「プロフィール写真はその人のブランド」大阪のポートレート専門フォトグラファー

「プロフィール写真はその人のブランド」大阪のポートレート専門フォトグラファー

「プロフィール写真はその人のブランドになる」と語るのは、大阪でプロフィール写真の撮影を行うフォトグラファー横山大地さんです。撮影されるのが苦手な人、初めてプロカメラマンに撮影してもらう人でもリラックスできる巧みな会話力で、自然体の写真に仕上げます。


横山 大地さんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/vince?utm_source=ttl&utm_medium=66&utm_campaign=experiences_17

写真家・音楽とアートの会社を経営。大阪在住。東京生まれ。香川、ニュージーランド、フィリピン育ち。趣味が多すぎて時間が足りない。

祖父のフィルムカメラが「フォトグラファーの道」のきっかけ

横山大地さんは、大阪で「音楽とアート」に関するグッズを制作する会社を営んでいます。缶バッジやステッカー、CDジャケットなど、さまざまな製品を制作していますが、その過程では「写真の撮影」も大切な要素となっています。 横山さんは18歳のとき、祖父の形見のフィルムカメラを手にしたことがきっかけで、写真の世界にのめり込みました。 大学院で理工学を研究する「機械オタク」だった横山さんは、機械としてのカメラの魅力にも惹かれていきます。カメラの仕組みを学びながら、写真撮影のスキルを磨いていきました。 趣味が高じてフォトグラファーとなった横山さん。写真教室を主宰したり、アート展の審査員を務めたりして、幅広くカメラとアートに関する活動をしています。

「ブランド」になるプロフィール写真を撮影するフォトグラファー

タイムチケット 横山大地 写真撮影

横山さんは、会社を経営するかたわら、個人の時間やスキルを売り買いできるサービス「タイムチケット」で、プロフィール写真を撮影するサービスを提供しています。

セラピストやコンサルタントといった職種の人のためにビジネス用の写真を撮影したり、PairsやTinderなどのマッチングアプリ用にプロフィール写真を撮影したりすることが多いという横山さん。ポートレート専門のフォトグラファーとして、次のような思いを口にします。

「写真はその人の人柄を視覚的に認識できるツール。パーソナルブランディングにおける最も重要な要素です」

撮影は屋内と屋外の両方で行われます。屋内では、照明機材をふんだんに使って、昼夜・天候を問わずかっちりしたイメージの写真に。屋外では、写真映えしそうな壁や木々、太陽やネオンを活用して、シーンに応じた写真を撮影します。

「屋内・屋外のどちらが適しているかは、写真の用途によって提案させていただきますので、お気軽にご相談ください」

撮影されるのが苦手な人に好評「被写体との距離をなくす会話力」

タイムチケット 横山大地 写真撮影

横山さんは、ポートレート写真を専門に撮影する理由を「被写体と会話ができるから」だと話します。

「写真は被写体と写真家の間柄が如実にあらわれます。被写体とコミュニケーションをとりながら関係を構築していけるポートレート写真は、私にとってもっとも撮影しがいのあるものです」

写真を撮られるのが苦手な人や、プロの写真家に撮られるのが初めての人を撮影するのが得意という横山さん。依頼者との距離をなくすために、撮影前や撮影中の会話をとても大切にしています。

時にはビジネスや恋愛に関するアドバイスを求められることもあるそうですが、「さまざまな経験をしてきた自分にとって、依頼者との会話はそれを活かせる場」と楽しんでいる様子。

「人の見た目を撮るだけでなく、人柄や関係性まで撮るツールであるというところに、カメラのおもしろみがあります」

「SNSのプロフィール写真にしたら反応が格段に変化した」

タイムチケット 横山大地 写真撮影

被写体との関係性を大切にしてきた横山さん。これまで数々の写真を撮影してきた中で、あるできごとが印象に残っていると言います。

「性転換治療で声変わりしたソプラノ歌手の方を撮影したことがあります。その方は先天的に肢体が不自由で、車椅子生活をしていました」

音楽やアートに関する仕事をしていると、社会で「マイノリティ」といわれる人たちと知り合う機会が多いそうです。そうした人たちは「マジョリティとして生きている人々よりもはるかに強い力を発している」という横山さん。「その力を写真に撮影できたことは、写真家としての至福でした」。

