TOEICリスニングの効果的な勉強法は? 聞き取り力がアップする秘訣を伝授

TOEICリスニングの効果的な勉強法は? 聞き取り力がアップする秘訣を伝授

TOEICのリスニングで「そもそも聞き取りができない」「途中で理解が追いつかなくなる」といった悩みをお持ちではありませんか?リスニングセクションは、しっかり対策と勉強をすれば、スコアアップが狙いやすい分野です。現役大学院生でスコア970点を保持、学生に英語指導もしている梨紗さんに、TOEICリスニングの聞き取り力をアップする勉強法を聞きました。


梨紗さんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/risa-sgu/?utm_source=ttl&utm_medium=208&utm_campaign=experiences_9

福岡市内の大学院でコミュニケーション学を専攻しています。ちなみに研究内容は「日本人の恋愛」です。趣味は筋トレで週3ペースでジムに通っています。ニュージーランドとアメリカにそれぞれ1年弱留学していたので英語が話せます。

TOEICリスニングの特徴とは?

——TOEICのリスニングには、英検などほかの英語の試験と異なる特徴はありますか? はい。英検では、たとえば科学者へのインタビューなど、学術的な内容の問題が出題される傾向があります。 それに対し、TOEICは日常生活やビジネスに沿った内容が多いですね。たとえば、これから始まる会議についての会話を聞いて、必要な資料や会議の場所はどこかといった設問に答えたり、デパートでのアナウンスを聞いて何を伝えようとしているのかを答えたり、ふだん起こりうるシチュエーションが登場します。 ——TOEICはより日常生活に寄った内容が出題されるのですね。リスニングの問題で流れるのは、アメリカ英語のみなのでしょうか。 いいえ。英語を公用語とする国は世界にも複数ありますが、TOEICで出題されるのは、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、カナダ英語などさまざまです。 これらの発音の特徴はそれぞれ異なります。TOEICを勉強する機会に、発音の違いについて学ぶのもおもしろいのではないでしょうか。

TOEICリスニングができない原因

——そもそも、英語のリスニングができない原因はどこにあるのでしょうか。 日本人が英語のリスニングを苦手とするのは、主に次のような原因があるからだと思います。 ・英語と日本語の音の違いが理解できていない

英語と日本語のリズムの違いが理解できていない

英語と日本語の音の違いが理解できていない

——英語と日本語の音にはどんな違いがあるのでしょうか。 英語と日本語の音の違いを理解していないと、日本語を聞くのと同じ感覚で英語を聞こうとしてしまいます。 英語を母国語とする子どもたちは、「フォニックス」で英語を学びます。たとえば、「bithday」や「girl」という単語には、「ir」というつづりが入っています。この「ir」は、発音記号で表すと[ə:r]という決まった発音になります。こうした各つづりに対応する発音を覚えることで、birthdayもgirlも同じ[ə:r]という発音をすればいいことがわかります。 自分が発音できない音は耳に入ってこないので、リスニング力を強化するうえで音の仕組みをまず知ることは大切です。

英語と日本語のリズムの違いが理解できていない

——英語と日本語のリズムの違いについても詳しく教えてください。 日本語は、すべての音が「あ・い・う・え・お」の母音で終わります。このため、あまり抑揚がなく、すべての音を強く発音するという特徴があります。一方で、英語は子音で終わることが多く、最後まではっきりと発音されることがないものもあります。 たとえば「My name is Risa.」という例文を言葉に出すとき、必要な情報は「name」と「Risa」であることからはっきり発音されます。反対に、「my」と「is」はそこまで重要な情報でないため、音が弱くなります。このように、英語は強弱がはっきりしていて抑揚があるのです。

英語にはリンキングといって単語の末尾と先頭がつながったり、リダクションといって末尾と先頭の音が消えたりといった独特の発音もあります。そうしたことを知らなければ、聞き取りはできません。

TOEICリスニングの勉強法

リスニングの勉強は弱みを把握するところから

——リスニング力を上げるための勉強法を教えてください。 まず、リスニングでどこが聞き取れていないか、どこが弱みなのかを把握するところからはじめましょう。 弱みを把握するには、ディクテーションという方法がおすすめです。ディクテーションとは、文章を見ずに英語の音源だけを聞きながら、その内容を書き取っていく勉強法です。TOEIC対策であれば、TOEICのリスニング問題を聞きながら英語を書き取っていきます。


ディクテーションで聞き取れなかったところを振り返ることで、「単語を知らない」「音のリズムが理解できていない」「リンキング・リダクションがわからない」など、聞き取りできなかった理由が明らかになります。

——弱みを把握することのほかに大切なことはありますか? ディクテーションを続ける一方で、TOEICの点数を上げるためには自分で音を出すことが大切です。 TOEIC公式問題集の回答にはスクリプトが載っています。付属のCDを聞きながら英文を声に出すシャドーイングという練習をしましょう。慣れてくれば、スクリプトを見ずにシャドーイングができるようになります。そこまでくると、文字に頼らず自分の耳だけで英語の情報が聞き取れるようになります。

