オンライン転職相談! 大手IT企業の人事担当者が「面接のコツ」を伝授

オンライン転職相談! 大手IT企業の人事担当者が「面接のコツ」を伝授

「いまの会社を辞めて、転職したい」「希望の会社に転職するには、どうしたら良いのか」。そんな悩みをもつ人のために、キャリアコンサルタントの資格を持つShionさんはオンラインで転職相談に応じています。現在、大手外資系企業で採用担当を務める「人事のプロ」が、志望企業の人事担当者に好印象を与えられる「面接のコツ」を伝授します。


Shionさんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/hosts/shion514?utm_source=ttl&utm_medium=74&utm_campaign=experiences_7

台湾出身で今年来日9年目。人事採用一筋7年。日本国家資格・キャリアコンサルタントを取得。日系・外資系の複数企業を経て、現在米国IT巨人GAFAの中の一社でアジアパシフィックの中途採用全般を担当。キャリアに関することは何でも気軽にご相談下さい。

人事畑一筋のキャリアコンサルタントが相談に応じる

タイムチケット Shion

Shionさんは、台湾出身で来日9年目。日系の人材紹介会社や欧州系の企業を経て、現在は米国系の大手IT企業で中途採用を担当しています。一貫して人事畑を歩み続けてきたプロフェッショナルで、1年間に250名以上の面接を担当したこともあります。 会社の人事担当として、さまざまな採用のケースを見てきました。しかし社員としての立場上、個々の求職者を直接サポートすることができず、もどかしい思いを抱えていました。 そんなとき、個人のスキルをシェアできるサービス「タイムチケット」を知り、これまでの人事担当としての経験が活かせるのではないかと考えました。「転職で悩む人たちの力になれれば」と思い、オンラインで転職相談を始めたのです。 現在は転職相談だけでなく、キャリアに関する相談全般に対応しています。

現役人事の視点から「面接のコツ」を伝授

タイムチケット Shion

「どんな採用選考でも通過できるように、依頼者と一緒に戦略を練っていきます」と力強く語るShionさん。 依頼者は、応募書類の書き方や面接での自己PRの方法、言葉に詰まったときの対処方法といった実践的な転職のテクニックを学ぶことができます。さらに、現役の人事担当者の視点から見た「率直かつリアルなフィードバック」を受けられます。 「こんなアピールの仕方は受けが良い」「面接に進んだら、この部分をもう少し足した方が良い」「給与交渉するときは、ここは避けた方がいい」 Shionさんは豊富な経験をもとに、志望企業の人事担当者に好印象を与えるにはどうしたいいかというポイントを伝授します。 「最も重要な点を一つ挙げるとすれば、『コミュニケーション能力』です。これは外資系企業でも日系企業でも必要な能力なのですが、『相手が知りたい情報をいかにわかりやすく伝えられるか』が重要です」 Shionさんはこう説明します。 「たとえば、エンジニアなどの専門職であれば、自分が今まで経験してきた専門的な内容を、いかにわかりやすく、専門外の人事担当者に伝えられるか? ということです」 Shionさんによると「コミュニケーションスキルの良し悪しによって、採否の6〜7割が決まるといっても過言ではない」とのこと。 「いくら経験やスキルがあっても、コミュニケーション能力がなければ、入社後に周囲と協力して業務を遂行することはできないですからね」

「自分らしさ」を失わないようにアドバイス

タイムチケット Shion

一方で、Shionさんは依頼者に「応募書類でも面接でも『自分らしさ』を失わないように」とアドバイスしています。 採用されたいあまり、自分を取り繕ってしまう応募者は多いでしょう。しかし、どんなに取り繕ったところで、人事側はすべてお見通しかもしれません。現役の人事担当のShionさんからは「企業側の選考過程の裏側でどんな意思決定がされているのか」といった助言も受けられます。 Shionさんは実際の相談の前に、依頼者からレジュメ(応募書類)を送ってもらい、ざっと目を通します。応募先の企業や職種によって、求められる志望動機等が変わってくるため、事前のチェックが必要なのだといいます。 利用者からは「応募職種の特性からどのような内容を盛り込むべきか、また、人事担当者がどこを見ているのかを教えてもらえて非常に助かりました」という感謝の言葉が寄せられています。 依頼者の状況に合ったソリューションについて「一緒に」考えることを重要視しているShionさん。依頼者側もしっかりと事前準備をしたうえで相談に臨むことで、より有益なアドバイスを受けられるでしょう。

