「一人でも多くの人の力になりたい」宿命や未来を視るスピリチュアルヒーラー

「一人でも多くの人の力になりたい」宿命や未来を視るスピリチュアルヒーラー

「相談者の未来を明るく、幸せなものにする手助けをしたい」。そう話すのは、悩みを持つ人の心に寄り添うスピリチュアル占いを提供しているラムネさんです。アートヒーリング教室の講師として活動し、心の癒しを求める多くの人々に向き合ってきたラムネさん。未来や宿命を視る特殊な能力で、相談者にとっての最善の未来になるよう伴走します。


ラムネさんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/otonashi/?utm_source=ttl&utm_medium=253&utm_campaign=experiences_10

美大を卒業後、心理学を学びスピリチュアルの世界に触れ、世界で数名のスピリチュアルヒーラーと認められました。ヒーラーとしてでなく、「未来視」と「人の心を読む」「人の宿命を視る」能力を持つようになりました。現在はアートヒーリング教室の講師として、生徒さんを占い癒しながら、お悩みからの解放や夢を叶え幸せになるお手伝いをしています。送り出した生徒さんは200名以上、口コミでお教室は数ヶ月待ちとなっています。出会った人すべての人に幸せになって欲しい、あなたの心に寄り添って、お話を聞かせていただきます。

スピリチュアルヒーラーの素質を備えるアートヒーリング講師

タイムチケットでスピリチュアル占いを提供しているラムネさんは、普段アートヒーリング教室の講師として活動をしています。


スピリチュアルヒーラーという肩書を持ち、未来や宿命を視る能力を持つというラムネさん。その能力は先天的なものではなく、数々の出会いによって導かれて開花しました。


「美大を卒業後に心理学を学んでいたのですが、そのときに『あなたには生まれつきスピリチュアルヒーラーの素質がある』と言われて。当時、あまりスピリチュアルなことに知識がなく、自分にそういった素質があるという実感もなかったのですが、それをきっかけで興味を持つようになりました」


スピリチュアルヒーラーとは、スピリチュアル(霊的)な力を使って相手を癒す力を持つ人のことだといいます。ラムネさん曰く、強い力を備えている人は身体の病気を癒すとも言われていますが、それほどの強い力を持つ人はまれなようで、大体は精神的に不安定な人を癒す力のことなのだそう。


世界でも数えるほどの人にしか備わっていないというスピリチュアルヒーラーの素質を見出されたラムネさん。その後、絵や造形を制作することで心の癒しを得る「アートヒーリング」の講座を受講したことがさらなる転機となります。


「講座を主宰する先生に、『アートヒーリング講座の助手になってほしい』とお願いされました。どうやら、私が美大を出ていることとともにヒーラーの素質を感じ取ってくれたようです。先生の助手をすることになり、先生が修学のために海外へ渡航することになったのをきっかけに、講師として講座を受け継ぎました」


ラムネさんが開講するアートヒーリング教室では、従来のアートヒーリングとは違う独自性があります。


「私の教室では、作品を作ることで心の癒しを得るにとどまらず、生徒本人に作品の説明をしてもらいます。作品の説明をしながら、本人が抱えている問題を引き出したり、その人自身も気づいたり。それを積み重ねていくことで、家庭や対人の問題が解決につながっていくのです。


また、その人が『こういうことをしたい』とか『夢を持っている』というようなことが絵や作品に反映されている場合、その夢を叶えるためにはどうしたらいいかを一緒に考えることにもつながっていきます」


絵を描くこと自体が癒しにつながり、さらに対話をすることで希望が繋がっていく。そんなラムネさんの講座は、いつも満員御礼で人気の講座です。

心の癒しを求める人々に向き合ううちに開花した能力

ラムネさんの持つ能力は、未来や宿命を視る力や、考えを読み取る力。その能力が開花したのは、アートヒーリングの講師として活動しているときだったと言います。


「(アートヒーリング教室で)悩みや問題を抱える生徒に向き合っているうちに、その人の未来や、生まれつき持っている宿命…何のために生まれてきたのか、というのが、だんだん視えるようになってきました。さらに、この先に起こること、たとえば教室に次に受講を始める人が視えるようになったのです。


この『視える』という感覚は、上手く説明ができないのですが、その人に向き合ったときにインスピレーションとして降りてくる、という感覚です」


能力が備わったという分かりやすいきっかけもなかったと話すラムネさん。「おそらく一生懸命、ひとりひとりの生徒さんに向き合っているうちにそういう能力が芽生えたのかなと思っています」。

未来や宿命を視る力で導く「スピリチュアル占い」

「その人の未来や宿命が視える」。人知を超えた能力を持つラムネさんが提供しているスピリチュアル占いは、基本的にオンライン通話で行います。顔を出す必要もないため、プライバシーも守られます。


「チケットの実施時間を有効に使うために、事前に次の5つのことを伺います。

まず、占ってほしいこと。たとえば仕事のこと、恋愛のこと、といった具合です。それから、年齢や性別、お住まいの地域と、同居されている家族についてを教えていただいています。

そして最後に、今一番楽しいことは何か?を聞いています。この質問は、その人の人柄のような部分が垣間見れる質問になっています。悩みの深刻さと言ったことも回答から感じとります」


