メリットとデメリットをわかりやすく解説

岡田亜希子さんのプロフィールを見る

インフラエンジニアになりたい!岡田亜希子さんにキャリア相談をする

関連するキーワード


インフラエンジニア とは

関連する投稿


Webエンジニアとは?キャリアパスや必要なスキルを解説

Webエンジニアとは?キャリアパスや必要なスキルを解説

スマホが普及し、いつでも、どこでもインターネットにアクセスできる時代。日々、新しいWebアプリケーションやWebサービスが登場しています。そんなWebにかかわるサービスを構築するWebエンジニアとは、どんな職業なのでしょうか。キャリアパスや仕事内容、必要なスキルについて、Webサービス企業のCTOを務める星直史さんがわかりやすく解説します。


コーディングとは?初心者が習得すべきスキルや学習法を紹介

コーディングとは?初心者が習得すべきスキルや学習法を紹介

ITに関する職種には「Webデザイナー」や「プログラマー」、「コーダー」などさまざまあります。このうち、「コーダー」とはコーディングをする人を指します。では、コーディングとは何でしょうか。コーディングをするためには、どんなスキルを身につければよいのでしょうか。エンジニアの「ゆう」さんがわかりやすく解説します。


Ruby on Railsとは?何ができるかをわかりやすく解説

Ruby on Railsとは?何ができるかをわかりやすく解説

Ruby on Railsは、Webサービス開発の負担を減らすフレームワークの1つです。Ruby on Railsとは何か、どんなサービスを作ることができるのか。Webサービス企業のCTOを務める星直史さんがわかりやすく解説します。


最新の投稿


マッチングアプリで理想の人と出会うには?成功のコツを教えてくれるアドバイザーまとめ

マッチングアプリで理想の人と出会うには?成功のコツを教えてくれるアドバイザーまとめ

恋愛相手を探したり婚活を目的とした出会いの場として話題のマッチングアプリ。出会いを求めて登録してみたけれど、「使い方が良く分からない」「思うようにマッチングできない」という声も少なくありません。マッチングアプリで結果が出ない原因とは?今回はマッチングアプリで成功するポイントを紹介するとともに、個別の相談に応じてくれるチケットを紹介します。


成功の秘訣は「心の距離を縮めること」マッチングアプリコンサルタントが教えます

成功の秘訣は「心の距離を縮めること」マッチングアプリコンサルタントが教えます

スマホ一つで男女の出会いが生まれる「マッチングアプリ」。手軽さからも人気を集めていますが、理想の異性と出会うには上手に使う必要があります。そんなマッチングアプリを使うコツを伝授している長野ハルオさんは、マッチングアプリで「いいね」を3000回貰ったという実績の持ち主。自らを「マッチングアプリコンサルタント」と名乗る長野さんに、お話を伺いました。


「写真撮影で笑顔の休日に」プロフィール写真撮影をする接客のプロ

「写真撮影で笑顔の休日に」プロフィール写真撮影をする接客のプロ

「得意や好きなことをのばしながら輝ける女性を増やしたい」。そう話すのは、IT企業に勤めながらタイムチケットで副業として写真を撮影しているJessicaさんです。過去には航空会社のグランドスタッフとしてVIPの対応をしていたJessicaさん。周囲をパッと明るく照らすようなまぶしい笑顔と持ち前のコミュニケーションスキルで、被写体となる依頼者の最高の一瞬を切り抜きます。


「マッチングアプリ」とは?使い方のテクニックや恋愛相談ができるチケット

「マッチングアプリ」とは?使い方のテクニックや恋愛相談ができるチケット

恋愛や婚活をしたい男女の出会いの場として人気急上昇中のマッチングアプリ。「聞いたことはあるけど、ネットでの出会いに不安…」という人も少なくないのではないでしょうか。今回はそんなマッチングアプリがどんなものかを紐解くとともに、マッチングアプリの選び方や使い方の相談に応じているスペシャリストを紹介します。


「ネットワークスペシャリスト」とは?試験の難易度や勉強法を解説

「ネットワークスペシャリスト」とは?試験の難易度や勉強法を解説

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が試験を実施する国家資格「ネットワークスペシャリスト」。ネットワークに関する資格試験の中でも、難易度の高い試験です。ネットワークスペシャリスト試験に合格するには、どんな勉強法が効果的なのでしょうか。ビジネスチャットサービスのバックエンドエンジニアとして働く安達勇太さんが解説します。