家に居ながらお店気分!元キャバ嬢がオンラインで接客する「スマキャバ」とは

家に居ながらお店気分!元キャバ嬢がオンラインで接客する「スマキャバ」とは

元キャバ嬢のエミももさんは歌舞伎町のキャバクラでNo.1接客スキルを生かし、オンラインでキャバクラ気分を味わえる「スマキャバ」のサービスをタイムチケットで発信しています。「仕事を労働と思っていない」「何をしていても楽しい」。逆境にめげることのない明るいマインドを持つエミももさんに、お話を伺いました。


医療職&No.1キャバ嬢★エミもも さん

https://www.timeticket.jp/hosts/emimomo119/?utm_source=ttl&utm_medium=254&utm_campaign=experiences_19

女性も男性も大歓迎^^ 『医療者』でありながら、『歌舞伎町No.1キャバ嬢』という異色の経歴で、あなたのお悩みをスーッと和らげます^^♪ 歌舞伎町No.1のお墨付きなので、 楽しいこと間違いなし\(//∇//)\

「人と話すのが好き」歌舞伎町で活躍した元No.1キャバ嬢

タイムチケットでオンラインキャバクラ「スマキャバ」のサービスを提供している「エミもも」さん。東海地方と東京・歌舞伎町でキャバクラのキャスト(キャバ嬢)として勤め、お店ナンバーワンの人気を獲得していた経歴の持ち主です。


「現在は営業職をしていますが、以前は病院で検体検査などを担う『臨床検査技師』をしながら、キャバ嬢としても活動していました。キャバ嬢の経歴は通算して3年ほどになります」(エミももさん)。


医療者とキャバ嬢という異色の経歴を持つエミももさん。キャバ嬢の仕事は「趣味の延長のようなものだった」と振り返ります。


人と話すのが好きなんですね。キャバクラに勤めていたときも、自分の長所を生かして対価をいただけていましたし、大変に感じたことはありませんでした」

新型コロナウイルス感染症の影響で休業に

日々ダブルワークをこなしていたエミももさんですが、新型コロナウイルス感染症が流行し始めた2020年2月、大きな転機を迎えることになります。


「接客を伴う飲食店に対して休業要請が発令されて、勤めていたお店も休業になりました。また、臨床検査技師として勤めていた病院も休院することに。新型コロナウイルスの蔓延で大きな影響を受けました。

タイムチケットでオンラインの接客サービス「スマキャバ」を発信し始めたのはその頃です」


人との接触を出来るだけ減らす必要があるコロナ禍では、キャバクラなどのお酒を飲み交わすお店に対して休業要請が出ることも。そんななかで発信されたエミももさんの「スマキャバ」のサービスですが、サービスの構想は4年ほど前の2018年にはすでにあったのだそう。


「4年ほど前、すでにオンライン上でキャバクラのサービスを展開することを思いつき、ニュースサイトのNewsPicksが主催するビジネスアイデアコンテストに『オンラインキャバクラ』を持ち込みました。

最終審査まで残ったものの優勝には至りませんでしたが、スマキャバはその時のビジネスモデルをもっとソフトにしたものなんです」

ビデオ通話で提供するスマホでキャバクラ気分

長年温めてきた構想を、ソフトな形で実現したというエミももさんの「スマキャバ」のサービスは、LINEやZoomなどのオンラインビデオ通話機能を使い、画面越しに接客を行います。


エミももさんのチケットは「キャバクラ気分が味わえる」というもの。キャバクラというと、高級なお酒を注文したり、キャストとお客様との距離感が近いイメージがあります。


直接的な距離が離れているオンラインの環境で「キャバクラ気分」を提供するためには、工夫を凝らす必要がありました。


「ビデオ通話の画面から伝える雰囲気でもキャバクラ気分を感じてもらえるように、キャバ嬢らしくドレスアップして応対をしています。衣装の希望があれば、オプションで対応もしています。

そのほかにもライティングや、飲み物のグラスを生活感を感じさせないワイングラスを使うなど、まるでキャバクラに来ているかのように演出するように心掛けています」

No.1の貫禄を感じる心づかいの接客

キャバクラ気分を演出するのは画面上のみならず、その接客応対にも表れます。


「普段からキャバクラに足を運んでいる人もスマキャバを利用していただけていますが、世間的なキャバクラの派手なイメージの接客を求めている人ではなく、話を聞いてほしい、会話をしたいという方が多い印象ですね。


スマキャバはビデオ通話ですので、キャバクラのお店で接客するよりもはるかに長い時間お互いの顔を見合っている状況になります。必然的に、会話をたくさんします。


それ以外にもゲストの方に満足してもらえるようにと工夫をしていることは、利用してくださったお客様にお手紙を書いたり、モーニングコールをしたり、メッセージを送ったり、そんなプライスレスなことです。


