「起業や新規事業の相談に乗ります!」スタートアップのメンターとして活躍する起業の専門家

「起業や新規事業の相談に乗ります!」スタートアップのメンターとして活躍する起業の専門家

起業セミナーに足を運んでみたり、起業の仕方を解説した本を読んでみたりしたけれど、起業の一歩が踏み出せない。そんな方は、起業の専門家に直接相談してみてはいかがでしょうか? 数多くの起業促進プログラムでメンターを務める池森裕毅さんは、起業や新規事業の相談にマンツーマンで応えています。


池森 裕毅さんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/yuki?utm_source=ttl&utm_medium=59&utm_campaign=experiences_1

起業家。株式会社tsamの代表。過去にIT企業を二社立ち上げ両社とも売却した実績があり、スタートアップへのコンサルティング事業を行う。 複数のアクセラレーションプログラムでメンターを務めている。

起業家を対象にした「オンラインサロン」を運営

「起業家として、一番重要なのはビジネスの本質(核)を見極めること」。そう語るのは、自ら創業した会社の売却を成功させ、いまは別の会社を経営しながら起業や新規事業の相談に応じている池森裕毅さんです。


池森さんは、現在経営する会社を含めて3社の起業を経験した「連続起業家」です。そのうち2社(RMTオークションとソーシャル婚活サービス)の売却を成功させた実績のもと、数多くの起業相談やスタートアップ経営に関わっています。さらに起業家や起業を志している人を対象にしたオンラインサロン「IT Startup Community」を運営し、活躍の場を広げています。


そんな池森さんですが、起業家としての行き詰まりを感じていた時期がありました。


「起業家生活を長くしていくことで、さまざまな知見を得、経験値も高まりました。しかし、それはデメリットにもなるのです。何かビジネスを思いついたとき、何をすべきで、何が必要なのか、どういう困難があり、どのぐらい頑張ったら乗り越えられるのか、そういうのが事前になんとなく分かってしまって、ちょっと面倒だな……という気持ちが出てしまいます」


「加齢と共に足が鈍くなって腰が重くなる、まさに心に年を取らせてしまったわけです。これは起業家としては致命的です。そのことに僕は悩んできました」

豊富な起業経験を「メンター」として生かす

そんな中、池森さんが始めたのは、個人の時間を売り買いできるサービス「タイムチケット」を活用して、個人の起業や事業計画の相談に応えることでした。


「僕が培ったビジネスセンスと知見は、メンターとして非常に有効なものだと考えたのです」


メンターとは、対話を通じて気づきを促したり、指針を示したりする助言者のこと。池森さんは起業に関するコンサルタント事業を展開する一方で、「青山スタートアップアクセラレーションセンター」など、複数のアクセラレーションプログラム※でメンターを務めています。


※大手企業や自治体が、スタートアップ企業に出資や支援を行い、事業共創を目指すプログラム。

妥協のない「辛口アドバイス」が信条

経営者としてメンターとして、活躍の場を広げる池森さんは「タイムチケット」でも起業やスタートアップの相談に応じています。


「相談者に実現の可能性が高い答えを与え続けるということを大切にしています」


妥協のないアドバイスは、必然的に「辛口」になってしまうという池森さん。あえて遠慮のない厳しい指摘をしているのだそう。


「おべっかを使って機嫌よく帰ってもらうのは簡単です。正しく指摘することで、機嫌を損ねられたとしても仕方がないと思っています」


さらに、池森さんはこう続けます。


「 大半の人が(辛口な指摘に)肩を落として帰っていきます。 そういった意味では、相談することで、自分の甘さに気づいたり、現実の厳しさを知ることにつながります」

相談者が気づけない「ビジネスの落とし穴」を指摘

池森さんに相談をした人からは、こんな声が寄せられています。


「 耳障りのいいことだけを言うのでは無く、自分一人では見つけられなかったビジネスの落とし穴を先に提示してくださり、事前に対策が打てる。 今後も池森さんに相談したいと思いました」


こんな指摘もありました。


「池森さんの凄まじいところは、1時間でありったけの考えうるすべてをぶつけてくださること。ご自身のビジネスノウハウや縦展開と横展開の軸がハッキリしているので、その人の特徴や状況を捉えた上で『こうしてみては?』がどんどん出てくるんですよね」

起業の悩みがある人は早い段階で相談を

起業について悩みを持つ人には「早い段階に相談にきてもらいたい」という池森さん。その意味を次のように語ります。


「軌道修正が必要な場合、遅くなればなるほどサンクコスト(埋没費用)がかさむので、方向転換が効きづらくなります。経済合理性から考える撤退って、結構難しいんですよね」


歯に衣着せぬ本音の指摘は相手を怒らせてしまうのでは…と不安になるところですが、それでも相談者があとを絶たない理由は、池森さんのアドバイスやメンタリングが的を射ているからこそといえるでしょう。

起業や新規事業を考えているなら、ぜひ一度、相談してみてはいかがでしょうか。

池森裕毅さんがタイムチケットで販売しているチケットはこちら

池森裕毅さんのプロフィールをチェック

関連する投稿


「痛みなくして成功なし」スタートアップ代表が語る「起業の仕方」

「痛みなくして成功なし」スタートアップ代表が語る「起業の仕方」

自分の好きなことを仕事にしたいと考えて、副業を始めたり起業を目指したりする人が増えています。自分で起業するのは容易ではありませんが「困難を乗り越えることができたら、見える景色がガラッと変わります」。そう話すのは、ホームページ作成サービス「ペライチ」の橋田一秀さんです。現役のスタートアップ経営者の橋田さんは、起業したばかりの人や会社を辞めて独立すべきかどうか悩んでいる人のために、起業の相談に応じています。


