英会話が楽しくなる!英語のスピーキング力がアップする勉強法

英会話が楽しくなる!英語のスピーキング力がアップする勉強法

英語の4つの技能の中でも、日本人はスピーキングが特に苦手だと言われています。「英語を読む・書く・聞くはできるけど、話すのが苦手」「英会話で言いたいことが話せない」。英語のスピーキング力を高めるには、どうしたらいいのでしょうか。英語講師の「ゆうちゃん」が、英語のスピーキング力をアップさせる勉強法を解説します。


ゆうちゃんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/yuuchan/?utm_source=ttl&utm_medium=219&utm_campaign=experiences_9

初めまして。 普段は会社で事務をしていますが、 副業で英語の先生やブログの運営をしています。 私は日本生まれ・日本育ちで、日本で英語を習得しました! 英語塾と英会話スクールにて12年の講師経験があり、ここ3年くらいは翻訳もしています。日本にいながらもたのしく効率的に英語を習得できる方法をお話しします♩英語レッスンもやってます★ ブログの運営もしています♩フルタイムの会社員でもできる、副業のお話なんかもできますので、お気軽にお声掛けくださいね!

英語のスピーキングができない理由

英語の4技能のうち、「読む・書く・聞く」はできても、「話す」ことが苦手という人は多いのではないでしょうか。 ゆうちゃんはその理由を次のように指摘します。 ・人前で英語を話すのが恥ずかしい ・人前で英語を話しているときに文法や単語を間違えるのがこわい ・そもそも英語を話す機会がない 「仕事をするうえで英語が必要」「外国人の友だちがいる」といったことが特になければ、ふだんの生活で英語を話す機会はありません。インプットした英語をアウトプットする機会がないことが、スピーキングが上達しない大きな要因といえそうです。


英語のスピーキング力を高めるために必要な要素

総合的な英語の力が必要とされるスピーキング

英語のスピーキング力を高めるためには、基礎的な単語と文法の知識が必須です。 「最低限、中学3年間で習う単語と文法は身につけておくといいでしょう」(ゆうちゃん) スピーキングは会話のキャッチボール。自分が伝えたいことを瞬時に英語にできる英作文力や、相手が話していることを聞き取るリスニング力も必要です。 このように、英語のスピーキングには、総合的な英語の力が求められます。

「準備と練習」と「アウトプットの機会」を組み合わせる

「人前で英語を話すのが恥ずかしい」「英語でどう言えばいいかわからない」といった理由から、スピーキングが苦手だったと言うゆうちゃん。転機は大学時代でした。 「大学生のとき、初めて外国人の友だちができました。英語でコミュニケーションを取ろうとするのですが、うまく伝わりません。そこで私は、友だちと会うたびに準備と練習をするようにしたのです」 ・その日の会話で「言いたかったけどうまく言えなかった」「英語でどう表現すればいいかわからなかった」といったことをメモしておく。 ・メモをもとに作文をする。 ・作文したことを声に出して練習する。 伝えたいことを準備して練習することで、その表現は自分のものになります。自分のものにした表現をアウトプットすることで、英語を話すということに慣れていきます。


ゆうちゃんは、こうして「伝わった」という成功体験を積み上げ、自信につなげていきました。

英語スピーキングの勉強法

英語のスピーキング力をつけるには積極的に話す機会をつくる

スピーキングの勉強は、できれば話す相手がほしいもの。 外国人の友だちがいれば話す機会はありますが、そうでない場合には、英会話教室オンライン英会話レッスンを利用するのもおすすめです。 英語の初心者で「いきなりネイティブの先生と話すのは不安」といった人は、ゆうちゃんのような日本人の先生を探してみるのもよいでしょう。

ひとりでできるスピーキングの勉強法

日本で生活していると、英語を話す機会が少なくて当たり前です。そこで、ひとりでもできる英語スピーキングの勉強法として、ゆうちゃんは英作文とシャドーイングをすすめます。 英作文はライティングの技能ですが、伝える力という点ではスピーキングと共通しています。日記をつけるなどして、日頃から「伝えたいこと」を英語で表現するトレーニングをしましょう。


