バイク旅が好きすぎて「ツーリングの聖地」北海道に移住したライダー

バイク旅が好きすぎて「ツーリングの聖地」北海道に移住したライダー

真っ青な空の下に広がる大平原の一本道。エンジン音とともに、風を切って走る心地よさ。自然豊かな土地でのバイク旅は、一度経験するとやみつきになる爽快感があります。そんなバイクツーリングの魅力を伝えるフリーライター「さすライダー」さん(37)。これまでに、愛車とともに日本を2周、オーストラリアを1周。ついにはツーリングの聖地・北海道に移住してしまいました。生活の中心が「バイク」のさすライダーさんに、バイク旅の魅力を聞きました。


さすライダーさんのプロフィール

https://www.timeticket.jp/SasuRider?utm_source=ttl&utm_medium=99&utm_campaign=experiences_31

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの放浪系バイク乗り「さすライダー」です。バイクと旅の素晴らしさを伝えるために、ライダー・ライター・ブロガーとして活動しています。 全都道府県を最低2回以上訪れた経験がある、自称「走る日本のガイドブック」で、各地のおすすめスポットに精通しています。

愛車のバイクで日本全国をツーリングする、さすらいのライダー

タイムチケット フリートーク さすライダー

「実は、昔はバイクが大嫌いでした」

フリーライターとしてバイク旅の魅力を伝えている「さすライダー」さんは、そう思い出を語ります。

高校時代、遠方の学校に通うため親からバイク通学を提案されましたが、「体はむき出しだし、怖いイメージがあった。バイクは断固拒否しました(笑)」といいます。 それが今では、「バイクで走る日本のガイドブック」を自称するほどバイク旅に魅了されています。

さすライダーさんがバイクの免許を取ったのは22、23歳の頃。自動車の運転中にバイクに乗るライダーたちを見ていて、なんとなくバイクに惹かれるようになったといいます。 「インターネットでバイクの情報を調べているうちに、気がつけば教習所に申し込んでいました」

Webデザインの仕事をしていましたが、バイクでの日本1周に挑戦するために退職。自身のブログやWebメディアで、バイクに関する記事を寄稿するようになりました。 「自分で言うのもなんですが、昔はすごくカタブツで真面目な性格でした。バイクに乗ることでその殻を破れたように思います」 そんなさすライダーさんの現在の愛車は、BMWのR1200GSです排気量は約1200cc。旅を楽しむことをコンセプトにつくられた「アドベンチャーバイク」です。 「アドベンチャーバイクには排気量の大きなバイクが多いです。長距離を走れるようガソリンタンクが大きかったり、風よけのスクリーンがついていてライダーの疲労を軽減したり。トランクも標準装備されていて荷物が積めるなど、快適に旅をすることができます

ツーリングの聖地「北海道」へ移住!生活の中心に「バイク」がある

タイムチケット フリートーク さすライダー

1ヶ月に一度、1週間ほどツーリングに出かけるというさすライダーさん。これまで、バイクで日本1周を2回、オーストラリア1周を1回達成しています。 「1回目の日本1周は故郷である宮城県仙台市をスタートし、まず新潟県へ。日本海沿いを南下して鹿児島県へ入り、フェリーで沖縄県へ渡りました。九州を経由して本州に戻ると、今度は太平洋側から北海道まで北上。6ヶ月間に及ぶバイク旅でした。」 中でも、バイクの聖地といわれる北海道は、さすライダーさんにとって別格の地。 「日本でひたすらまっすぐの『道』を堪能できるのは、唯一北海道だけ。アウトドアも盛んなので、本州よりもキャンプ代が安く、キャンプしながらの旅がしやすいのも魅力です」 北海道は8周したというさすライダーさん。好きが高じてついに2019年、北海道への移住を実現させました。 もはやバイクが生活の中心といっても過言ではない日常。実は奥様との出会いも、バイク旅がきっかけでした。 「オーストラリアを1周しているとき、エアーズロックの手前にある田舎町でゲストハウスに宿泊しました。そこで出会って意気投合した日本人が現在の妻です」 帰国後、今度は2人で日本1周に挑戦。このバイク旅で絆が深まり、結婚に至りました。

