営業力を強化するには?営業コーチがわかりやすく解説

営業力を強化するには?営業コーチがわかりやすく解説

「営業の電話をしても話が続かない」「説明をする前に断られてしまう」「断られ続けて、自信がなくなってしまった」。そんな悩みを持つ営業職の人は少なくないでしょう。そもそも営業が上手くいかないのは、どうしてなのでしょうか。営業力を強化するには、どんな方法があるのでしょうか。営業コーチとして活動するYuko Naganoさんが解説します。


Yuko Naganoさんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/4tpy5mw8fudo96g/?utm_source=ttl&utm_medium=223&utm_campaign=experiences_8

生命保険営業を13年住宅営業を12年、25年の営業経験からマインドセットとスキルアップの両面からサポートいたします。2018年にプロコーチの資格を取得、チームビルディングも得意分野。ダイレクトマーケテイングを学び集客についてのアドバイスもいたします。

営業力とは?

――Naganoさんが考える「営業力」とは、どういった力でしょうか。


営業力は、「クロージングできる力」です。

クロージングとは、お客様に「買ってください」「契約してください」とアプローチする営業プロセスです。お客様が商品購入や契約締結の意思を固める、最後の工程のことを意味します。

「営業が上手くいかない」「営業力がない」と悩む人は、そもそもクロージングができない営業マンが多いのです。

「クロージングをするのが怖い」営業マンの心理


――クロージングができないのは、どんな理由からでしょうか?


「断られるかもしれない」「失敗するかもしれない」というネガティブなイメージが先行して、クロージングの一歩を踏み出せないという人が多く見られます。

勇気を出してクロージングをしたものの、断られることが続けばさらに自信がなくなり、「次のお客様もきっとうまくいかない」という気持ちが生まれます。そうして、クロージングができなくなってしまいます。


ほかにも、「見込み客が減ってしまうかもしれない。もし減ったら会社になんていえばいいのか」という恐れがあります。


企業の営業マンは、会社が求める数値目標を達成しなければなりません。契約を上げるためには、営業をする相手、すなわち「見込み客」の数が重要であり、なるべく減らしたくないものです。

見込み客がたくさんいる状況で安心していたい。クロージングに踏み切れないのは、そんな心理が働いている場合もあるのです。

営業力がある人は「感性」を磨いている


――営業力がある人はどのような特徴があるのでしょうか。


まず、断られる経験をたくさん積んでいることです。

実際、契約を取ってくる優秀な営業マンは短気な人が多い印象です。契約締結か否かの結論を出すのが早く、ダメなら次!とどんどん新たなお客様を探しに行く。人一倍経験を積むことで、売れる力が身についています。


そして「感性」があるかどうかも重要です。

お客様とやり取りをする際に、「このタイプのお客様ならこういうアプローチの仕方がいい」「前回訪問したときにはこんな話をしていたな、それと紐づけて次の話を展開しよう」などと、営業マンが自分の感性で判断して顧客との関係性を築いていきます。そうしたことは教わってできるようになるものではなく、感性が磨かれてできるようになります。

営業マンとしての感性も、やはり経験を積むことで磨かれていくのです。

どんな営業力が求められるのか

――具体的に、現場で求められる営業力とはどのような力なのでしょうか。


相手や状況に合った方法を選べるかどうか、そして、躊躇なく実行できるかどうかだと考えています。


■ 相手や状況に合わせる力

営業の手法には、決まりきったマニュアルや一般的な方法はありません。お客様が10人いれば、10とおりの営業スタイルがあるはずです。

お客様に訪問アポイントを取るにしても、このお客様はどんな時間帯に電話すればいいのか、電話ではなくメールの方が好ましいのか、など、お客様1人1人に合わせた方法を選び、相手に合わせて工夫できるといいでしょう。


■ 躊躇なく実行する力

「今電話しても迷惑かもしれない」「しつこいと思われているかもしれない」などと、相手がどう受け取るかは分からないはずなのに、ネガティブな発想で営業活動を躊躇してしまう人は少なくありません。

行動をしてもいないのに「たぶんダメだから」「忙しい時間帯だから」などと勝手な決めつけをせずに、躊躇せずに実行すること。とにかく当たっていきましょう。

営業力を強化するには

――Naganoさんが考える営業力を鍛える方法を教えてください。


営業力を鍛える方法はさまざまありますが、わたしのおすすめする方法は「ロールプレイング」「失敗の反省と成功の反省」「読書」の3つです。

ロールプレイング

客先とのやり取りを想定したロールプレイングは頭でイメージするのではなく、お客様役と営業マン役を立てて、実際の状況を想定して練習することが大切です。

営業が上手くいかないと悩む人にありがちなのは、営業トークに一生懸命で「相手がどんな様子で話を聞いているのか」まで気が回っていないことです。ロールプレイングを繰り返し、客観的な意見を貰うことで、問題の解消を目指しましょう。