「初めての外資系企業の一次面接、無事通過できました!」

外資系企業への転職と聞くと、少し敷居が高いイメージがあるかもしれません。初めてであればなおさら不安になるでしょう。実際、外資系企業に応募するためには、英文レジュメ(応募書類)の提出を求められるケースが多くあります。また、英語で面接が行われることもあるでしょう。 そんなときに頼りになるのが「大手外資系企業の現役人事」であるShionさんです。Shionさんに相談に乗ってもらった人からは次のような感謝の言葉が届いています。 「先日、初めて外資系企業の面接を受けることになったため、一次面接の対策をお願いし、無事に選考を通過できました。実際の質疑応答も、Shionさんから『事前に準備しておいたほうが良い』とご指摘をいただいた内容が多く、おかげで落ち着いて面接に臨むことができました 日系企業と外資系企業両方の人事経験を持つShionさん。今後の抱負は「今まで培ってきた人事の経験を活かし、求職者の『キャリア・サポーター』を目指すこと」だといいます。 「キャリアの相談なら、何でも気軽に聞いてください。すぐに答えが見つからなくても、一緒に考えることで、自分自身やキャリアについて、今までとは違う視点から見られるようになるはずです」(Shionさん)

タイムチケット Shion

Shionさんの面接の相談ができるチケットはこちら

Shionさんのプロフィールと販売しているチケットをさらにチェック

関連する投稿


営業力を強化するには?営業コーチがわかりやすく解説

営業力を強化するには?営業コーチがわかりやすく解説

「営業の電話をしても話が続かない」「説明をする前に断られてしまう」「断られ続けて、自信がなくなってしまった」。そんな悩みを持つ営業職の人は少なくないでしょう。そもそも営業が上手くいかないのは、どうしてなのでしょうか。営業力を強化するには、どんな方法があるのでしょうか。営業コーチとして活動するYuko Naganoさんが解説します。


起業したい人必見!新規事業の相談ができるビジネスのプロを紹介します

起業したい人必見!新規事業の相談ができるビジネスのプロを紹介します

「起業をしたいけど何から始めればいいか分からない」「新規事業のアイデアがあるけどうまくいくか分からない」。そんな人は起業や新規事業について、豊富な経験を持つ専門家に相談してみてはいかがでしょうか。個人の時間を売り買いできる「タイムチケット」では起業家やコンサルタントといった専門家に気軽に相談することができます。2020年2月~5月に公開された新着チケットから、気軽にビジネスの相談ができる専門家を紹介します。


10年前からリモートワークを実践するYouTuber社長「自立した人生を支えたい」

10年前からリモートワークを実践するYouTuber社長「自立した人生を支えたい」

仲間のフリーランスたちと新しい働き方を目指す会社「ココロザシ」を経営する守岡裕志(もーりー)さんは、10年前からいち早くリモートワークを取り入れ、メンバー全員がどこにいても働ける環境を実現してきました。自らの活動を通して「1人でも多くの人が自立した人生を送ることを支えていきたい」という守岡さんに、リモートワークのコツを聞きました。


世界初!?「ネコ専用アパート」を作った男性「ネコとヒトが幸せに暮らせるように」

世界初!?「ネコ専用アパート」を作った男性「ネコとヒトが幸せに暮らせるように」

「本当の意味でネコとヒトが快適に住める住宅を提供したい」。そう話すのは、「ネコ専用」賃貸住宅のコンサルティングをしている木津イチロウさんです。愛らしいしぐさや柔らかな身のこなしで、ペットとしての人気が高まっているネコ。そんなネコとヒトが共存するために最適な住環境づくりとは、いったいどんなものでしょうか?


【タイムチケット】オンラインでできる「面接対策」「キャリア相談」まとめ

【タイムチケット】オンラインでできる「面接対策」「キャリア相談」まとめ

就職や転職の活動をしている人にとって、避けて通れない応募書類の作成や面接の対策について、誰かに相談したいけれど、どこで相談したらいいかわからない……。そんな人は、オンラインのビデオ通話で専門家に相談してみてはいかがでしょうか? パソコンやスマホの通話ツールを利用することで、自宅から簡単に相談できます。現役の人事担当やキャリアカウンセラーなど、さまざまなスキルのプロが集まる「タイムチケット」で、オンラインで相談できる専門家をまとめてみました。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。