土や潮のにおい…バイク旅は「ふだん感じられない感覚」を感じられる

タイムチケット フリートーク さすライダー

さすライダーさんにとって、バイク旅の魅力は『非日常』を感じられるところにあるといいます。 「車とは違い、バイクは体がむき出しになっています。暑さ・寒さといった気候や、田舎の土のにおい、海の潮のにおいなど、ふだん感じられない感覚を感じられるのです」 そんなさすライダーさんに、日本国内のおすすめスポットを聞きました。


北海道「オロロンライン」

「地平線まで続く直線道路は、ここだけでしか味わえません」


本州・長野県「ビーナスライン」

九州・熊本県「やまなみハイウェイ」「ミルクロード」「阿蘇パノラマライン」など阿蘇山周辺

「いずれも景色がよく、ほどよいカーブが続くので、気持ちのよいコーナリングが体験できます」


沖縄県「国道58号線」

「海沿いの道から眺められる沖縄の海がとてもきれいです。宮古島など離島もおすすめですが、現在は離島へのフェリーが廃止され、バイクと一緒に渡れなくなっています。離島を巡るには現地のレンタルバイクを利用するとよいでしょう」


一般の人にとって、おすすめスポットといえば「観光地」や「飲食店」ですが、「ライダーにとってのおすすめスポットは『道』です」とさすライダーさん。溢れんばかりのバイク愛が伝わってきました。

バイクをとおして人とつながる「バイクツーリングの楽しさを広めたい」

タイムチケット フリートーク さすライダー

今後は北海道を拠点に、「バイクツーリングの楽しさを広めたい」というさすライダーさん。

Webメディアやブログだけでなく、個人の時間やスキルを売り買いできるサービス「タイムチケット」でバイク旅の魅力を発信しています。

各地のおすすめスポットの紹介だけでなく、日本やオーストラリアをバイクで巡った経験から、旅の予算や計画などの相談に乗ることもあるそう。

「今、バイクに乗る人の平均年齢は52歳ほどと上がってきています。若い人でバイクの話がしたいと思っている人、新型コロナウイルスの影響でツーリングに行きたくてもいけない人、僕と一緒にバイクの話をしませんか?

さすライダーさんとバイク旅の話をするならこちら

さすライダーさんのプロフィールと販売しているチケットをさらにチェック!

関連する投稿


「共感覚」とは?人の内に秘めた性質を感じ取る天性の感覚で悩みを解決

「共感覚」とは?人の内に秘めた性質を感じ取る天性の感覚で悩みを解決

タイムチケットでカウンセリングやコーチングを提供するかえたるさんは、「共感覚」という特殊な感覚を活用して人の性質を読み取り、恋愛をはじめ人間関係などの相談に応じています。人によってさまざまな感覚があるという共感覚。かえたるさんはどのようにしてその感覚を活用しているのでしょうか。


家に居ながらお店気分!元キャバ嬢がオンラインで接客する「スマキャバ」とは

家に居ながらお店気分!元キャバ嬢がオンラインで接客する「スマキャバ」とは

元キャバ嬢のエミももさんは歌舞伎町のキャバクラでNo.1接客スキルを生かし、オンラインでキャバクラ気分を味わえる「スマキャバ」のサービスをタイムチケットで発信しています。「仕事を労働と思っていない」「何をしていても楽しい」。逆境にめげることのない明るいマインドを持つエミももさんに、お話を伺いました。


オンライン飲みでおうち時間を楽しもう!飲み相手になってくれるチケットまとめ

オンライン飲みでおうち時間を楽しもう!飲み相手になってくれるチケットまとめ

人と気軽に会ったり、お店で飲食することが難しい昨今、インターネットを繋いだオンライン環境で飲んだりしゃべったりできるサービスに注目が集まっています。ここではオンラインでお酒を飲み交わすことの魅力やオンライン飲みがもっと楽しくなるおすすめの方法、オンラインで他愛のないおしゃべりやお酒の相手をしてくれるチケットを紹介します。


アナウンサーやプロサッカー選手が「オンライン雑談」の相手に!