従来の対面型のキャバクラでも同じようにお手紙を綴ったりすることはありますが、スマキャバでも同様の対応をしています」


細かな気遣いをすることで、オンラインという直接的には離れた環境でも心の距離感を感じさせない時間を提供しているエミももさん。実際に利用したゲストからは「話すのが好きな方も、少し臆病になってしまう方も、楽しめると思います」「大変楽しく時間を過ごすことができました」など、明るい感想が届いています。

「どんな時も楽しむこと」。逆境に負けないマインド

現在は営業職として会社に勤めるエミももさん。ゆくゆくは自分で起業をしたいと考えています。


「現在は、ビジネススキルを身に付けたり人脈を広げながらキャリアアップできる会社に勤めています。ここでの経験を糧にして、いずれは自分の会社を経営したいと思っています」


そう明るい声ではつらつと話すエミももさん。好きな言葉を伺うと、「Enjoy every moment.」だと教えてくれました。


「私は、『楽しくない』と思うことがあまりないんです。仕事に対してもそうで労働を苦に思うことはなく、私の労働が対価として価値になっていることを感じられると嬉しく思います」


長引くコロナ禍で、人と話す機会が少なくなった人も多いのではないでしょうか。普段から夜のお店を利用する人もそうではない人も、一度エミももさんの接客を体験してみませんか。医療者でありキャバ嬢という異色の経歴を持つエミももさんが、オンラインの距離感を感じさせないプロの接客を提供してくれるでしょう。

エミももさんにスマキャバのサービスを依頼する

エミももさんのプロフィール

関連する投稿


オンライン飲みでおうち時間を楽しもう!飲み相手になってくれるチケットまとめ

オンライン飲みでおうち時間を楽しもう!飲み相手になってくれるチケットまとめ

人と気軽に会ったり、お店で飲食することが難しい昨今、インターネットを繋いだオンライン環境で飲んだりしゃべったりできるサービスに注目が集まっています。ここではオンラインでお酒を飲み交わすことの魅力やオンライン飲みがもっと楽しくなるおすすめの方法、オンラインで他愛のないおしゃべりやお酒の相手をしてくれるチケットを紹介します。


アナウンサーやプロサッカー選手が「オンライン雑談」の相手に!

アナウンサーやプロサッカー選手が「オンライン雑談」の相手に!

新型コロナウイルスの影響で人と直接会う機会が減ってしまった人も少なくないでしょう。スキルをシェアできる「タイムチケット」では、現役アナウンサーや恋愛相談のプロフェッショナルが他愛のない雑談から本格的な相談まで、さまざまなチケットを販売しています。タイムチケットで2020年2月~5月に公開された新着チケットの中から、心の相談や恋愛相談、雑談の相手になってくれるサービス精神旺盛な人々を紹介します。


タイムチケットの人気カテゴリー 1位は「フリートーク」雑談したい人が多い!

タイムチケットの人気カテゴリー 1位は「フリートーク」雑談したい人が多い!

「タイムチケット」は、個人の時間やスキルをチケットにして売り買いできるサービス。転職や副業、Web制作といったビジネスに役立つ相談から、習い事、恋愛、フリートークなど空き時間を充実させるサービスまで、幅広いチケットがそろっています。そんな多様なタイムチケットのサービスのうち、ユーザーに人気があるのはどんなカテゴリーなのでしょうか。データから傾向を読み解きます。


バイク旅が好きすぎて「ツーリングの聖地」北海道に移住したライダー

バイク旅が好きすぎて「ツーリングの聖地」北海道に移住したライダー

真っ青な空の下に広がる大平原の一本道。エンジン音とともに、風を切って走る心地よさ。自然豊かな土地でのバイク旅は、一度経験するとやみつきになる爽快感があります。そんなバイクツーリングの魅力を伝えるフリーライター「さすライダー」さん(37)。これまでに、愛車とともに日本を2周、オーストラリアを1周。ついにはツーリングの聖地・北海道に移住してしまいました。生活の中心が「バイク」のさすライダーさんに、バイク旅の魅力を聞きました。


気持ちのモヤモヤ解消!人間関係や恋愛の悩み、話してスッキリしませんか?

気持ちのモヤモヤ解消!人間関係や恋愛の悩み、話してスッキリしませんか?

人間関係や恋愛の悩み、言葉にできないモヤモヤした思いなど、誰かに話してスッキリしたいと思いませんか? 東京を拠点にカウンセラーとして活動するKeiさんは、誰でも気軽に自分の気持ちを話せる場を提供しています。カウンセリングの方法を学んで身につけた「聞くスキル」で、相談者の悩みを解消する手助けをしています。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。