TEDトークはリスニングの勉強におすすめ

——TOEICのリスニングの勉強する際、おすすめの教材はありますか? TEDトークがおすすめです。TEDトークは動画にトランスクリプトがついており、さまざまな勉強法に活用できます。たとえば、トランスクリプションをWordなどに貼り付けて印刷し、シャドーイングのスクリプトとして使ったり、引っかかった箇所、わからない単語にチェックを入れたりといったことができます。 TEDトークはほかにも、話すスピードを調整できたり、話している箇所をトランスクリプト上でハイライトしてくれたりと、教材としてとても便利です。 ——冒頭で言及されていた「フォニックス」のメソッドが学べる教材はありますか? 「あいうえおフォニックス」というサイトのYouTubeの公式チャンネルがおすすめです。テキストがたくさん販売されていますが、WebサイトやYouTubeを参考にするとよいでしょう。

TOEICリスニング当日に役立つテクニック

——TOEICの試験当日、スコアを上げるために役立つ回答のコツはありますか? TOEIC当日は、試験官の「開始」の合図で問題用紙を開くことができます。問題用紙を開いたら、英語の音声が流れてくるまえに設問に目を通しておきましょう。 パート1の写真描写は問題文がありません。問題集に載っている写真を見て、流れてくる英語音声でもっとも適切なものを選びます。また、パート2にも問題文がなく、最初に英語の一文が流れ、そのあとに流れる音声の中から適切なものを選ぶ形式です。 パート1では写真を見て、どんな問題が出るのか想像をふくらませること。パート2は、最初の英文を聞きながら頭の中にイメージを描くこと。いずれも英語の音声を聞きながら、どんなシーンについて話しているのかイメージしましょう。 パート3、4では問題文が書かれています。英語音声が流れる前に設問に目を通し、流れてくる英語音声の「どこ」に集中をして聞くべきか、あらかじめ予想をします。 たとえば、パート4ではDirection(設問の説明)が流れているあいだに設問を先読みし、設問で何が問われているのかを把握します。設問の把握ができれば、流れてくる英語音声の中に該当する「答え」を見つけやすくなります。

梨紗さんのプロフィールを見る

梨紗さんにTOEICリスニングの勉強法について相談する

関連するキーワード


TOEIC リスニング 勉強法

関連する投稿


英会話が楽しくなる!英語のスピーキング力がアップする勉強法

英会話が楽しくなる!英語のスピーキング力がアップする勉強法

英語の4つの技能の中でも、日本人はスピーキングが特に苦手だと言われています。「英語を読む・書く・聞くはできるけど、話すのが苦手」「英会話で言いたいことが話せない」。英語のスピーキング力を高めるには、どうしたらいいのでしょうか。英語講師の「ゆうちゃん」が、英語のスピーキング力をアップさせる勉強法を解説します。


英語がスラスラ読めるようになる!英語のリーディング力がアップする勉強法を解説

英語がスラスラ読めるようになる!英語のリーディング力がアップする勉強法を解説

「海外の映画俳優やミュージシャンのSNSをフォローしてみたけれど、英語で何が書かれているかわからない」。こんな経験はありませんか?英語のリーディング力を高めれば、海外のWebサイトやSNSが読めるようになります。英語講師の「ゆうちゃん」に、英語のリーディング力を高めるための勉強法を解説してもらいました。


TOEICリーディングの効果的な勉強法は? 長文読解力とスピードを身につけてスコアアップ!

TOEICリーディングの効果的な勉強法は? 長文読解力とスピードを身につけてスコアアップ!

TOEICのリーディングセクションは時間との戦いです。スコアアップを図るには、「長文読解力」と「スピード」が欠かせません。英文を正しく速く読む力をつけるには、どうしたらいいのでしょうか。現役大学院生でスコア970点を保持する梨紗さんが、TOEICリーディングの効果的な勉強法を伝授します。


英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語を外に向けてアウトプットする方法には「スピーキング」と「ライティング」があります。このうち、「スピーキング」は英会話スクールなどで磨くことができますが、「ライティング」のスキルを身につけるにはどうしたらいいのでしょうか。「思うままに英文を書けるようになりたい」。英語講師の「ゆうちゃん」が英語ライティングの勉強法をわかりやすく伝授します。


「ビジネス英語で同僚に差をつける!」キャリアを切り拓く英語コーチング

「ビジネス英語で同僚に差をつける!」キャリアを切り拓く英語コーチング

「外資系企業への転職を目指しているけれど、英語がネックになっている」「ビジネス英語を磨きたいが、日常会話も自信がない」。そんな悩みを持つ人にオススメなのが、ひとりひとりに合ったオーダーメイドの学習法を提案してくれる「英語コーチング」です。国連児童基金(UNICEF)など海外の国際機関で働いてきた友希さんは、昇進・転職・海外駐在など、グローバルな活躍を目指す方のサポートをしています。友希さんに、キャリアをワンステージUPする「ビジネスで勝てる英語」を習得するためのコツを聞きました。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。