実際に英語を声に出すトレーニングをするなら、シャドーイングがおすすめ。シャドーイングとは、英語を聞いて、音源通りに声に出して追いかけていく練習法です。


リスニング教材はNHKの語学講座などの中から、自分のレベルにあったものを選びましょう。慣れないうちは「ちょっと簡単すぎるかな」と感じるものから挑戦するのがおすすめです。繰り返し練習することで、英語独特の口や舌の動かし方にも慣れてくるはずです。

洋楽が好きな人は、曲にあわせて歌う練習をしてみるのもいいでしょう。大学時代はカラオケが大好きだったというゆうちゃんも、洋楽を歌っていたそうです。「洋楽を聴きながらまねして歌っていたことで、発音も鍛えられました(笑)」と振り返ります。


勉強のモチベーションを維持する方法

英語が話せるようになりたいと思っている人は、理想と現実のギャップにショックを受けて挫折してしまう人が多いといいます。 そんなときは、いきなり “ペラペラ英語が話せる自分” を理想に据えるのではなく、達成しやすい目標を定めて小さな成功体験を積み重ねていくといいでしょう。 「スピーキングは英語のすべての技能の応用です。そう聞くと難しく感じるかもしれませんが、大切なことは自分が英語で『誰に』『何を』伝えたいか。英語は日本語と同じコミュニケーションツールなのです」(ゆうちゃん)


ゆうちゃんのプロフィールを見る

ゆうちゃんに英語のスピーキングレッスンを依頼する

関連するキーワード


英語 スピーキング 勉強法

関連する投稿


英語がスラスラ読めるようになる!英語のリーディング力がアップする勉強法を解説

英語がスラスラ読めるようになる!英語のリーディング力がアップする勉強法を解説

「海外の映画俳優やミュージシャンのSNSをフォローしてみたけれど、英語で何が書かれているかわからない」。こんな経験はありませんか?英語のリーディング力を高めれば、海外のWebサイトやSNSが読めるようになります。英語講師の「ゆうちゃん」に、英語のリーディング力を高めるための勉強法を解説してもらいました。


TOEICリスニングの効果的な勉強法は? 聞き取り力がアップする秘訣を伝授

TOEICリスニングの効果的な勉強法は? 聞き取り力がアップする秘訣を伝授

TOEICのリスニングで「そもそも聞き取りができない」「途中で理解が追いつかなくなる」といった悩みをお持ちではありませんか?リスニングセクションは、しっかり対策と勉強をすれば、スコアアップが狙いやすい分野です。現役大学院生でスコア970点を保持、学生に英語指導もしている梨紗さんに、TOEICリスニングの聞き取り力をアップする勉強法を聞きました。


TOEICリーディングの効果的な勉強法は? 長文読解力とスピードを身につけてスコアアップ!

TOEICリーディングの効果的な勉強法は? 長文読解力とスピードを身につけてスコアアップ!

TOEICのリーディングセクションは時間との戦いです。スコアアップを図るには、「長文読解力」と「スピード」が欠かせません。英文を正しく速く読む力をつけるには、どうしたらいいのでしょうか。現役大学院生でスコア970点を保持する梨紗さんが、TOEICリーディングの効果的な勉強法を伝授します。


英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語のライティング勉強法とは?思うままに英文が書けるようになるコツ

英語を外に向けてアウトプットする方法には「スピーキング」と「ライティング」があります。このうち、「スピーキング」は英会話スクールなどで磨くことができますが、「ライティング」のスキルを身につけるにはどうしたらいいのでしょうか。「思うままに英文を書けるようになりたい」。英語講師の「ゆうちゃん」が英語ライティングの勉強法をわかりやすく伝授します。


「ビジネス英語で同僚に差をつける!」キャリアを切り拓く英語コーチング

「ビジネス英語で同僚に差をつける!」キャリアを切り拓く英語コーチング

「外資系企業への転職を目指しているけれど、英語がネックになっている」「ビジネス英語を磨きたいが、日常会話も自信がない」。そんな悩みを持つ人にオススメなのが、ひとりひとりに合ったオーダーメイドの学習法を提案してくれる「英語コーチング」です。国連児童基金(UNICEF)など海外の国際機関で働いてきた友希さんは、昇進・転職・海外駐在など、グローバルな活躍を目指す方のサポートをしています。友希さんに、キャリアをワンステージUPする「ビジネスで勝てる英語」を習得するためのコツを聞きました。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。