そんな横山さんのもとには、次のような感謝の声が届いています。

SNSで使用しておりますが、周りからの反応が格段に変化しました。 撮影されることに慣れていない中で、的確にポーズなどのアドバイスをしていただき、苦痛なく撮られることができました! 」

横山さんは写真撮影を通して、依頼者に「ブランディング」も提供していると考えています。フリーランスや自営業で仕事をしている人は、自分をうまくブランディングすることが周りからの信頼を得ることにつながります。

これまで、写真を撮られることが苦手だった人や、SNSで顔出しすることが恥ずかしいと感じていた人は、横山さんにプロフィール写真を依頼してみてはいかがでしょう?

今回ご紹介したチケットはこちら!

横山さんのプロフィールと販売しているチケットをチェック!

関連する投稿


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。


「プロフィール写真で出会いを引き寄せる」恋活と婚活のスペシャリスト

「プロフィール写真で出会いを引き寄せる」恋活と婚活のスペシャリスト

「一瞬の笑顔を逃しません」。そう話す英介さんは、タイムチケットでマッチングアプリや婚活用のプロフィール写真撮影を提供しています。婚活事業会社を経営し、恋愛や結婚の相手を探す人たちを支援している英介さん。出会いを引き寄せるプロフィール写真のコツを教えてもらいました。


【マッチングアプリ】モテるプロフィール写真とは?男女別にポイント解説

【マッチングアプリ】モテるプロフィール写真とは?男女別にポイント解説

マッチングアプリに登録したら、必ず作成するプロフィール。マッチングを成功するためにも内容を充実させるのは大切ですが、そのなかでも第一印象を決めるプロフィール写真が最重要ポイントです。マッチングアプリに登録するプロフィール写真の基本的なポイントを男女別に解説。さらに、最適なプロフィール写真をアドバイスしてくれるタイムチケットのサービスを紹介します。


「写真撮影で笑顔の休日に」プロフィール写真撮影をする接客のプロ

「写真撮影で笑顔の休日に」プロフィール写真撮影をする接客のプロ

「得意や好きなことをのばしながら輝ける女性を増やしたい」。そう話すのは、IT企業に勤めながらタイムチケットで副業として写真を撮影しているJessicaさんです。過去には航空会社のグランドスタッフとしてVIPの対応をしていたJessicaさん。周囲をパッと明るく照らすようなまぶしい笑顔と持ち前のコミュニケーションスキルで、被写体となる依頼者の最高の一瞬を切り抜きます。


営業力を強化するには?営業コーチがわかりやすく解説

営業力を強化するには?営業コーチがわかりやすく解説

「営業の電話をしても話が続かない」「説明をする前に断られてしまう」「断られ続けて、自信がなくなってしまった」。そんな悩みを持つ営業職の人は少なくないでしょう。そもそも営業が上手くいかないのは、どうしてなのでしょうか。営業力を強化するには、どんな方法があるのでしょうか。営業コーチとして活動するYuko Naganoさんが解説します。


最新の投稿


「多くの人にドラムの楽しさを伝えたい」指導歴20年以上のベテランドラマーが指導します

「多くの人にドラムの楽しさを伝えたい」指導歴20年以上のベテランドラマーが指導します

タイムチケットでドラム演奏の指導を提供する白沢瑛梨さんは、ドラムを指導して20年以上というベテランドラマーです。小さな子供から年配者まで、初心者から熟練者までの指導を行なっている白沢さんが大切にしているのは「ドラムが好き」「ドラムが楽しい」という気持ち。どのような指導を行っているのか、教えていただきました。


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。