スキルや趣味を生かして「副業」を始めよう!副業のためのオススメの方法

スキルや趣味を生かして「副業」を始めよう!副業のためのオススメの方法

働き方改革の流れの中、大手企業の副業解禁が進んでいます。残業時間も短くなり、時間に余裕ができた結果、「なにか副業を始めてみたい」と考えている人も多いでしょう。でも、副業をどうやって始めたらいいのかわからない。そんな方に向けて、本業のスキルや趣味を生かして副業をしている「先輩」の人たちをご紹介します。さまざまな副業の形を知って、何ができそうか参考にしてみてください。


本業で身につけたスキルを生かして副業を始める

タイムチケット 副業

副業というと「本業の仕事とは全く別のことでお金を稼ぐ」というイメージを持つ方も多いかもしれません。しかし、副業はそうしたことばかりとは限りません。本業で身につけたスキルを活用した副業を始める人も増えています。

副業は本業のスキルアップにもつながる

たとえば、日頃からパソコンに精通している仕事をしている人なら、パソコンやソフトの使い方やセットアップの方法を教えるのは簡単です。会社の人事や採用に携わる人なら、選考書類作成や面接のコツなどの知識が備わっています。


そうした日常業務として行っていることでも、外部の人からすると、経験によって獲得した特別なスキルが生かされていることが多いものです。


本業のスキルを「本業以外の場」で生かすことで、だれかの役に立つ。それによって、本業では得られない経験や人とのつながりを得るなどの相乗効果が期待できます。


副業を通して得たことが本業のスキルアップにつながったり、新たなキャリアを生み出すこともあります。

● 本業のスキルを副業として生かしている人たち

個人の時間を売り買いできるサービス「タイムチケット」には、本業のスキルを生かして「副業」をしている人たちが多数登録しています。

人事採用を担当しキャリアコンサルタント資格を保有している台湾出身のShionさん。外資系企業に勤める傍らで、面接のコツをレクチャーしたり英文レジュメの書き方を教えています。

外資系企業のプロダクトマネージャーを務める坂田一倫さんは、WebのUXデザイナーとして多方面で活躍。タイムチケットを活用してサイト制作のUI/UXについてマンツーマンで相談に乗っています。

4度の転職を経て上場企業のプロジェクトマネージャーになり、その後はITベンチャーや独立起業などを経験。現在は転職エージェントのコンサルタントとして活躍している岡田亜希子さん。退勤後や週末を利用して、キャリアに関する相談を受けています。

趣味や生活の中で身に付けたスキルを活用して副業を始める

タイムチケット 副業

趣味として親しんでいることや、生活の中で取り組んでいることを副業として活用する方法もあります。普段の仕事とは違い、自分の好きなことが副業として人に必要とされるのは嬉しいことですね。

副業にできることは生活の中にもある

副業として生かせる趣味はさまざまあります。イラストを描いている人は、イラストを販売するほかに、イラストを描くためのツール(illustratorなど)の使い方を教えることができます。カメラを趣味にしている人ならば、写真を撮影したりカメラの使い方をレクチャーすることができます。


カメラやイラストなどの特別な技能が必要な趣味でなくとも、生活の中で身につけたスキルが生かせる副業もあります。家事が得意という人なら片付けや整理整頓を教えるなど、副業として生かせることは生活の中のあちこちにあるのです。

● 趣味や得意なことを生かした副業をしている人たち

新聞社でウェブデザインの仕事に携わりながら、フォトグラファーとしても活動しているナリタタイガさん。朝の通勤時間を利用して写真撮影を行っています。

ウェブ系の仕事をしながらカメラやベンチャー経営に携わっているパラレルワーカーのみなこさん。イラストレーターやフォトショップの使い方をレクチャーしています。

普段はOLをしているゆうちゃんさんは、英会話講師として長年勤めた経験を生かし、副業で英語の先生やブログの運営をしています。

副業に生かせるスキルがない…まずは自分の強みを知ろう

タイムチケット 副業

専門職や明確な仕事のスキルがある人のように副業を始めやすい人がいる一方で、「自分には副業にできるような特別なことはない」と感じている人も多いはず。しかしそういう人でも、自分が気づいていない強みがあるかもしれません。