起業したい人必見!新規事業の相談ができるビジネスのプロを紹介します

起業したい人必見!新規事業の相談ができるビジネスのプロを紹介します

「起業をしたいけど何から始めればいいか分からない」「新規事業のアイデアがあるけどうまくいくか分からない」。そんな人は起業や新規事業について、豊富な経験を持つ専門家に相談してみてはいかがでしょうか。個人の時間を売り買いできる「タイムチケット」では起業家やコンサルタントといった専門家に気軽に相談することができます。2020年2月~5月に公開された新着チケットから、気軽にビジネスの相談ができる専門家を紹介します。


プログラミングの相談に乗ります! Web開発のプロが「初心者」にわかりやすく解説します

プログラミングの相談に乗ります! Web開発のプロが「初心者」にわかりやすく解説します

「プログラミングに関する相談ならば、なんでもOKです」。そう話すのは、Web開発の現場に10年以上携わる村山雅彦さん(40)。本業のかたわらプログラミング講師として活動する村山さんのもとには、「文系だけどプログラミングをやってみたい人」や「IT業界に転職したい人」などから相談が寄せられます。その人の疑問に親身になって寄り添い、プログラミングにまつわる「モヤモヤ」を解消しています。


SNSアイコンに「似顔絵」はいかが? 多様なタッチで描き上げる似顔絵師

SNSアイコンに「似顔絵」はいかが? 多様なタッチで描き上げる似顔絵師

SNSのアイコンにオリジナリティを出したいけど、自分の顔写真を使うのは恥ずかしい。それなら、似顔絵はいかがでしょうか。東京に住む「みなやん」さんは、「絵を描くことが好き」という趣味が高じて似顔絵師になりました。「かわいい感じ」や「スマートな感じ」「デフォルメした感じ」など、多様なタッチで似顔絵を描き分けるみなやんさん。「自分の似顔絵ができあがっていくワクワク感を感じてほしい」と話します。


Webマーケティングのプロが「Web集客の方法」をアドバイス! コツを伝授!

Webマーケティングのプロが「Web集客の方法」をアドバイス! コツを伝授!

会社を辞めて起業したり、新しいビジネスを始めたりするとき、「お客さんが来てくれるだろうか」という不安はつきものです。すでにビジネスを展開している人の中にも、「集客がうまくいかずに困っている」という悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。Webマーケティングの会社を経営する播磨佳奈さんは、個人事業主や企業経営者に「Web集客」のポイントをアドバイスして、その事業をサポートしています。


最新の投稿


あなたにオススメの古本おくります!本のプロが選んだ「2020年に読むべき5冊」とは?

あなたにオススメの古本おくります!本のプロが選んだ「2020年に読むべき5冊」とは?

出版不況と言われるようになって久しいですが、それでも毎年、7万点もの本が出版されています。しかもアマゾンなどのネット書店では過去に出版された本も簡単に買えますから、読書が好きな人たちは、膨大な本の中から「自分が読むべき1冊」を選ばなければいけません。それは案外むずかしいことで、「ときには誰かが代わりに選んでくれたらいいのに」と思っている人もいるかもしれません。そんな人にぴったりなサービスがあります。「本のプロ」が古今東西の本の中から「あなたにオススメの古本10冊」を選んで送ってくれるというコンシェルジュサービスです。


アナウンサーやプロサッカー選手が「オンライン雑談」の相手に!

アナウンサーやプロサッカー選手が「オンライン雑談」の相手に!

新型コロナウイルスの影響で人と直接会う機会が減ってしまった人も少なくないでしょう。スキルをシェアできる「タイムチケット」では、現役アナウンサーや恋愛相談のプロフェッショナルが他愛のない雑談から本格的な相談まで、さまざまなチケットを販売しています。タイムチケットで2020年2月~5月に公開された新着チケットの中から、心の相談や恋愛相談、雑談の相手になってくれるサービス精神旺盛な人々を紹介します。


「笑いで世直し!」異色のリクルート出身社長が語る「副業のススメ」

「笑いで世直し!」異色のリクルート出身社長が語る「副業のススメ」

「副業をすることは、お金を得る以上のメリットがある」。そう語るのは、大企業に勤務しながら副業で社長になったという異色の経歴を持つ「みなこ」(相川美菜子)さんです。政治やSDGsなどの社会的なテーマを「お笑い」で分かりやすく伝える「笑下村塾」を経営するみなこさん。副業をすることで得られることとは? みなこさんにお話を聴きました。


自分の得意なことを「副業」に! タイムチケットのエキスパートが明かす秘訣とは?

自分の得意なことを「副業」に! タイムチケットのエキスパートが明かす秘訣とは?

「自分のやりたいこと、好きなことを副業にしたい」。そんなふうに思ったことはありませんか? 個人の時間やスキルを売り買いできる「タイムチケット」には、自分の得意なことを「副業」にして新たなやりがいを見つけた人がたくさんあつまっています。そこで1年半にわたりコミュニティマネージャーを務めた大底春菜さんに、タイムチケットを始めるコツを聞きました。


「あなたの魅力が130%伝わるプロフィール写真撮影します」名古屋のプロカメラマンが笑顔を引き出す

「あなたの魅力が130%伝わるプロフィール写真撮影します」名古屋のプロカメラマンが笑顔を引き出す

名古屋でマッチングアプリのプロフィール写真を撮影するサービスを提供しているカメラマンがいます。モデル経験を生かして、ポージングの指導も行う写真撮影は利用者に好評で、「マッチング数が5倍になって、交際につながった」という声も寄せられています。