アナウンサーやプロサッカー選手が「オンライン雑談」の相手に!

新型コロナウイルスの影響で人と直接会う機会が減ってしまった人も少なくないでしょう。スキルをシェアできる「タイムチケット」では、現役アナウンサーや恋愛相談のプロフェッショナルが他愛のない雑談から本格的な相談まで、さまざまなチケットを販売しています。タイムチケットで2020年2月~5月に公開された新着チケットの中から、心の相談や恋愛相談、雑談の相手になってくれるサービス精神旺盛な人々を紹介します。


タイムチケットの人気カテゴリー 1位は「フリートーク」雑談したい人が多い!

タイムチケットの人気カテゴリー 1位は「フリートーク」雑談したい人が多い!

「タイムチケット」は、個人の時間やスキルをチケットにして売り買いできるサービス。転職や副業、Web制作といったビジネスに役立つ相談から、習い事、恋愛、フリートークなど空き時間を充実させるサービスまで、幅広いチケットがそろっています。そんな多様なタイムチケットのサービスのうち、ユーザーに人気があるのはどんなカテゴリーなのでしょうか。データから傾向を読み解きます。


最新の投稿


「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「カフェのような本格コーヒーを自宅で」バリスタが本場仕込みのコーヒー抽出理論を伝授

「コーヒーの楽しさを知ってほしい」。そう話すのは、タイムチケットでコーヒーの知識を伝授している「おまめ」さんです。バリスタとして多くの人にコーヒーを提供し、本場メルボルンでもその腕を磨いたというおまめさん。コーヒーコンシェルジュとしてどのような相談に応じているのでしょうか。


プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

プレゼン成功のカギは話し方にあり!伝わる話し方のポイント解説

「良いプレゼン」には、わかりやすいプレゼン資料と伝わる話し方で聞き手に届けることが重要です。しかし「一生懸命話したけれど、相手の印象はいまいちだった」「緊張してしまってうまく話せない」という人も少なくないでしょう。今回はプレゼンでの話し方のコツを伝えるとともに、プレゼンをはじめとした人前で発表するときのコツをレクチャーしているプロフェッショナルを紹介します。


「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

「伝わるプレゼン資料」を作るポイントは?プレゼン資料作成のエキスパートから教わろう

プレゼンをするときに欠かせないのは、伝わりやすい話し方と視覚的に理解しやすいスライド資料です。伝えたいことがうまく伝わる資料を作りたいものですが、「テキストばかりの無味乾燥な資料になってしまう」「デザインセンスがなくてパワポが苦手…」そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。今回は、伝えたいことが伝わるプレゼン資料の作り方のコツを解説するとともに、資料作成のアドバイスを提供しているエキスパートを紹介します。


「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

「迷わない土台を作る」USPコンサル×四柱推命・行動心理学の「プロファイリング」

タイムチケットで「プロファイリング」を提供しているプロファイラー忍足(おしたり)さんは、強みを引き出すUSPコンサルティングの技術と四柱推命、行動心理学の知識を用いて人の悩みに寄り添っています。医療者のマインドで「人を救う」ことに心を燃やす忍足さん。独自のコンサル手法とはいったいどんなものなのでしょうか。


「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「人を撮るのが好き」一眼レフで笑顔を引き出す現役ピアニストのカメラマン

「依頼者が喜んでくれる顔を見たい」。そう話すのは都内で写真撮影サービスを提供しているYukiさんです。一眼レフカメラを使って本格的な写真を撮影するYukiさんの持ち味は「フットワークの軽さ」と「柔軟性」。どんな撮影をしているのでしょうか。