転職の「モヤモヤ」はキャリアコーチに相談して解消しよう!

転職の「モヤモヤ」はキャリアコーチに相談して解消しよう!

「自分のキャリアはこのままでいいのだろうか…」。そんなふうに考えたことはありませんか。いま勤めている会社を辞めて転職したいと思っているけれど、何から始めたらいいか分からない。そんな人は、経験豊かなキャリアコーチに相談してみてはいかがでしょうか? 対面での相談のほか、ZoomやSkypeを使ったオンライン相談にも応じています。


岡田 亜希子さんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/akiko.okada?utm_source=ttl&utm_medium=92&utm_campaign=experiences_45

元フリーターから4回の転職で一部上場企業のプロジェクトマネージャへ。IT企業勤務時代に採用担当を経験、 現在は独立し個人起業家向けのwebマーケティングを提供する傍ら、 フルコミッションで転職エージェントのコンサルタントとして活動している。

キャリアに悩む人の「道しるべ」

タイムチケット 岡田亜希子

「転職しようか迷っている人の『道しるべ』を示したい」 そう語るのは、ITエンジニアとして働きながら、キャリアコーチも務める岡田亜希子さんです。これまで100人以上の人生に向き合い、キャリアにまつわる相談に乗ってきました。 岡田さんのもとには「理想のキャリアを築きたいけれど、どう動けばいいのか分からない」「キャリアのことでなんとなくモヤモヤしている」と迷っている人からの相談が多く寄せられています。 そんな悩みを少しでも解消するために、岡田さんは相談者と一緒にその人の価値観や経験などを一つずつ「棚卸し」していきます。その結果、相談者は思いもよらなかった自分の本心を知ることができ、今までのキャリアがうまくいかなかった理由に気づけるといいます。 岡田さんは数年先のキャリアや人生設計を見据えて、「そのために今すべきことは何なのか」という「道しるべ」を示すことができればと考えています。

「理想の働き方」にたどり着くためのお手伝い

現在はキャリアコーチを務める岡田さんですが、実は、彼女自身も将来に不安を抱え、転職を繰り返している時期がありました。 正社員の立場だけでなく、専業主婦やパート、フリーランス、起業家…と、さまざまな立場を経験し、かなり遠回りをして、やっと理想の働き方にたどり着きました。 キャリアコーチとして経験を積んだ今では、「自分はなぜこんなに遠回りしたんだろう?」と感じているのだそう。 「私と同じような思いをしてほしくないので、『理想の働き方』に最短距離でたどり着けるように転職希望者をサポートしたい」。岡田さんはそう考えています。 「無駄な転職」を繰り返さないで済むように、岡田さんはまず相談者のキャリアプランを明確にすることから始めます。印象的なエピソードについて、次のように話してくれました。 「以前、自分の理想とは程遠い生活を送っている方からの相談がありました。今後のことで漠然と迷っていたのですが、一緒にキャリアの棚卸しをすることで、将来の『目標』を定めることができました。半年後に偶然その方と再会したとき、目標に向かって頑張っている姿がとても輝いて見えたのです」 岡田さんは「キャリアの好転は人生の好転につながる」と考えています。「相談者の人生を好転させるお手伝いができて、本当に嬉しかった」と当時を振り返ります。

ITエンジニアとのパラレルキャリアで活躍するキャリアコーチ

タイムチケット 岡田亜希子

岡田さんはITエンジニア歴18年のプロフェッショナル。一部上場企業でプロジェクトマネージャーを務めたこともあります。 IT企業勤務時代にはITエンジニア職と採用担当職を兼任し、応募者200名の中からわずか2名を採用するという業務を8年間経験してきました。その経験が評価されて、転職エージェントの業務を手伝うことになり、現在のキャリアコーチの仕事につながりました。 年間100名以上に面接やキャリアコーチをしてきた中で、「将来のキャリアプランが見えずに悩んでいる人がとても多い」という状況に気が付きました。そこで、自分自身が遠回りして苦労した経験をもとに、キャリアに悩みを抱えている人に対して多角的な視点から助言しています。 実際に岡田さんのアドバイスを受けた人からは、次のような声が届いています。 「今の仕事の好きな点や苦手な点など、自分一人では気付けなかったことにも気付くことができました。転職活動に躊躇していましたが、背中を軽く押されたような感じで、できることから始めてみようと思いました」 岡田さんの熱心なサポートの結果、今まで転職支援でかかわった人の短期離職は3年間で「ゼロ」という素晴らしい成果をあげています。