「タイムチケット」には、自己開示を手助けしてくれるコーチや、副業に限らずキャリアの相談に乗ってくれるキャリアカウンセラーも登録しています。


第三者の視点から自分を知ることで、思いがけない特技やスキルが見つかるかもしれません。

● 自分の強みやスキルについて相談するならこちら

スキルシェアサービスを活用して副業を始めよう

タイムチケット 副業

副業を始める場所としてオススメなのが、「タイムチケット」のようなスキルシェアサービスを活用すること。インターネット上で個人がスキルを売り買いできるプラットフォームとして、注目を集めています。


スキルシェアサービスには、イラストやデザインなどのクリエイター向けのサービスや家事代行サービスなど、目的に応じたサービスがあります。


「タイムチケット」の特徴は、30分単位の「時間」をチケットとして販売して、自分のスキルを他の人のために役立てることができること。起業の相談やプロフィール写真の撮影、恋愛の相談まで幅広く活用されています。


自分のスキルを生かして「副業」を始めてみませんか?


✓タイムチケットを始める

副業に興味がある人はこちらもおすすめ!

●今の仕事やキャリアのことを相談したい…

 →「就職/転職/キャリア」

関連するキーワード


活用術 副業

関連する投稿


キャリアと理想の仕事の両方が叶う副業という選択「やりたいことを諦めない」

キャリアと理想の仕事の両方が叶う副業という選択「やりたいことを諦めない」

貿易会社で働きながら副業としてタイムチケットを活用しているnana.さんは、現役の人事担当として就職・転職の相談に応じたり、輸入販売のノウハウを伝えたりと、持てるスキルをフルに生かしています。やりがいを持って仕事をしながら「副業」にも力を注ぐnana.さん。どんな思いを持ってサービスを提供しているのでしょうか。話を聞きました。


副業の確定申告はいくらから必要?税理士がわかりやすく解説

副業の確定申告はいくらから必要?税理士がわかりやすく解説

働き方改革や昨今のコロナ禍の影響で、本業とは別に副業やギグワークで収入を得ている人も少なくありません。たとえ副業やギグワークでも、収入の金額によっては税務署への確定申告が必要です。では、いくら稼ぐと確定申告が必要になるのでしょうか。確定申告をするときに準備しておくこととは?副業で確定申告する際の方法について、税理士のまーこ☆さんがわかりやすく解説します。


「副業」と「複業」はどう違う? 複業のメリットや始め方を「IT複業推進家」が解説

「副業」と「複業」はどう違う? 複業のメリットや始め方を「IT複業推進家」が解説

「副収入を得たい」「スキルアップしたい」といった理由から、副業をする人が増えています。近年では「副業」という従来からある言葉のほかに、「複業」「パラレルワーク」「ギグワーク」など、さまざまな新しい言葉が登場していますが、どう違うのでしょうか。また、こういった新しい働き方を始めるにはどうしたらいいのでしょうか。社会保険労務士で「IT複業推進家」でもある泉隆一さんに話を聞きました。


「笑いで世直し!」異色のリクルート出身社長が語る「副業のススメ」

「笑いで世直し!」異色のリクルート出身社長が語る「副業のススメ」

「副業をすることは、お金を得る以上のメリットがある」。そう語るのは、大企業に勤務しながら副業で社長になったという異色の経歴を持つ「みなこ」(相川美菜子)さんです。政治やSDGsなどの社会的なテーマを「お笑い」で分かりやすく伝える「笑下村塾」を経営するみなこさん。副業をすることで得られることとは? みなこさんにお話を聴きました。


自分の得意なことを「副業」に! タイムチケットのエキスパートが明かす秘訣とは?

自分の得意なことを「副業」に! タイムチケットのエキスパートが明かす秘訣とは?

「自分のやりたいこと、好きなことを副業にしたい」。そんなふうに思ったことはありませんか? 個人の時間やスキルを売り買いできる「タイムチケット」には、自分の得意なことを「副業」にして新たなやりがいを見つけた人がたくさんあつまっています。そこで1年半にわたりコミュニティマネージャーを務めた大底春菜さんに、タイムチケットを始めるコツを聞きました。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。