人気のFPS・TPSゲームとは?APEXやPUBGで一緒に遊べるプレイヤーを紹介

人気のFPS・TPSゲームとは?APEXやPUBGで一緒に遊べるプレイヤーを紹介

家にいながら遠くの人とゲームを楽しめるオンラインゲーム。なかでも世界的にヒットしているのは、対戦型シューティングゲームの「FPS」と「TPS」というジャンルです。FPSとTPSは似たようなゲームに見えますが、どんな違いがあるのでしょうか。今回は、FPSとTPSがどんなゲームなのかを解説するとともに、ゲームを一緒に遊べるタイムチケットのサービスを紹介します。


FPS・TPSゲームとは?

臨場感が魅力の「FPSゲーム」

FPSとはファーストパーソン・シューター(First Person Shooter)の略で、「一人称視点シューティングゲーム」のことを意味します。

プレイヤーは操作しているキャラクターの視点になり、画面に映るのはキャラクターの腕と武器を持つ手元のみ。キャラクターと視点を共有していることにより、狭い視野による没入感や自らが戦場を駆け回っているかのような臨場感が魅力の3Dガンシューティングゲームです。

1992年にリリースされた「Wolfenstein 3D」を皮切りに海外で人気を集めるFPSゲームは、eスポーツとしても数多くのタイトルがあります。日本では「Apex Legends」「Call of Duty」が注目を集めています。

FPSの人気タイトル

● Apex Legends

1つの戦場に大人数で降り立ち、武器や防具などを回収しながら戦うバトルロワイヤル系のFPS。ゲームのリリースから1週間で2500万人のユーザーを獲得し、同時接続250万人を記録したという人気タイトルです。

特徴的なのは、異なるアビリティのレジェンド(キャラクター)からチームの戦略や自分のスキルに合ったレジェンドを選択できること。また、他のバトルロワイヤル系ゲームタイトルに比べてチーム内のコミュニケーションが取りやすいのも魅力の一つです。

・対応機種

PC/PS4/Xbox/Swicth


● Call of Dutyシリーズ

全世界で1億7500万本の販売本数を記録したCall of Dutyシリーズは、FPSの代表的なタイトル。Eスポーツにも選出されています。シンプルなFPSマッチを楽しめる「マルチプレイモード」のほか、ゾンビと戦うゾンビモード、孤島で最後の一人になるまで戦う「ブラックアウト」の3つのゲームモードを備えています。

・対応機種

PC/PS4/Xbox

状況が把握しやすい「TPSゲーム」

TPSとはサードパーソン・シューター(Third Person Shooter)の略で、「三人称視点シューティングゲーム」のことを意味します。

プレイヤーはキャラクターの背後からの視点でプレイするため、キャラクターの周囲の状況を把握しやすい3Dシューティングゲームです。FPSのように主人公と一体化したかのような没入感ではなく、第三者視点からストーリーを楽しんだり、シューティング以外の要素も表現しやすいのがTPSの特徴です。

TPSはFPSゲームと同様に世界的に愛され、数多くのゲームタイトルがeスポーツに選出されています。日本でも人気を博している「Fortnight」は、ユーザー数1億2500万人に達するほど爆発的な人気ゲームです。

TPSの人気タイトル

● Fortnight(フォートナイト)

欧米を中心に圧倒的な人気を誇るフォートナイトは、100人のプレイヤーが最後の1人(1チーム)になるまで戦うバトルロワイヤル・ゲームです。1人で戦う「ソロ」、2人でタッグを組む「デュオ」、4人チームで戦う「スクワッド」モードを基本として、期間限定の特殊モードが登場することも。

全世界で1億2500万人に親しまれ、eスポーツの競技タイトルにもなっています。


・対応機種

PC/PS4/Xbox/Switch/モバイル


● PUBG MOBILE

多人数対戦型のバトルロワイヤル系ゲームとして、日本では2018年にAndroidとiOSでリリースされました。ダウンロード数は日本国内だけでも600万以上(2018年)と高い人気を誇ります。eスポーツ種目としても注目され、タイムチケットが運営するeSportStarsでのトーナメント大会が盛んに実施されています。


・対応機種

モバイル


● スプラトゥーン

任天堂の家庭用ゲーム機「NINTENDO SWITCH」のソフト「スプラトゥーン」。2つのチームに分かれてバトルフィールドをインクで染め合い、どちらのチームがより多い範囲をチームカラーに染めたかを競うゲームです。複数の対戦モードがあり、「ガチマッチ」は勝敗にこだわる激しいバトルが楽しめます。


・対応機種

Switch

FPS・TPSゲームはひとりで遊べる?

FPS/TPSは、多くのゲームタイトルでソロモードが実装されていたりと、一人でも楽しめるように工夫されています。

しかし、仲間とパーティを作ることでより楽しめる仕組みになっているゲームタイトルが少なくありません。野良でゲームを始めたものの、フルパーティが集まるのに10分もかかってしまったり、結局タイムオーバーで解散することになってしまったり。そんな経験がある人も少なくないでしょう。


また、バトルに勝利するにはチーム内の連携が欠かせません

野良で組んだチームでは意思疎通ができず、チームのプレイヤーがどんな戦い方をするのか分からないままで戦闘開始…といったこともたびたび起こります。チーム戦は、コミュニケーションが取れる人とプレイすることが楽しむ秘訣と言えそうです。

タイムチケットでFPS・TPSゲームを一緒にプレイしよう

普段は気ままなソロプレイヤーでも、「チーム戦をもっと楽しみたい」「連携プレイをしたい」そんな希望がある人もいるのではないでしょうか。タイムチケットでは、ゲームを一緒にプレイするチケットがあります。

レベル上げやスキルアップなど、「リアルの友達には知られずに練習したい」という人にもおすすめです。

APEX LEGENDSで一緒に遊べるチケット

スプラトゥーンで一緒に遊べるチケット

フォートナイトで一緒に遊べるチケット

PUBGモバイルで一緒に遊べるチケット

FPS・TPSゲームに興味がある人はこちらもおすすめ

・ゲーム上達のアドバイスがほしい

 →「ゲームコーチング」のカテゴリーへ


・プロのeスポーツ選手とプレイしたい

 →「eスポーツ」のカテゴリーへ

関連する投稿


ゲーム好き女子がタイムチケットに大集結!一緒に遊べる「ゲーム女子」を紹介

ゲーム好き女子がタイムチケットに大集結!一緒に遊べる「ゲーム女子」を紹介

ゲームと言えば「男性の遊び」?いえいえ、今時は女性もゲームをたしなむ時代です。むしろ女性のプレイヤーは急増中。タイムチケットにも多数の「ゲーム女子」が集結しています。今回はタイムチケットで一緒に遊べるチケットを発行しているゲーム好き女子を一挙にご紹介します。


ゲーム上達のコツとは?熟練プレイヤーがアドバイスしてくれるチケットを紹介

ゲーム上達のコツとは?熟練プレイヤーがアドバイスしてくれるチケットを紹介

「ゲームを楽しみたいけれど、うまくできない」「いくら練習してもうまく立ち回れない」。ゲームをしていると、スキルが上達しないことに悩む人も少なくありません。今回は、ゲームのスキルが上達しない原因を紐解きながら、スキルアップのコツを3つにわけて解説。さらに、タイムチケットでマンツーマンでアドバイスしてくれる熟練プレイヤーのチケットを紹介します。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。