10年後「この道を選択して良かったな」と思えるキャリアを描こう

タイムチケット 岡田亜希子

「転職したいけれど、どうしたらいいか分からない」と悩んでいる人に対して、岡田さんは次のようにアドバイスします。 「今の仕事がうまくいっていないと感じる人は、自分では気が付かない思考のクセや好みを知ることが『後悔しないキャリア』を選ぶために必要不可欠だと思います」 10年後に「この道を選択して良かったな」と思えるキャリアを描くためには、今までのキャリアを振り返り、キャリアの棚卸しを行うことが重要だと岡田さんは強調します。 ただし、「理想のキャリア」は必ずしもポジティブなものでなくても良いと思う、と続けます。 「キャリアも働き方も十人十色。『キャリアの相談』というと、バリバリ働いている人や年収をガンガン上げていきたい人の相談をイメージするかもしれません。 でも、『ゆるく生きたい』『好きなことをして生きていきたい』『コスパ良く働きたい』などでもまったく構わないと思います。自分の理想のキャリアを築いていけるよう、今後の方向性を一緒に見出していきましょう」

岡田亜希子さんに転職やキャリアの相談をするならこちら

岡田亜希子さんのプロフィールをチェック

関連する投稿


転職活動に役立つ「自己分析」とは? ポイントをわかりやすく解説

転職活動に役立つ「自己分析」とは? ポイントをわかりやすく解説

「転職を考えているけれど、自分の強みがわからない」「自分に向いている仕事って何?」。そんな人には「自己分析」がおすすめです。これまでのキャリアを棚卸しして、転職活動をスムーズに進めましょう。転職などキャリアに関する悩みを抱える社会人に向けてキャリアデザインの支援を行っているTomo Ouchiさんが「自己分析」のポイントを解説します。


転職活動を成功に導く面接対策とは?やっておくべき3つの準備

転職活動を成功に導く面接対策とは?やっておくべき3つの準備

転職活動で避けて通れない企業の採用担当者との「面接」。履歴書や職務経歴書などの選考書類をしっかり作成するだけでなく、面接にも入念な準備が必要です。どんな事前準備が必要なのか? 面接の本番に必要な心構えとは? 現役の職業相談員であるYokoさんに解説してもらいました。


転職活動を成功させる職務経歴書とは?書き方のコツを解説

転職活動を成功させる職務経歴書とは?書き方のコツを解説

転職活動で必要となる履歴書や職務経歴書などの応募書類。いずれも重要ですが、特に職務経歴書をどのように書くかで自分をアピールできるかどうか、大きな差がつきます。採用担当者の目を引く職務経歴書の書き方とは? 書き方のコツを、現役の職業相談員であるYokoさんに解説してもらいました。


転職やキャリアの悩みは専門家に相談!キャリアコンサルタントの貴重なアドバイスを聞いてみよう

転職やキャリアの悩みは専門家に相談!キャリアコンサルタントの貴重なアドバイスを聞いてみよう

「私のキャリア、このままでいいのかな」「会社を辞めて、転職したほうがいいのかな」。そんな悩みを抱えたとき、身近な人に話すよりもキャリアの専門家に相談することで、的確なアドバイスがもらえるかもしれません。タイムチケットライフではこれまで、転職の相談に応じるキャリアコンサルタントやキャリアコーチなど、キャリアの専門家のインタビュー記事を掲載してきました。それらをまとめて紹介します。


「キャリアとは轍である」元リクルートの人事コンサルタントが「キャリアの棚卸し」をサポート

「キャリアとは轍である」元リクルートの人事コンサルタントが「キャリアの棚卸し」をサポート

「自分のキャリアを一歩引いて見直してみたい」「自分の強みを第三者に指摘してもらいたい」。そんな願望をもつ人のために「キャリアの棚卸し」のサポートをしている人事のプロがいます。元リクルートの人事担当者として1000人以上の面接に携わり、現在は人事コンサルタントとして経営者向けのコーチングを行っている浜岡範光さんです。「キャリアとは轍(わだち)である」。そう語る浜岡さんに、キャリアとどう向き合えばよいのかを聞きました。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。