事前の質問をもとに、実際の相談のときに相談者に向き合う準備を整えるというラムネさん。

実際に相談をした人は、ラムネさんの能力によって「未来を知る」という経験以上に、「来たる未来に向けてどうしていくのか」という一歩先の行動につながるアドバイスを得ることができます。


「ある方から『自分はどの職業についたらいいのか分からない』という相談がありました。私はその依頼者が会社を経営する未来が視えました。『あなたは社長になりますよ』と伝えると、その人自身は仕事をどうしようと迷っている時点なのに、『社長になる』という占いの結果にびっくりされました。

結果を踏まえお話をして、『こんなことをやりたい、興味を持っている』というような会話をしているうちに、『こんな会社にしたいね』と、最終的にビジョンが見えてきたんです


ただ占いをして、『未来はこうですよ』と告げるだけでなく、未来にどうアクセスしていくか、向かっていったらいいかを一緒に考えたりアドバイスをしています」

相談者に向き合い、明るい未来に向けたアドバイスも

これまでに多くの人の未来や宿命を視てきたラムネさん。当然ながら、すべての人に明るい未来が視えるわけではありません。


占い師によっては、オブラートに包んだり伝えなかったりする「悪い結果」。ラムネさんはそういった結果が出た場合でも、相談者と一緒に未来に向けて最善の道になるように寄り添います。


「中には、視えた結果に対して拒絶される人もいますが、良くない結果が出た場合でもそれを伝えるだけにはしません。その人がどうしたら心地よい未来になるのかを一緒に考えることを大事にしています」


視えた未来を伝えるだけではなく、その先どう生きていくか、悩みや迷いを解消するにはどうしたらいいかを考えてくれるラムネさんはまるでコーチかアドバイザーのように、相談者に向き合います。

実際にタイムチケットで相談した人からは、「心底、相談者の身になって適切なアドバイスをくださる方です」「アドバイスいただき、心がすーっと楽になりました」という感謝の声が聞こえてきます。

「悩む人の道しるべになるように」多くの人に能力を役立てたい

自身の能力を多くの人に役立てたいというラムネさん。タイムチケットでサービスを発信することで、より多くの人の未来を明るくしていきたいと言います。


「占いをして未来を視るにとどまらず、相談者の先の未来を明るくして、幸せになってほしいというのが願いです。

未来は決められているけれども、未来に向かっていく道筋を明るく生き生きと過ごしてほしい。そのお手伝いをしたいですね」


「この選択をしたらどんな未来が待っているのだろうか」。何かにつまずいたり、悩みを抱えたとき、そんなことを想像したことがある人は少なくないはず。悩みや迷いを持ったときは、ラムネさんに相談してみてはいかがでしょうか。未来に向かうための道筋が見つかるかもしれません。

ラムネさんにスピリチュアル占いを依頼する

ラムネさんのプロフィール

関連する投稿


潜在意識を引き出す霊視×コーチングで鑑定します!占いの概念を覆すアドバイス

潜在意識を引き出す霊視×コーチングで鑑定します!占いの概念を覆すアドバイス

人の考えていることや将来の姿が見える霊視の能力とコーチングの知識を持つ藤原麗さんは、タイムチケットで霊視を使ったアドバイスを提供しています。人知を超えた不思議な力で人の潜在意識を引き出してくれるという藤原さん。その能力はどのようなものなのか、教えていただきました。


産土神社とは?「生まれたときから見守る神様」を鑑定する産土神社鑑定士

産土神社とは?「生まれたときから見守る神様」を鑑定する産土神社鑑定士

産土神社鑑定士の認定を持つ穴田琴理さんは、タイムチケットで「産土神社」や「鎮守神社」の鑑定を提供しています。神道思想から生まれたという産土(うぶすな)信仰とは。ひとりひとりが持つという産土神社は、どのように鑑定するのでしょうか。穴田さんに聞きました。


「共感覚」とは?人の内に秘めた性質を感じ取る天性の感覚で悩みを解決

「共感覚」とは?人の内に秘めた性質を感じ取る天性の感覚で悩みを解決

タイムチケットでカウンセリングやコーチングを提供するかえたるさんは、「共感覚」という特殊な感覚を活用して人の性質を読み取り、恋愛をはじめ人間関係などの相談に応じています。人によってさまざまな感覚があるという共感覚。かえたるさんはどのようにしてその感覚を活用しているのでしょうか。


「固定観念に縛られないで」人間関係や恋愛の相談に応じる元銀座ホステス

「固定観念に縛られないで」人間関係や恋愛の相談に応じる元銀座ホステス

タイムチケットで悩み相談に応じるチケットを提供しているRisaさんは、元「銀座ホステス」。現役時代には7桁の売上を立てるなど、ずば抜けた人気と接客スキルを持つRisaさんは、自らの経験を活かしてコミュニケーションに悩む人の相談に応じています。


「幸せの羅針盤になりたい」無意識の感情を引き出すカードリーディング

「幸せの羅針盤になりたい」無意識の感情を引き出すカードリーディング

タロットカードやオラクルカードで相性や未来の指標を占い、多くの人の悩みを受け止めてきた月影玲さん。「何よりも大切なのは相談者の気持ち」。占いによって先に待ち受ける道を自分で選んでほしいという月影さんは、相談者にとって最適な未来になることを願っています。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。