失敗の反省と成功の反省

クロージングが上手くいかないとき、「なぜ失敗したのか」を振り返ることは誰もがやるでしょう。一方で、成功したときの振り返りは忘れてしまいがちです。

成功したクロージングは何が良かったのか。成功を振り返ってみると、自分の強みが見つかることもあります。良かった部分を明確にして、それを別の場面でも再現できれば、成功率もあがっていくでしょう。

読書をする

本を読んで知識を蓄えることも重要です。営業スキルやマーケティングに関する書籍はたくさん売られていますが、以下の2冊をおすすめします。

営業マンには「必ず売るぞ」という強い思いがなければいけません。それが根拠のない自信だったとしても、です。この本は、そうした強い思いを持つことができないという営業マンにおすすめです。どうすれば「自分はやれる!」というモチベーションに持っていけるのか、この本が教えてくれます。

マーケティングの基本を学べる1冊。顧客の心理分析を30の法則で表現されており、物を売る仕事をしている全ての人におすすめしたい本です。経験豊富な営業マンが行き詰まりを感じたときなど、ヒントを得られると思います。

営業力を強化するには「自分との約束を継続して自信をつけよう」

――営業が上手くいかない、営業力をつけたいと悩む人にアドバイスをお願いします。


前述のように、営業がうまくいかない人の多くは自信を失っている傾向があります。自信がない状態では、なかなか成功がつかめません。まずは自信をつけましょう。

私からのアドバイスは、毎日何かを継続することです。「今日はこれをやるぞ」と決めたら、寝るまでに必ずやりきる。それを怠って、「また明日にしよう」「まあいいか」としてしまうことが、どんどん成功を遠ざけます。

自分との約束を守り、継続しましょう。小さな成功を続けていくことで、「自分はできる」という自信につながります

関連記事を見る

→ ビジネス/コンサルティングのカテゴリー

→ 「聞き上手」で対話力をアップ!コミュ力を上げる秘訣とは?

→ 営業やプレゼンがうまくいく!元NHKキャスターが教える話し方のコツ

解説をしたYuko Naganoさんのプロフィール

Naganoさんに営業力強化の相談をする

関連するキーワード


営業力 ビジネス セールス

関連する投稿


起業したい人必見!新規事業の相談ができるビジネスのプロを紹介します

起業したい人必見!新規事業の相談ができるビジネスのプロを紹介します

「起業をしたいけど何から始めればいいか分からない」「新規事業のアイデアがあるけどうまくいくか分からない」。そんな人は起業や新規事業について、豊富な経験を持つ専門家に相談してみてはいかがでしょうか。個人の時間を売り買いできる「タイムチケット」では起業家やコンサルタントといった専門家に気軽に相談することができます。2020年2月~5月に公開された新着チケットから、気軽にビジネスの相談ができる専門家を紹介します。


10年前からリモートワークを実践するYouTuber社長「自立した人生を支えたい」

10年前からリモートワークを実践するYouTuber社長「自立した人生を支えたい」

仲間のフリーランスたちと新しい働き方を目指す会社「ココロザシ」を経営する守岡裕志(もーりー)さんは、10年前からいち早くリモートワークを取り入れ、メンバー全員がどこにいても働ける環境を実現してきました。自らの活動を通して「1人でも多くの人が自立した人生を送ることを支えていきたい」という守岡さんに、リモートワークのコツを聞きました。


世界初!?「ネコ専用アパート」を作った男性「ネコとヒトが幸せに暮らせるように」

世界初!?「ネコ専用アパート」を作った男性「ネコとヒトが幸せに暮らせるように」

「本当の意味でネコとヒトが快適に住める住宅を提供したい」。そう話すのは、「ネコ専用」賃貸住宅のコンサルティングをしている木津イチロウさんです。愛らしいしぐさや柔らかな身のこなしで、ペットとしての人気が高まっているネコ。そんなネコとヒトが共存するために最適な住環境づくりとは、いったいどんなものでしょうか?


オンライン転職相談! 大手IT企業の人事担当者が「面接のコツ」を伝授

オンライン転職相談! 大手IT企業の人事担当者が「面接のコツ」を伝授

「いまの会社を辞めて、転職したい」「希望の会社に転職するには、どうしたら良いのか」。そんな悩みをもつ人のために、キャリアコンサルタントの資格を持つShionさんはオンラインで転職相談に応じています。現在、大手外資系企業で採用担当を務める「人事のプロ」が、志望企業の人事担当者に好印象を与えられる「面接のコツ」を伝授します。


「プロフィール写真はその人のブランド」大阪のポートレート専門フォトグラファー

「プロフィール写真はその人のブランド」大阪のポートレート専門フォトグラファー

「プロフィール写真はその人のブランドになる」と語るのは、大阪でプロフィール写真の撮影を行うフォトグラファー横山大地さんです。撮影されるのが苦手な人、初めてプロカメラマンに撮影してもらう人でもリラックスできる巧みな会話力で、自然体の写真に仕上げます。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。